えいとまん さん プロフィール

  •  
えいとまんさん: えいとまん日記
ハンドル名えいとまん さん
ブログタイトルえいとまん日記
ブログURLhttp://yume2eightman.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブログ初心者の爺が買ったばかりのデジカメ片手に右往左往
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/04/04 00:58

えいとまん さんのブログ記事

  • シジュウカラ?
  • 2017年6月23日菖蒲の市民農園で 男爵イモの収穫後の畑を 次の作物のために 耕していると 目の前に 空から 鳥が 降りったのである。一昨日の雨で 土は まだ湿り気を含んでいる。耕すと 虫たちが 慌てて蠢きだす。この鳥は 其処を 狙っているのかな?静かに 腰の携帯カメラを 取り出す。ゆっくりと 驚かさないように そっと シャッターを押す。この鳥は 狙い通りに 獲物を 確保したようです。そう言えば 先日 [続きを読む]
  • 猿田彦の記憶
  • 2017年6月20日近所の買い物帰りに いつもの道以外を ブラブラとまわり道 したい気分となった。そんな時に 邂逅したのが この猿田彦大神である。顔は 風化の所為か 判然としない。石碑の横には、文化九年 申(サル)年と 刻まれているようだ。猿田彦には 何となく 親しみがある。一つには、 小学生の時の同級生の女子に 猿田さん という子がいた。「かなり 変わった苗字だな。」 と思っていた。又、 手塚治虫の  [続きを読む]
  • 古 中山道を往く (2) ②
  • 2017年6月18日 前回より 続き 古中山道を往く。氷川八幡神社を出て 熊谷方向へと 向かう。少し往くと 箕田追分に出た。追分というのは 「道が左右に分岐した場所を指す言葉」だそうです。時代劇ですと 「追分の大五郎」とかの三度笠が 出てきそうですね。ここの追分は 右に行くと 館林に向かう「館林行田道」であり、左に向かうと 熊谷を抜けて 京都に向かう 旧中山道です。この分岐点には 地蔵堂もありました。道 [続きを読む]
  • 古 中山道を往く (2) ①
  • 2017年6月18日前々回の 「中山道を往く」 の 続きです。「ちゃんと歩ける 中山道 六十九次」 という ネタ本によると北本の天神社の辺りから 古中山道は、現在の旧中山道とは異なっているようです。その古中山道を なぞる様な形で サイクリングしてみる。勿論 街道沿いの 注記された遺跡や 神社・仏閣を見て廻る積りです。この古中山道のルートは 最初の辺りの東間踏切までは其れとは知らずに 使っていた道である。 [続きを読む]
  • ジャガイモの収穫 
  • 2017年6月15日梅雨に入ったとのことであるが 本格の梅雨になる前にジャガイモを収穫しなければならない。ジャガイモは 収穫後に よく乾燥させないと 腐ってしまう。折角 作った作物を 腐らせては 情けない。本日は 家近くのマイ畑に作っている「インカのヒトミ」 と「トヨシロ」を 収穫しよう。手前と奥の方が トヨシロを 植えつけた。トヨシロは、1960年に 北海道農業試験場で生まれ。チップ等の加工用として作られ [続きを読む]
  • 中山道を往く
  • 2017年6月11日 (日曜日)「ちゃんと歩ける 中山道 六十九次」 という本を参考に改めて 中山道 桶川宿から 北本宿 をサイクリングというか 散歩というか 見直しをしてみた。此の本陣の中を 見たいと思いましたが 本日は 休みで 公開されていませんでした。諏訪雷電神社 此処は、名前を見ただけで 何とはなしに 来てみたくなった神社です。諏訪雷電神社の祭神は 別雷大神(わけいかずちのおおかみ)と 由緒書き [続きを読む]
  • 緑内障
  • 2017年6月7日新宿の眼科で  又 私に新しい種類の病気の名前が 付与された。その名は 「緑内障 」である。家族の説明用にと ファイルまで 貰った。要点は 自覚症状が無い病気なので 患者さんは 軽く考えているが ① 失明に至る可能性のある病気であり、② 今の医学では 治療で 回復は望めない。 治せない。③ しかし 進行を 止めることは 出来る。    毎日 点眼薬を 継続することが 大事である。という [続きを読む]
  • 横濱 散歩
