ryu さん プロフィール

  •  
ryuさん: 福島・四季の風
ハンドル名ryu さん
ブログタイトル福島・四季の風
ブログURLhttp://tgryu.blog.fc2.com/
サイト紹介文福島県を中心に四季折々の自然を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 104日(平均7.8回/週) - 参加 2016/12/10 06:32

ryu さんのブログ記事

  • 春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝
  •  春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝暁の滝は遊歩道の上からも見下ろせますが3段の滝を3つとも構図に収めるには崖の斜面を降り崖の中腹から撮影しなければなりません。死に到るような落差の大きな崖ではありませんがゴロゴロした岩が多いので足元には細心の注意が必要です。渓谷の対岸の斜面の上に大滝川渓流上流へと続く林道があります。冬場は林道からも暁の滝が崖下に俯瞰できますが夏場は木々の緑に覆われ見えなくなるので暁 [続きを読む]
  • 春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝
  •  春待ち雪解けの大滝川渓流・暁の滝奥羽山系にある大滝川渓流の滝へ行ってみようとまずは県道脇にある滑川砂防ダムへ積雪状態確認のために立ち寄り雪解けが進み県道はまだ通行止めだったもの道路自体に積雪はありませんでした。次は本来の目的地である大滝川渓流ですが、こちらは行き止まりの林道なので除雪はされておらず所々に残雪がありました。一番下流にある滝(暁の滝)近くの橋を渡ろうとしたらなんと雪だまりでスタックし [続きを読む]
  • 春待ち雪解けのダム湖
  • 福島県須賀川市(旧・岩瀬村)  春待ち雪解けのダム湖(滑川砂防ダム)2回に渡り春を告げるセリバオウレンをご紹介しましたが悲しいかなそれに続く花がまだ咲きません。しかし持ちネタはゼロ状態(ーー;)。季節が逆戻りするかのようですが雪解け進む奥羽山系の滝に行ってみることにしました。渓流に入る前、積雪状況の確認方々滑川砂防ダムに立ち寄ってみました。途中の道路はまだ通行止めでしたが道路に雪は無かったので難なく [続きを読む]
  • 春を告げるセリバオウレン(芹葉黄連)
  •  福島県玉川村 春を告げるセリバオウレン(芹葉黄連)オウレンの仲間の花は株により雌花(♀)、雄花(♂)、両性花(♀♂)があります。文献上では雌花もあるのですが、今年も私が見た中ではメシベだけの雌花はなくメシベがあるのは全て両性化でした。↑ 雄花はオシベだけで構成され全体に優しい印象があります。↓ 両性花は花の中心に赤紫や濃緑の実のようなメシベがありその外側にわずかにオシベもあります。    いいね!!   [続きを読む]
  • 春を告げるセリバオウレン(芹葉黄連)
  • 福島県玉川村 春を告げるセリバオウレン(芹葉黄連)当地の里山で一番早く咲き始める山野草はセリバオウレン(芹葉黄連/キンポウゲ科オウレン属)です。オウレンは奈良時代に中国原産の黄連が伝来しましたが在来種の“カクマグサ(加久末久佐)”が同様の効果があることを知り“カクマグサ”を漢名の“黄連”の音読みでオウレンと呼ぶようになったそうです。黄連は根茎がやや肥厚して節状に珠が連なっており、その断面が鮮やかな黄 [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  •  福島県玉川村  東野の清流・早春賦だらだらと続けてきました『東野の清流・早春賦』シリーズは今回をもって完結です。季節的に中途半端な時期でネタ不足ということもありますが、理由あって中々時間が取れなく遠くへの外出がままならず持ちネタが枯渇寸前(ーー;)。近場の山野草の開花が待ち遠しい日々です。    いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  •  福島県玉川村  東野の清流・早春賦東野の清流のある阿武隈山地は奥羽山地や会津に比べると積雪は圧倒的に少なく道路が冬期間常時圧雪状態になることはありませんし、通行止めにもなりません。でも昨日のように南岸低気圧が太平洋側を北上したときは奥羽山地や会津より湿った雪が多く積もることがあります。知人の話では昨日当町の積雪は1cmほどでしたが阿武隈山地では8cmほど積もっていたそうです。これが名残り雪であっ [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦昨日は天気予報ほどの積雪にはならず薄っすらの雪化粧ですみ一安心。でも最高気温は4度と春は足踏み状態(ーー;)。やはり当地の春らしい春は3月下旬になってからかも・・・・♪は〜るよこい、は〜やくこい♪     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦やっぱり来たか・・・・今朝は久しぶりに薄っすら雪化粧しました。梅の花がようやく5分咲きになったのに(ーー;)。まぁ、桜が5分咲きの頃にも積もったことがあるので想定内って言えば想定内ですがこの雪が最後の名残り雪であって欲しいものです。     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦♪ は〜るになれば、しがこもとけてどじょっこだの、ふなっこだの、よるがあけたと おもうべな ♪当地で氷のことを“しがこ”とは言いませんがまさにこの童謡の世界がここには残っています。    いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  •  福島県玉川村  東野の清流・早春賦東野の清流の氷結は豪快さも迫力もありませんが小滝ごとに個性があって見ていても、撮っていても飽きません。これとて氷結は日々変化するわけですからまさに自然は一期一会の芸術ですね。    いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦春が近づくと氷解けが進み厳寒期のような氷は少なくなるのですがこのポイントは積雪と凍結と融氷を何度も繰り返し何層にも重なった大きな氷の塊が残っていました。氷に雪が付着し凍結と融氷を何度も繰り返すとしだいに氷の透明感が無くなります。     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦東野の清流は小さな滝ばかりですがかつては主な滝には最寄の玉川村立須釜小学校 四辻分校の児童が愛称を付けた看板がありました。しかし分校は平成19年3月31日をもって閉校になってしまい、それに呼応すかのように看板も朽ちて一部が残るのみです。     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦東野の清流のある玉川村と言っても県外の方はほとんど知らないと思いますが、『福島空港』のある村です。(須賀川市との境界)他には松尾芭蕉が訪れ『奥の細道』にも載っている『乙字ヶ滝』などがあります。     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦駐車場からは遊歩道の終点までは約500m、標高差100mほど、その間に小さな滝が数え切れないくらい連なっています。終点と言っても看板があるわけではなく、小さな丸太橋があるだけです。その上流にも清流は続きますが、これと言った滝はないので橋から引き返したほうが無難です。     いいね!! [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦東野の清流(ひがしのせいりゅう)は当町の東隣り玉川村の阿武隈山地の標高は600mほどの所にあり、通常でも水量の少ない小さな沢の渓流なので呼び名が“渓流”ではなく“清流”というのが何とも慎ましく好感がもてる呼び名です。ガイドブックに載るような観光名所ではないので、平日ならほぼ貸し切り状態。冬場なら凛とした氷結の清流、春から秋は静かに水音や小鳥のさえずり、滴る緑や紅葉 [続きを読む]
  • 東野の清流・早春賦
  • 福島県玉川村  東野の清流・早春賦暦の上では既に春ですが、当町の西にあたる奥羽山脈や東の阿武隈高地はまだまだ冬景色。奥羽山系はいまだ残雪が多く春の兆しは感じませんでしたが東の阿武隈高地の雪はほとんど消え、春を待つばかりです。そんな中、2/28は久しぶりに氷点下7度と冷え込みました。おそらく今季最後の氷結になるかもと予想し阿武隈山中の“東野の清流”(ひがしののせいりゅう)に行ってきました。 ♪春は名の [続きを読む]
  • 白鳥の北帰行 元気でね!
  • 福島県鏡石町釈迦堂川  白鳥の北帰行 元気でね!白鳥の北帰行が始まったということは北国の春ももう直ぐやって来るということです。我が家の庭のセリバオウレンやユキワリソウも咲き出し確かに春はすぐそばです。白鳥の旅立ちは寂しくもあり、春の喜びでもあります。来年も元気に帰っておいで!     いいね!! [続きを読む]
  • 白鳥の北帰行
  • 福島県鏡石町釈迦堂川  白鳥の北帰行今年も釈迦堂川の白鳥(コハクチョウ)の北帰行が始まりました(たぶん)。白鳥は出入りがあるし、追尾調査をしているわけでは無いのでこれらの白鳥の離水が間違いなく北帰行だとは言いきれませんが例年この時期に始まります。まず飛び立つのはより北極圏に近いツンドラ地帯に生息するコハクチョウたち。ツンドラ地帯はオオハクチョウの生息するタイガ地帯より寒いので気温の上昇には敏感なの [続きを読む]
  • 春待ち涌井の清水
  • 福島県天栄村  春待ち涌井の清水明神滝を撮影した後は再び鳳坂峠を越え、峠を降り切った麓にある“涌井の清水”に立ち寄りました。標高は400mほどなので積雪は5cmほど、清水は沼底かわ湧出する清水と山奥で湧出した清水が小川となって流れ込み一つの沼状の清水を形成しています。清水は水温が年中安定しているので厳寒期でも完全凍結することはありません。沼の周囲はまだ冬景色ですが清水では既に緑が芽生え一足早い春の [続きを読む]
  • 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝
  •  福島県天栄村 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝前回は明神滝左岸(見た目では右側)から撮影しましたが今回は川の中や右岸からの構図です。黒沢の水量は知れたものですが長靴での渡渉は厳しいと思います。私は滝や渓谷の撮影には面倒でもいつも胴長(ウェーダー)を着用し様々な角度や構図で撮れるようにしています。明神滝の名前の由来は滝の左岸頂上にある直立した大きな一枚岩の傍らには、宗像三神の一つ田心姫命が祭られていま [続きを読む]
  • 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝
  •  福島県天栄村 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝↑ 明神滝は落差、滝幅ともに8mほどと大きな滝ではありませんが橋の上から見下ろせるので身体の不自由な方や老人幼児でも簡単に見学できるお手軽滝です。↓橋のたもとの獣道を降りれば谷底まで降りられ、滝を間近に見ることもできます。谷底からは渡渉しない限り基本的には川(黒沢)の左岸から見学します。   いいね!! [続きを読む]
  • 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝
  • 福島県天栄村 春まだ遠き羽鳥湖高原・明神滝2/21(火)に雪の鳳坂峠を越え羽鳥湖高原の明神滝へ行ってきました。当町の雪はとうに消えていますが隣り村とは言えさすが羽鳥湖高原は標高700〜800m。まだまだ雪の中でした。念のため峠を登る前にチェーンも装着し準備万端のはずでしたがそれでもスピードを緩めないと下り坂はスリップするので雪の峠道はやはり苦手です(ーー;)。明神滝までの国道、県道、村道はキレイに除雪 [続きを読む]