トリフォノフゆり さん プロフィール

  •  
トリフォノフゆりさん: トリフォノフゆりのロシアな世界
ハンドル名トリフォノフゆり さん
ブログタイトルトリフォノフゆりのロシアな世界
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ekaterina0422/
サイト紹介文近くて遠い国ロシアを日々の生活に取り込んでいくブログ。ロシア出身の夫と幼い娘とともに日本在住。
自由文日露ハーフとなる娘をバイリンガルに育てていく様子、留学中1年半過ごし、現在も定期的に訪れているサンクト・ペテルブルグのこと、語学の勉強のこと、クラシックバレエのことなど、ロシアと関連させつつも様々な内容を綴っていく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 114日(平均2.4回/週) - 参加 2016/09/25 15:32

トリフォノフゆり さんのブログ記事

  • ロシアの義両親からのお土産2
  • 先日私達が貰ったお土産に続き、私の両親が義両親から貰ったロシア土産をご紹介します。三連休だった1月7〜9日、主人の両親に会う為、母だけ大阪から上京していました。 私の両親へのお土産も、すごく考えて貰ったようで、ロシアにいた私達とは... [続きを読む]
  • ロシアの義両親からのお土産
  • 明けましておめでとうございます。年が明け、早くも2日目も終わろうとしています。大学生くらいまでは、年末年始に小説を一気に読んだりしていましたが、結婚してからは何かとお正月の準備やら用事が多く、あっと言う間に過ぎますね。きっとこのまま春を迎えることでしょう... [続きを読む]
  • ロシアの年末年始の過ごし方
  • 今年も最後の日となりました。2015年の大晦日が昨日のことのようですが、もう一年が経ったのですね。私にとって2016年は、娘が生まれたことで、大きな変化の年となりました。来年も娘とともに、成長していけたらと思います。 さて、そろそろ主人の両親が日本に到着し... [続きを読む]
  • マリンスキー訪日100年記念展示会
  • 随分と更新があいてしまいました。年賀状を書き終え、今は大掃除と、31日に訪日する主人の両親を迎える準備を進めています。ロシアではお正月にプレゼントを渡し合うため、主人と相談して、私達からのプレゼントを用意しました。義父には保温・保冷効果の高い日本製のタン... [続きを読む]
  • ビーツと蜂蜜を購入
  • 明日で娘が6ヶ月を迎えます。最近はお昼間あまり寝てくれなくなり、家事ができる時間もさらに短くなってしまいました。子どもの成長にあわせて、時間管理もしっかりせねばなりませんね。 *** 先週末は、月に一回、青山の国連大学で開催されているヴィ... [続きを読む]
  • 日本でロシアのカレンダーを発見
  • 今日は近所のロフトまでお散歩がてらクリスマスカードを買いに行って来ました。海外に住む友人宛なのですが、毎年ギリギリになってしまい、今年も相変わらず…。年々、クリスマスやお正月気分が薄れているのですが、季節のイベントを取り入れて節目を作り、日々を丁寧に生きるのが私の理想です。 さて、10月辺りから既に2017年のカレンダーが並んでいましたが、今年はロフトでこんなカレンダーを発見。 [続きを読む]
  • 日常より一単語〜雪だるま
  • 今日は祝日でしたね。我が家もお休みだったので、少しばかりクリスマスの飾り付けを。 ロシアのクリスマスやツリーに関してはアメブロに以前書きましたので、良ければご覧下さい。→ロシアのツリーとサンタ風おじいさん こちらのツリー、実はマトリョーシカ型なので中から出てきます。 [続きを読む]
  • 30年前のロシアの写真⁉?
