森口朗 さん プロフィール

  •  
森口朗さん: 習慣新書
ハンドル名森口朗 さん
ブログタイトル習慣新書
ブログURLhttp://shuukansinsho.hatenadiary.jp/
サイト紹介文新書を次々と紹介するブログです。
自由文新書に特化した紹介ブログです。基本的にお勧めの本しか書かないつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 111日(平均2.0回/週) - 参加 2016/06/03 16:54

森口朗 さんのブログ記事

  • 左翼系学者の挑戦と限界
  •  民主党政権が終焉し、政治の世界では「安倍一強」時代が続いている。本書は左翼系の大学教授がその謎の解明に挑戦した著作である。 第1章では、与党しか知らなかった自民党が、3年間の民主党政権を経験して「政権交代を知る」より逞しい政党に変化したと分析する。筆者が言うまでもなく、日本以外の国では政権交代は日常行われる事であり、自民党は与党、野党、与党という経験によりグローバルスタンダードにおける「普通の政 [続きを読む]
  • 『日本人の品格』(ベスト新書) 渡辺昇一
  • 渡辺昇一氏は私にとって北極星のような方だ。思えば中学生か高校生だった頃、人生で初めて読んだ新書が氏の著した『知的生活の方法』だった。その後、大学時代に、左派的思想に影響されがちな私の目を覚まさせてくれたのも、氏の論壇誌における言論活動だった。 そんな渡辺氏の著作を論評するなどそれこそ恐れ多いのだが、やはりこれは紹介しておくべき本だと思う。第1章から第3章は、日本は東アジア圏にあって中国とは独自の文 [続きを読む]
  • 『使える地政学』朝日新書 佐藤優
  •  地政学とは地理的な環境が政治的、軍事的、経済的な側面で国家や民族に与える影響を、イデオロギーを排して冷静に分析しようとする学問である。 本書は、地政学に基づいて2016年現在の国際情勢を読み解いた書物だ。 日本では、イデオロギーで世の中を捉えようとする前世紀の遺物がまだまだ幅を利かせているが、ソ連崩壊後は地政学で世界を捉えるのが潮流のようである。そして、皮肉なことに世界のリーダーの中で最も地政学に通 [続きを読む]
  • 『語彙力こそが教養である』(角川新書)斉藤孝
  • 『声に出して読みたい日本語』(草思社)で一世を風靡した斉藤孝氏ならではの主張が詰まった本である。著者が言いたい事はタイトルでほぼ言い表されているが、こういう「伝わればいいんでしょ」という発想こそ、斉藤氏が忌み嫌うところである。本書の醍醐味は、その主張のシンプルさではなく、紹介されている事例やメソッドの豊富さにあると言えよう。推奨されている本は、シェイクスピア、論語、三国志など教養を重視する人らしい [続きを読む]