  • 2017年5月31日 水曜日以前の勤務していた会社の同僚U君と 横濱散歩をしてみることとなった。横濱開港記念祭りの日にしようかとも 思ったが、日程が合わず、平日の今日となった。11時半 京浜東北線 関内駅 待ち合わせU君の奥方の言いつけで 指定銘柄の「ちまき」を 最優先事項で 購入することなった。修学旅行の中学生かな? 平日なのに 若い子が やたらと多い。方向音痴の 元不動産屋が 二人 地図と タ [続きを読む]
  • 我が 農業スタイル
  • 我が 農業スタイル物事には 取り組むのに 人には その人なりの仕方がある。形から入るのも その一つと 古より 伝わるところです。家庭菜園に取り組む際 私の場合のスタイルについて特に 気を使ったわけではないが 実利を求めた処斯様な格好となった次第です。足下は 地下足袋で しっかりと 支えて その上は ズボンの裾を 脚絆で まとめて障りのないものとする。更に その上は 網の目状の袖無し羽織のような胴着 [続きを読む]
  • 埼玉県伊奈町 バラ祭
  • 2017年5月520日本日は 快晴なり。 埼玉県伊奈町の バラ祭に 初めて行く。どんなものかと とにかく行ってみることのした。近くの県民活動センターに車を停めて 歩いて 会場に近づくと バラの香りが ムワッと 襲ってきた。町の花を バラ としていて 12,000?の敷地に 300種類 4,800株の 数を誇っているだけあります。入園料 200円で 充分 2時間程を 楽しめます。様々な 色と 花弁の 種類で 花の名も 様々で [続きを読む]
  • お隣さんの田植
  • 2017年5月15日先日 お隣さんの田圃に 水が入れられ始めたと記載しました。本日は 田植の報告です。私が 神田祭に行っている間に お隣さんでは 田植え機で 田植を 終えたようです。けれども オバサンは 昔ながらの スタイルで 田植えの続けています。2017年5月16日本日も オバサンは 今日も 田圃で 田植えを続けています。私も 畑をしているときなどに オバサンと 話を交わしたことがあるので「 今日は。 田植 [続きを読む]
  • 神田祭
  • 2017年5月14日神田祭り に行く昨日 雨が結構降った。今日は、曇空であるが 今日一日 この天気が 続きそうである。私は 陰で 雨男という あらぬ噂を立てられているそうであるが 先ずは 上々の天気であろう。駅前の交差点で 「 憲法改正反対 九条を守れ。」 という団体の五〜六人が プラカードを持って 意思表示をしている。本日は、お祭りに行く日なので 素知らぬ顔で 通り過ぎた。10時14分 北本発  [続きを読む]
  • 田植の季節
  • 2017年5月11日本日の天気予報では 最高気温が 28度になるとか。昨日は 二日酔い気味で あったので 今日は 我が畑に 出掛けることにした。借地だが、 近い方の畑 50?(20坪) は 我が家から 歩いて 3分の近さであるので 我が畑 と呼んでいる。我が家があるマンションの 北東側には 梨畑があり 更に その先には 田圃があり 「我が畑」は その田圃を 左に曲がった処にある。その田圃に 今日から 水を 入れ [続きを読む]
  • 府中 大國魂神社 くらやみ祭 ②
  • 5月4日の 万灯大会の続きです。太鼓の饗宴が 始まります。直径が 2メートルもある木製の刳り抜き 太鼓としては 日本最大級だそうです。その音は、腹にずんと来る重低音で 六基が 揃って 打ち鳴らすと RC造のビルまで 揺れて来るかのようでした。どういう訳か 分かりませんが 太鼓の上には 人が 上がっています。提燈状のものをもって 太鼓の叩き手の タイミングを計っているかのようです。一番小さい太鼓の直径 [続きを読む]
  • 府中 大国魂神社の くらやみ祭 ①
  • 2017年5月4日東京都下の府中市にある 大國魂神社の くらやみ祭りに行く。午前10時半頃 北本駅で、電車を待っていると 携帯電話に以前の会社の同僚からの着信が あった。彼との 無沙汰のやり取りの後に 共通の知人からの飲み会の誘いであった旨の連絡を受けた。この誘いには、知人の病気回復のサインの意味がある。応諾の返事を返しながら 私の気分は 高揚した。さて 大國魂神社であるが 御祭神は 大国主命であ [続きを読む]
  • 赤羽馬鹿祭
  • 2017年4月30日東京都北区の赤羽に 馬鹿祭という 戦後以来の伝統ある祭が あったとのことで 見に行くことにした。赤羽駅を出ると 直ぐに 号外風に 新聞を配っているのに出くわした。朝日新聞・日刊スポーツの特集版である。要するに 朝日新聞系列で 支援しているという事であろうと思った。さして 期待していないが これからの祭りシーズンの体慣らしの 積りで来ているが 馬鹿祭りというのが イマイチ 分からない。 [続きを読む]