  • 今年30歳になった主人。生まれはソビエト社会主義共和国連邦のレニグラード、現在のロシア連邦のサンクトペテルブルクです。自分の生まれた国が崩壊、生まれた街の名前が変わるということが、どんな感覚なのか、日本で生まれ育った私には大変なことのように思うのですが、主人は「特に何とも…」といった感じ。ソ連崩壊が5歳の時ですので、あまり記憶にもないようですが、主人としては、ソ連崩壊よりも、自分の国がこんなに周辺国 [続きを読む]
  • ロシアのベビー用品と最近人気の⁉?ロシア土産
  • 以前、アメブロで記事にしたロシア留学仲間が、一時帰国しました。予定を合わせて会う予定をしていたのですが、私と娘の体調が悪く、キャンセルが続いてしまい、結局会えずじまい。残念に思っていた中、その彼女からプレゼントが届きました! 出産後初めて会う予定だったからか、出産祝いを贈ってくれました。 アゼルバイジャンからのトランジット時、モスクワで購入してくれたそう。 [続きを読む]
  • 日常より一単語〜子どもの冬服
  • 今週の火曜日のブログは、ロシア語入門講座の予定でしたが、先週帰省していたこともあって、準備が間に合いませんでした。準備が出来次第、アップしますね。 *** さて、先日、娘のお洋服をいただきました。その方からは秋冬物としてプチバトーのカバーオールなどを既にたくさん頂いていたのですが、今回は冬物です。 ロシア語では、детская зимняя одежд [続きを読む]
  • 語学学習のモチベーションとエカテリーナ2世
  • さらっとブログ本体のタイトルを変えてみました。名前にインパクトがあるから出した方が良いよと言われ(笑)、ゾフィーから本名へ。もともと、ゾフィーは、私が好きなロシアの女帝エカテリーナ2世の幼少期の名(ドイツ名)です。彼女はドイツ人でありながら、ロシアに嫁ぎ、言葉や文化を学んで、ロシアに尽力した人。ブログタイトルからゾフィーの名前は消しましたが、外国人でありながら、ロシア人以上にロシアに貢献したエカテリー [続きを読む]
  • 育児中の語学学習
  • 夕方、関西から戻ってきました。一週間の滞在でしたが、予定をびっしり入れたので、かなり濃い時間となりました。リフレッシュ出来て良かったです。 さて、今日は、私が現在行っている語学学習について。 娘がまだ5ヶ月になったばかりということもあり、朝からぐずぐずしている日は、家事すらままなりません。 そんな中、主人の協力を得ながら、私なりに考え、進めている勉強について、少し書いてみたいと思います。 [続きを読む]
  • ゾフィーのバレエ座学⑤〜「バレエ物語」としてのあるべき姿
  • 先週日曜日の続き、今週で最終回のゾフィーのバレエ座学⑤です。 前回の記事はこちら→ゾフィーのバレエ座学④〜『バフチサライの泉』 「バレエ物語」としてのあるべき姿 『バフチサライの泉』第三幕のクライマックスでは、マリヤと互いの願いをぶつけ合うザレマが、部屋の隅に落ちていたギレイの帽子を見つけ、嫉妬に狂い、持っていた短刀でマリヤの背中を刺す。 『どれほど喜ばしい気持ちで、マリヤは悲しい [続きを読む]
  • ゾフィーのバレエ座学④〜『バフチサライの泉』
  • どうやら私の風邪が娘にうつってしまったようで、今週末はバタバタしてしまいました では、先週土曜の続き、今週もゾフィーのバレエ座学④です。 前回の記事はこちら→ゾフィーのバレエ座学③〜『バレエ物語』の誕生 プーシキンの物語詩という題材が、初めてバレエに持ち込まれた作品である『バフチサライの泉』。 1934年9月28日、ロスチスラフ・ザハーロフが振付け [続きを読む]
  • 日常より一単語〜風邪をひく
  • 季節の変わり目で、暑かったり涼しくなったり…。体調を崩している方も多いと聞きますが、私も週明けから昨日まで、風邪を引いて寝ていました。幸い、酷い風邪にはならず今は元気ですが、乳児を抱えての風邪というのは、安静とは程遠く、なかなか大変なものですね。さて、「私は風邪をひきました」は、ロシア語で"Я простудилась" 男性であれば、Я простудился 。простудитьсяが「風 [続きを読む]