BOGEY さん プロフィール

  •  
BOGEYさん: 子どもたちの「おだやかな明日」のために
ハンドル名BOGEY さん
ブログタイトル子どもたちの「おだやかな明日」のために
ブログURLhttp://autism.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文スクールカウンセラー・巡回相談員・臨床発達心理士・自閉症スペクトラム支援士のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/02/02 22:44

BOGEY さんのブログ記事

  • 「スクールカースト」
  • 中学2年生を対象に「心の授業」を行うことになりました。 学年の先生方からのリクエストは「友だち関係」について。 相手が嫌がるようなことで、コミュニケーションをとる傾向がある学年とのこと。 すぐに浮かんできたのが「スクール(教室内)カースト」という言葉でした。 「いじめ」の要因とも考えられている「スクールカースト」 (それにしても嫌な言葉です・・・) ここに切り込める授業ができるのか、 何かを変えら... [続きを読む]
  • 新学期
  • 久しぶりの投稿です。 今日「第1回公認心理士資格試験」を終えました。 結果はどうあれ、ここまでよく頑張ったと自分を「ほめて」あげることにします。 さて、新学期が始まり、スクールカウンセラーとしての活動も再開しました。 部屋に引きこもっていて生徒に合えなくても、家庭訪問(アウトリーチ)を行ったケースでは、 担任の先生から、「初めて生徒に会えました!」とうれしい報告がありました。「適応指導教室」にも行... [続きを読む]
  • 15の君たちからの感想
  • SCとして勤務している中学校の3年生(6クラス)を対象に、「ストレスマネージメント・コーピング」の授業をさせていただきました。 中学校の教壇に立つのは「教育実習」依頼で40年ぶり(汗)なのですが、どの子もいっぱい考えて、いっぱい話してくれました。 一部ですが、紹介します。 ・自分はストレスを感じると頭や胃が痛くなるので、よく薬を飲むし、それが結構な頻度であるので、自分なりにリラクゼーション法を試し... [続きを読む]
  • ひらがな読めてるかな?
  • SCとして勤務している小学校で1年生の観察と担任の先生方との相談がありました。 個々の課題とは別に、 書字に課題がある子はどれぐらいいるのか・・・ どれだけの子がきちんと「ひらがな」が読めているのか・・・ という話題になりました。 書字に対しては、巡回をしていた時にもたくさんの学校で紹介してきた「曼荼羅塗り絵」や「点つなぎプリント」などのパッケージをお渡ししました。 「ひらがな」の読みについては、... [続きを読む]
  • 不安障害・睡眠障害・ネット依存
  • 不登校生徒と向き合っていると 不安障害だったり 睡眠障害だったり ネット依存だったり 起立性障害だったりが 見えてきます どれからアプローチするのが一番効果的なのか その子の「自己一致」を どこからサポートしていくのか 彼らの課題でもあり 私の課題でもあります ブログランキングに参加しています。1日1 していただけると、うれしいです⇒  [続きを読む]
  • 支援シート(案)
  • 何人もの「不登校生徒」がいる学校は、定期的に会議はしていても、具体的な手だてが進んでいないところもあります。 それぞれの学校で今何ができるのか? その子は何から取り組んでいけばいいのか? もちろん、ゴールは「登校再開」ではなく「生き生きとした生活」です。 先生や生徒たちと一緒に考えていこうとこれらの「支援シート」(案)を作ってみました。 ご質問・ご意見等ありましたらコメントかメールをくださいね。 ... [続きを読む]
  • 心の準備ができていない人に・・・
  • 不登校に対するアプローチが急務になっています 今日は「公認心理師資格試験全国模試」なんてのを受けてから 自宅で「シカゴMED」なんていう海外ドラマを見ていたら 「心の準備ができていない人に、『前に進め』といっても無駄よ」 なんていうセリフがありました 「前に進め」という大人は多いけど 「準備をしよう」という大人は少ない こんなところに私の出番があるのかもしれません・・・ ブリーフセラピー用のプリン... [続きを読む]
  • 新しいカテゴリーができました〜♪
  • 私、2018年3月末をもって定年退職し、小学校をメインとした巡回訪問・就学相談・特別支援教育等の活動を終えました。 4月からはスクールカウンセラーとして小中学校4校を担当しています。今後保育園・幼稚園の巡回訪問も不定期で行う予定です。 ということで、新しいカテゴリー「カウンセリングルーム」を作成しました。 具体的なケースについて論じることはありませんが、日々の活動の中で感じたことや学んだことを「ぼ... [続きを読む]
  • テクニカルターム その2
  • 医療系の事例問題を多くやっているので、語句もそっち系が多いです。 アディクション   嗜癖 スマホアディクションは中高生の8%だそうです! Enuresis      遺尿症 ノクターナル・エニュレシス 夜尿 TCA         三環系抗うつ薬 アモキサンなど DDAVP       抗利尿ホルモン剤 NRS         Numerrical Rating Scale NSAID     ... [続きを読む]
  • テクニカルターム その1
  • ここのところ、毎日事例問題をこなしています。 そこで出会うテクニカルタームや略語も苦手分野の一つ(◇)ゞ 順不同になりますが、とにかく覚えないと解説すら解んないので、暗記用に書きだします。 Ep          てんかん Dep         デプレッション うつ病 アパシ―      無気力 Schizo       スキゾフレシア 統... [続きを読む]
