えいとまん さん プロフィール

  •  
えいとまんさん: えいとまん日記
ハンドル名えいとまん さん
ブログタイトルえいとまん日記
ブログURLhttp://yume2eightman.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブログ初心者の爺が買ったばかりのデジカメ片手に右往左往
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/04/04 00:58

えいとまん さんのブログ記事

  • 藤倉先生からの電話
  • 2017年3月22日本日の朝 8時過ぎ頃 電話が 鳴りました。妻が 「藤倉先生から 電話です。」 と 言うのである。藤倉先生は 私の掛かり付けの 藤倉医院のドクターであります。一瞬 「誰か 危篤の親戚は 居たかな ?」 と思いましたが すぐに ブログ に関することだな と気が付きました。  先日 ブログの草稿を印刷したものを 先生に お届けし、 誤り等が あればと 訂正を お願いしていました。その時 私の [続きを読む]
  • 施餓鬼会に参加
  • 2017年3月20日 春分の日施餓鬼会の法要に参加する。母の1周忌以来の大和である。近くの 「泉の森公園」 も 休日とあって 以外の人出のようである。早咲きの桜が 咲いていた。難転地蔵尊 極楽寺 の風景天台宗のお寺なので かなり 金ぴか趣味だなと思います。この鐘楼の下に 戦時中の防空壕の入口がある。防空壕の規模は、厚木の航空隊の兵隊が作ったもので 民間のものでないので かなり 大きなものだそうである。小学 [続きを読む]
  • 北本サクラ公園の 開花状況 ②
  • 2017年3月19日 続き蒲武者 源範頼という名前は 北本市民ならば 皆さんご存知でしょう。然し 蒲武者 源範頼が どんな人であったか 御存知でない人も 多いと思われる。そんな方は 是非 「 蒲武者 源範頼 と ういろう売り 」 という 私の過去ブログをご参照ください。( 上記の青色部分を  して下さい。)石戸蒲桜は、 時宗 東光寺の境内に在る。踊念仏の一遍上人の時宗のお寺です。只 現在のお寺には  [続きを読む]
  • 藤倉医院の軌跡
  • 埼玉県北本市宮内1丁目に在る 藤倉医院を御存知でしょうか?国道17号線を 大宮方向から来ると 「北本駅入口」の交差点を過ぎた辺りの左側に 藤倉医院が あります。藤倉医院の待合室の奥には 変わったものが 置いてあります。下の写真の器械が 何であるのか 分かりますか?これは、病院開設者の藤倉一郎先生が 昭和40年代頃に 東京女子医大にて 心臓外科の榊原教授のスタッフとして 手術時に使用していられた機械なので [続きを読む]
  • 北本さくら公園の開花状況
  • 2017年3月19日 サクラの開花予想が 気になる時候です。昨日も マイ畑の農作業の中で 農業用水から 柄杓で 如雨露に 水を汲みあげて 一句。     畑に水      柄杓に絡む 藻         初 碧  農業用水の 藻に 春を感じて 今日は 桜の様子を窺いに北本 高尾さくら公園に でました。さくら公園の名の通りに 此処には 各所からの寄贈による桜が 見られます。年に 2回も花を咲かせる 二季桜の [続きを読む]
  • 吉見 百穴 を往く
  • 2017年3月5日 日曜日本日は 啓蟄 であるそうです。私も 自転車を 漕ぎだして みた。トロトロと 自転車を漕ぐ私を 屋根をオープンにした 2ドアのスポーツカーに 2回ほども 追い抜かれた。 成程 啓蟄だな 皆さんが 動き出しましたのを感じた。北本のサクラ公園に行ってみると 梅が盛りで 桜は 未だで ありました。勿論 梨の花は 未だですね。天気も良いし、 少しばかり 出掛けてみます。久し振りに 吉見百穴 [続きを読む]
  • 「この世界の片隅で」
  • 2017年3月2日 木曜日久し振りに 映画を見に出掛けてきた。映画は 「この世界の片隅で」 という題名の アニメである。見甲斐のある映画との評判を 聞いていた。今迄は それでも 何か 足が向きにくかったのである。題材が 戦争・呉・広島・原爆 だからのような気がする。本日は 「何故か その気になって」 映画館に きてしまった。朝の11時の開演であるが 平日なので 10人位の客入りである。映画が始まってみると  [続きを読む]
  • エルミこうのすの雛祭