  • 菖蒲町の畑
  • 2017宇年4月29日車を運転しながら ラジオを聴いていると 天皇陛下の退位についてニュースを 報道していた。その後に 今日が ゴールデンウイークの 始まりの「昭和の日」であることを キャスターが話していた。昭和が 終わってから 29年を過ぎた。平成も 今年で 終るという事だと 改めて 思う。菖蒲の私の畑では 春の盛り 天の恵みを 感じます。東南の角からの風景です。左端が 男爵イモ その横に 見にくいです [続きを読む]
  • RAILWAYS を見る。
  • 2017年4月27日Fire Tv で RAILWAYS ( 49歳で電車の運転士になった男の物語 ) を見た。島根県の私鉄 一畑電車株式会社を 舞台にした映画である。東京に出て 一流企業に勤めていた 49歳の息子が 母親の病気に 会社を辞めて 一畑電車の運転士になるという 子供の時からの夢を実現させてしまう。以前 そういう映画があることは 知っていたが 最初は 何も知らずに 映画を見ていたのだが 中井貴一 演ずる主役が [続きを読む]
  • 苺に実が付いた。
  • 2017年4月27日私の北本の農園も 春めいてきて 賑やかになってきました。上の写真の奥に見える囲いの中には 茄子の苗を 植えつけました。この写真では、殆んど見えませんが 茄子の手前には ピーマンの苗が 植えつけられています。私は バルコニーで 茄子・胡瓜・ピーマンを 種からの苗作りをしているのですが 今年は 何故か 発芽が遅くて 待ちきれずに 農協の苗を買ってしまいました。その下の マルチ掛けしている [続きを読む]
  • 連休前の墓参り
  • 2017年4月24日 月曜日仏壇の前にある 卒塔婆は 今春の彼岸の 施餓鬼会で お寺から頂いたままであった。「連休前に お墓に届けなければならない。」 と思い立った。しかし 何せ 墓の場所が 神奈川県愛甲郡の宮ケ瀬ダムの上にあるので 気合を入れないと 中々 行けないのである。圏央道の桶川・加納インタ−から 相模原インターまで 1時間30分程で着き 其処から ダムの上までを 登り道で 30分程であります。ダムを [続きを読む]
  • 静かなる国会議事堂周辺
  • 2017年4月21日新宿の眼科に 出掛けた帰り道 国会議事堂前まで 足を伸ばし 行ってみた。共謀罪の議論で紛糾する国会なのですから 国会周辺も 何等かの動きがあるのではと 憲法記念日を 2週間後に控えたこの時期に 議事堂周辺の様子を窺いに来ました。日比谷公園の辺りは 泰平であります。私も つい 動物写真を 撮ってしまいました。国会周辺は 余りに 静かで ありました。それで 私は 憲政記念会館に ハナミズキ [続きを読む]
  • 地味すぎる 神明神社
  • 2017年4月15日 土曜日今日は 20度を超える天気予報だったので、薄着で 菖蒲の農園に 自転車で 行ってみた。その帰り道に 菖蒲の神明神社に お参りしてみる気になった。いつもの農活には 車で出掛けているので ブラリと立ち寄るには 道が 細くて その気になれなかったのです。今日は、自転車で身軽なので やって来ました。何度か 来ていますが、ここで 他の人に 会った覚えがありません。しかし、今日は 親子の自 [続きを読む]
  • 梨の花の受粉
  • 2017年4月12日桜の花が 満開になったようです。 早くも 梨の花が 一部 満開状態です。梨園で 作業中の ご夫婦が いらしたので つい 声を掛けてしまった。「 今の作業は 梨の花の芽欠きとか ですか?」 と 訊いたのである。農家の旦那さんが 「そんな 勿体無いことはしないよ。  花をもって 花の受粉を しているんですよ。」 と 教えて下さいました。仕事の邪魔をしないように その場を 後にしたがミツバ [続きを読む]
  • 科野(しなの)の旅 ③
  • 4月11日 火曜日 雨(冬の雨)昨日の カラオケで 久し振りに 唄いまくりました。二人ですので 間違いなく 2時間を 唄いまくりました。空調が入らない部屋で 汗を 掻きながら 唄っていたので 昨日は 食前 深夜の二度の風呂にはいりました。 今日は 朝6時に 起床し、朝湯に行きました。予報どおりの雨である。 今日は 昨日 廻ることのできなかった 諏訪大社の 上社の 本宮、前宮下社の 秋宮 の三ヶ所に 廻 [続きを読む]