  • 卒園式の「合理的配慮」
  • 就学相談を担当した幼稚園から「観察・相談」の要請がありました。 「支援学校判定」の自閉症スペクトラムのお子さんの卒園式の支援についての相談です。 その子が「儀式」を無理なく行うために、何をしたらよいのか? その子の特性を認め、それゆえの「儀式に対するしんどさ」を認めながらの相談でした。 「他の子と同じように・・・」という親ごさんの願いにも寄り添っての上での相談でした。 既に、足元には足を乗せておく... [続きを読む]
  • 運動場いっぱいの歓声
  • 今日の訪問校も「最後の観察・相談」でした。 2時間目は、学年体育。 1年生3クラス、70数名の子どもたちです。 1人の担任の先生が準備運動の指導をする間に、 残りの2人の先生が手際よく「コーンドッジ」のコートを描いていきます。 1つ、2つ、3つ、 このぐらいなのかなと思ったら 4つ、5つ、6つ・・・ わあ、すごいと思っていたら 7つ、8つ、9つ! 広い運動場いっぱいに9つの二重円が描かれました。 ... [続きを読む]
  • 3年間で・・・
  • どの学校への訪問も、「最後」になっています。 3年前、たくさんの「しんどさ」をもった子どもたちが、 みんな静かに3年の担任の話を聞いています。 もちろん、「しんどさ」がなくなったわけではありません。 周りの子たちの「理解」と「支え」 担任の先生たちの、「長期的な展望」と「具体的な支援」 どれもが、うまくまわっていた結果だと思ったのです。 「支援力」のある先生たちは、決して「あきらめない」し「責めな... [続きを読む]
  • がんばれルーキー!
  • 何回も訪問したある学校への、最後の「巡回訪問」のつもりでした。 この学校は「やさしい」先生たちと「やさしい」子どもたちがたくさんいる学校です。 1年生の時に大変だった子も、私を見て手を振り、がんばっている姿を見せてくれました。 この4年間の「成長」が手に取るようにわかります。 決してあきらめることなく、気長に見守り、支えてくれたスタッフ(教職員集団)のお陰です。 「特性」のある子に寄り添ってくれ続... [続きを読む]
  • 次の「支援」のスタートに必要なこと
  • 巡回担当校のコーディネーターから電話が入りました。 今年度、観察・相談をさせていただいているお子さんについてです。 校内の対応だけでは「限界」に来ているとのこと・・・ 次のステップに繋ぐために必要なことは、 親ごさんとの「想い」の共有なのだということをお話しました。 相互理解と相互受容は「親ごさん」にも「学校」にも必要だということが、 なかなか「現場」には理解できにくい部分があるのですが、 そこは... [続きを読む]
  • 教え子たちからの年賀状のひとこと・・・
  • 教え子たちからの年賀状のひとこと・・・ 「6年生の頃を思い出して、先生のような教師になれるよう、がんばります!!」 「先生の教え子って何人ぐらいいるんでしょう?僕もその1人になれて光栄です。」 「娘がギターを習い始めました♪うまくなってくれるとうれしいな♪」 「前に言ってた彼とやっと結婚しました!またいろいろお話したいです。」 「今年私は成人式です、大きくなった姿を先生に見せたいです」 「今年は次... [続きを読む]
  • 「エコグラム・ジェノマップ」
  • 毎年この時期に、巡回担当者の研修会があり、そこでは「エコグラム・ジェノマップ」を使ってのケース検討を行ってきました。 今年は何もかもが「ラスト」なので、この研修会も最後になります。 今年は特別支援教育指導者養成研修も兼ねていたらしく、参加者はいつもの倍以上でした。 ケース提供者の数分の報告を受けてから、各グループで質問や「強み」、明日からできる支援策を考え発表していきます。 「エコグラム・ジェノマ... [続きを読む]
  • スタンスを拡げること
  • 大学時代から専門は「発達心理学」だったのですが、ここ数か月スタンスを拡げて「心理学全般」を学んでいます。 今まで学んだことの「基礎」であったり、「違う見方」であったり、「エビデンスの再認識」であったり、「未知との遭遇」であったり、本当にいろいろ感じることが多くありました・・・ 「学校」という狭い社会からスタンスを拡げることは、 私自身の新しいスタートにとっても、意味深いものだと思っています。 現場... [続きを読む]
  • 受験準備&参考文献
  • このブログの右側にリンクが貼ってある「BOGEYの本棚」に、ここ2か月ほどで入手した、公認心理士資格試験に向けての参考文献をアップしました。 まだまだ、これでは分野的には足りませんが、遠見書房から刊行される「公認心理師の基礎と実践」(全23巻)が出るまでは、他の資格試験問題集や苦手な分野の書籍から学んでいきたいと思っています。 また、「公認心理師100人力」というグループに参加して「予想問題作成」... [続きを読む]
  • 項目:W・Y
  • W WAB失語症検査 失語の有無 失語症のタイプを診断する WAIS-Ⅲ ウェクスラー式知能検査 16歳〜89歳 WCST ウイスコンシン カード ソーティングテスト 前頭葉 Weberの法則 弁別閾は比較する標準刺激の強度に比例する what経路 後頭葉から側頭葉に向かう視覚情報処理の流れ where経路 後頭葉から頭頂葉に向かう視覚情報処理の流れ WISC-4 ウェクスラー式知能検査 5歳〜1... [続きを読む]
  • 項目:T・U・V
  • T TAT Morgan,C.D. Murray,H.A. 主題統覚検査 物語を作る構成法 TEG-Ⅱ 質問紙法 エコグラム 15才〜 ThKP  ゾンディテスト 解釈 傾向緊張表(理論的背景像) TK式診断的新親子関係検査 質問紙 親の実際の行動様式について問う Tグループ 集団療法の一つ t検定 正規分布する感覚尺度の2群データの平均の差に着目 U UPI 大学生対象の質問紙 Uカーブ仮説 異... [続きを読む]