  • 2017年3月2日 木曜日鴻巣に 映画を 観に出掛けた。鴻巣駅に降りて 「エルミこうのす」 ショッピングモールに直接 入ると 雛壇の ゴジラ版の 大きなピラミッドが 出迎えていて 驚きました。そう言えば 日本一の高さの雛壇をつくり 雛祭をするとか 云ってましたな。「人形の街」 と言えば 壱に 岩槻 弐に 鴻巣 なのかなこの雛人形のピラミッドの頂点に立っているのは 女雛に見えます。小池都知事とか サッチャ [続きを読む]
  • 横浜 崎陽軒 本店
  • 2017年2月25日 法事の帰り道に  横浜 崎陽軒 本店で 会席を行った。横浜駅の東口 横浜郵便局の隣のビルが 崎陽軒 本店です。1階が喫茶と売店で 地下が バイキング、 2階が イタリアン と 中華です。2階に上がり 中華の方へ 入ると 案内された処は 個室ではないが 区分けされた コーナーでした。上の画は そこの壁に掛かっていた画です。お品書きです。前菜三陸産の帆立入り フカヒレスープ本店オリジナル  [続きを読む]
  • 地元 勤労福祉センターでの 「日本酒を語る会」に参加
  • 2017年2月11日大分 時間が経ってしまったが、過日 2月11日に 北本市の勤労福祉センターにて  「日本酒を語る会」 が 行われ、私も 参加してきましたので 報告いたします。市民レポートにしようかと思いましたが どうも テーマとして相応しくないようなので こちらに致しました。参加者総数 34名と 企画担当の西元さんとしては 若干もの足りない感じの様子でした。内訳は 男性 28名 女性が 6名と 想定内ですが [続きを読む]
  • 春の準備
  • 2017年2月20日三寒四温 と言うには 少し早いのかな?温暖化の影響で 春の陽射しが 早くやって来ている。畑で 春の準備を 遣っています。2月28日に ジャガイモを植えつける予定です。苦土石灰やら 堆肥やらで 土つくりを完了。此処の畑で 残っているのは、大根だけです。雑草も 取りましたよ。昨年10月に植えた スナップえんどう豆ですが 初めて 「べた掛けシート」を 掛けてみた。今迄 越冬時にも ほったらかしで [続きを読む]
  • 北本の両大師 ダルマ市
  • 2017年2月3日 金曜日今日は、北本の両大師 真福寺の大師会の日ですので ダルマ市が 出てるということなので 行ってきました。朝の 8時から16時まで とのことですが 2月の平日ですから ゆっくり参ります。北本市観光協会の ?冬の風物詩 真福寺だるま市? 記載の通りに 北本駅駅前を 10時09分発のバスに乗りました。 3分程で 「真福寺入口」のバス停です。私の外に 3名の方が 降りました。 手に 古ダ [続きを読む]
  • 北本の厄避け両大師 真福寺のダルマ市
  • 2017年2月2日北本市にも ダルマ市が立つ事を 最近になって 知りました。過日 市内を 自転車散歩していて、立派なお寺だなと 思って参拝させて頂きました。天台宗のお寺で、山門や、仁王様や 本堂など 由緒、歴史あるお寺と見受けましたが、妙な感じを受けました。天台宗 医王山 真福寺  通称 厄落し石戸両大師です。「妙な感じ」は、何故なのかなと その理由を検証してみると「 駐車場の広さ 設置されたトイレの立 [続きを読む]
  • 北本ブラブラ散歩
  • 2017.年1月22日一昨日が、大寒であった。寒波も来ていたらしく、温暖化とは言え 寒かったです。それでも 陽射しが 届く処は 暖かく 自転車を漕いで廻っていると上着を一枚脱ぎたくなってきます。そうです。 毎度の自転車散歩です。まだ 正月の気分の残る 北本を 細かく 見て廻ります。今回は 一部に 説明文に 俳句らしきものを 添えてみました。2月3日の大師会には 達磨市が 立つそうです。1月3日の大師会には 及 [続きを読む]
  • 蒲武者 源 範頼 と 「ういろう」売り
  • 「ういろう」売りと 蒲武者先日、小田原に行った後で、気が付いたことがある。ヒョットして、北本に縁のある蒲武者 源範頼と 「ういろう」 の奇縁についてです。北本市民の方は、蒲武者 源範頼のことを全く知らない事はあり得ないでしょう。しかし、どうして 兄 頼朝に 範頼が 疑われるようになったのかを ご存じであろうか?大体にして 弟の義経 の知名度と較べて 源範頼は、存在自身を知られていないのであるから、知る由 [続きを読む]
  • 地元サイクリング
  • 2017年1月18日寒さは、厳しいが 天気は良いので 地元の 鴻巣辺りを 軽く サイクリング散歩する。見知った街であるので 細かく チェックを掛けてゆこう。国道17号の一本横の道や 旧中山道の一本横の道を ゆっくり 細かく 見て廻ることにしよう。矢張り 見逃していた神社・寺院が 在りました。風格もあり 植木の管理や 参道の清掃も 行き届いていて 近隣の方に 大事にされている神社のようです。トイレを 近所の [続きを読む]
  • 「ういろう」を買いに行く
  • 2017年1月16日これから、小田原へ向かう。昨日 北本市民リポターの記事を市の広報係に投稿した。溜まった借金を やっと 返したような気分である。小田原への用事は、透頂項「ういろう」を 買うことが目的である。小田原の外郎(ういろう)をご存じであろうか?「げろう 」ではない。 「ういろう」と読みます。名古屋の 「ういろう」を 思い浮かべた方は、惜しい。  残念至極である。千年近くも前の室町時代に つまり  [続きを読む]
  • 北海道へ行く
  • 2017年1月3日 義母の通夜、葬儀に 北海道は 滝川にゆく。斎場で 大勢の親族と共に 通夜をした。誰かが 常に お見守りをしているので、私は 横になることができた。と言っても 私には ( 歯ギシリ と 鼾 ) という特技があるので 安心して 寝付けない。それでも いつの間にか 寝てしまったらしい。 小声の話し声が聞こえてきた。「鼾と歯ぎしりが 煩くてねむれない。」 あ〜 又 やっちゃったかな。 御免な [続きを読む]
  • 天台宗 極楽寺 に行く
  • 2017年1月2日 大和の難転地蔵尊 天台宗 極楽寺 に行く。実は、昨年の晦日に 妻の母が 北海道で 亡くなった。3月に 私の母が 亡くなったのに 続いてしまった。正に 喪中の身なのである。気になって 住職に訊いてみたら 「喪中でも お寺は構いません。 ご本人の お気持ちの問題です。」と応えて頂いた。 若し 何か差し障りがあっても 難を転じて頂けるものと信じる。此処のお寺は 天台宗なので 新年の祈祷は  [続きを読む]
  • 元日 お参り ②
  • ( 前日に続く )11月19日の新宿ダッシュ村の ロケ地探訪の 「津の守 弁財天」 にて 書いたが 解脱会の本部は 新宿区荒木町にある。北本に 解脱会の宗教施設があるのは、創始者が 北本の出身者であるからなのです。北本駅近くには 色々な 解脱会関連施設がある。津の守弁財天の縁もあるので この際 解脱会の施設を 拝観してみようと思いました。仏教 神道 キリスト教 創価学会の宗教施設には 拝観したことがありま [続きを読む]
  • 元日 お参り
  • 2017年 1月 1日明けまして ーーー と言いたいところですが、 昨年中に 親族に不幸がありましたので 新年のご挨拶は 控えさせていただきます。さて 服喪期間中でありますが 私の勝手な解釈で 単に新年に 神仏にお参りさせていただく だけなら 良い ということにした。 ( しかし、私が 慶事の参加で、ないと主張しても    穢れの忌避をする 相手 《神仏》 からすると 問題ありなのかな?)例年どうりに  [続きを読む]
  • 北本 古家 猫
  • 2016年12月20日今日は 地元の 北本を 自転車散歩です。私が 以前から気になっていた建物が 在ります。ですが 他人の家の写真とかは 個人情報に 該当するのでしょうね。勝手に SNS等に 公開すると 大変なことになりそうです。余計なこと 迂闊なことは 言えません。だけど 良いものは、古くても 良いです。これは、確かですね。写真を見せられないのが 残念です。それで 写真の代わりに 文章で 説明してみまし [続きを読む]
  • おうちカフェ 麗々夢に行った
  • 2016年12月19日 (月 )天気が良いので 自転車で ぶらりと出掛けた。出掛け先の目安は、先日 北本市の図書館で見かけた 鴻巣市内の廃棄物処理場 建設の環境アセスメント情報が 公示されていたのが気になっていた。今日は その現地を 見てみることにする。現地は、運転免許センターの右奥辺り 鴻巣カントリークラブの手前である。周りは 田圃だらけである。県央みずほ斎場の手前 150m位 と 言ったら 分かるかな。 [続きを読む]
  • 小鹿野鉄砲祭に行く ②
  • ( 前日に 続く )寒さが 応えるが 此処には 逃れる場所はない。夜店屋台の飲食物で 暖をとるしかない。いよいよ 神馬が 厩舎を出て 「お立ち」神事の準備に出掛けるところである。神馬は 2頭である。午後2時過ぎ になり、火縄銃の保存会が 先ずは 火縄銃の演武に 出陣である。午後3時頃 いよいよ、「お立ち」神事の用意が 始まる。左側を 火縄銃保存会  右側を 猟友会(オレンジの揃いのジャンパー)   [続きを読む]