散歩人 さん プロフィール

  •  
散歩人さん: 海山散歩人
ハンドル名散歩人 さん
ブログタイトル海山散歩人
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/efmry-takahashi
サイト紹介文近隣の海と山が大好きで、定年退職してからは、のんびり、まったり過ごしたい、極楽トンボのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/09/11 15:50

散歩人 さんのブログ記事

  • 冬のような海、シーカヤックでカモメ観察
  • どんより空、小雨が降ってきそうな日暫くカヤックを漕いでいない、来週も野暮用が続くから海には出られない。少し無理してマイフィールドに来たら、誰もいないだろうと思って来たのだが、こんな日でも漕ぎ出そうとしているカヤッカーがいる。モチベーションが下がるどんよりコンデション三分割カヤックを組み立てているカヤッカー、「写真撮っていいですか」「どうぞ、どうぞ」そんな会話で暫し和む。ジョイントを慎重に締め付けて [続きを読む]
  • 愛犬チワワが認知症のようだ
  • 愛犬チワワが最近ぼーっとしているときが多いここ1年ほどは、腰が落ちたような姿勢で後ろ脚に力が入らない感じである。歩き方もよろよろして、トイレに行くのもゆっくりと千鳥足のような歩き方になってきた。ウンチも自分のトイレで済ませていたのが、朝起きたとき廊下に落ちていたりするときがある。以前は小生たちが帰ってくると走って玄関に出てきた。二、三ケ月前まではゆっくりと歩いてお迎えに出てきたが、最近は居間から出 [続きを読む]
  • 忙しくも楽しい、充実の三連休だった
  • 体育の日で繋がった三連休昭和39年に東京オリンピックが開催された10月10日が「体育の日」だったのが、いつの間にか第二月曜日・ハッピーマンディーになってしまった。記念日はその出来事があった日がいい、連休を増やすために無理やり休日に結び付けるのはどうかなあと、今でも思っている。なんといっても10月10日は小生の結婚記念日でもある!この三連休は実に忙しなかったけれど、本当に楽しい三連休だった。土曜日午 [続きを読む]
  • 今年の仕事が終わりました
  • よいお年をお迎えくださいと解散した日随分と先走った挨拶であるが、今年の仕事メンバーが再会するのは来年である。小さな事務所の退職者たちが顔を合わせて元職のお手伝いをする非常勤業務は、それぞれが楽しく仕事ができて休憩時間の昔話に花が咲く。最後の仕事場は横浜、朝食はモーニングカフェで通勤する人たちを見ながら、ひと昔前を思い出す。やはり日本のサラリーマンは勤勉である。小雨の中を足早に行き来する人たちを見て [続きを読む]
  • まだ花が少ない、それでは野菜を植えました
  • 台風が通り過ぎて晴れ間がでてきた海にも行きたいが平日の台風明けでは人出もないだろう、事故ったら大変なことになると思うと、とても漕ぎ出すきにはならない。それでは身の周りを整備しようかと、午前中は芝生の手入れで時を過ごした。まだ、物足りない、周りの草花を植え替える時期のはずと思って、行きつけの園芸店に行ったけれど草花が少ない。植え替えるような花がなく、迷った挙句に野菜の苗を買ってきた。秋植えの時期では [続きを読む]
  • また台風が来る
  • 台風24号が近づいてきた今年は台風が多いし、どれも勢力が強く甚大な被害が発生している。どうしてこんなに台風が発生するのか、地球規模で気候が変化しているのは分かっているけれど、何をどうしたらいいのか分からない。我々にできることは目の前の危険をどかして、それでも被害が出たときは翌日に直すしかない。目前の対策で精一杯である。今年は、台風被害の対処中に新しい台風が襲ってくる、被災した地域の人達の苦労が途切 [続きを読む]
  • もうすぐ70歳で挑戦することにしました
  • 60歳代後半になって挑戦したギター弾き語り半年前から弾き語り教室に通い始めて3か月ほど経った頃、先生から発表会があるから出ないかとお誘いを受けた。小生は通い始めたばかりだから遠慮しようと思っていたら、発表会はコンサートではなく教室の一環だからと参加を勧められた。弾き語り教室を違う場所で開講して、他の受講生の演奏を聴くことは意見発表会のような、懐かしい授業の一環と考えると納得する説明である。それでは [続きを読む]
  • シーカヤックを漕がなければ! 梅漬けを渡さなければ!
  • 先日、海友達に梅漬けを渡す約束をした何か疲れが残っているけれど、約束を果たすためマイフィールドに行かなければならない。自分自身も週一回は海に漕ぎ出さないと、身体の機能が退化してしまうような気になってしまう。梅漬けを渡すタイミングを失したから、先に海に漕ぎ出すことにした。静かな海、先輩カヤッカーが出艇タイミングを見計っている三連休、防波堤で遊ぶ人達、海友達はレッスン中  遅ればせながらソロツーリング [続きを読む]
  • やっぱり、仕事すると疲れるのかな?
  • 涼しくなったら疲れが出てきたような気がする8月の下旬から10日ほど仕事をしているのだが、最近、疲れを感じ始めた。酷暑から涼しくなって、頑張っていた身体のコンデションが緩んだのだろうか、いつも通り卓球やら運動も続けているせいなのかもしれない。いや、やっぱり仕事のときは、数日おきに早起きするせいだろうか?小田原や相模原に通勤したり大雄山線で下車して長閑な田舎道を歩いて通勤したり川崎駅からバスで仕事場に [続きを読む]
  • 敬老の日、要注意のシーカヤックだった
  • 9月に入って初めてのシーカヤックの日今年は海のコンデションが整わない日々が続いた気がする。台風の発生も多く風の強い日が続いたり雨の日が多かったり、非常勤の仕事もあったりと自分の都合も調整できなかったりした。今日こそはシーカヤック日和だろうと思って、久しぶりに艇庫からカヤックを引きずり出した。まだ台風の影響?うねりが押し寄せているこんな日は出艇は濡れる覚悟で漕ぎ出すのだが、着岸が要注意である。背中か [続きを読む]
  • 5時起きで相模原へ
  • 今月も数回のアルバイトで、生活リズムを保っている相模原での仕事は8時半集合だから、三浦半島からでは5時起きになる。朝食を食べる時間と、バス停を確認する時間、横浜で乗り換えて座ろうと考えると、相当の気合を入れないと電車の選択が狂ってしまう。横須賀線から横浜線に乗り換えて相模原に向かう、横浜線は懐かしい路線であるが、昔の面影はない。学生時代の横浜線は木製の床で、車体の色も黒っぽい記憶がある。新横浜駅も [続きを読む]
  • 大井川鉄道〜アプト鉄道〜SL、吊り橋の旅
  • 何十年ぶりで寸又峡温泉に宿泊した長女が小学生だったか就学前だったか、40年ほど前の夏休みに民宿に泊った記憶がある。自然の奥深さとアプト鉄道やSLの千頭駅などを歩いたときの感動を薄っすらと憶えていて、いつかもう一度訪れたいと思っていた。高齢割引切符・ジパングの威力を借りて、一泊二日の思い出旅は静岡県金谷駅から大井川鉄道と路線バスの旅を計画した。大井川鉄道本線、始発金谷駅から千頭駅へ出発吊り橋の下を通る [続きを読む]
  • 変更した通院の日、映画、JTB
  • 早朝から通院の日である二週間ほど前の通院日をスルーしてしまって予約を取り直した。異なる二つの診療科に通院していて、一つの診療が完治して通院不要になったら、もうひとつの診療科の通院日をきれいさっぱりと忘れていたのである。行動予定はカレンダーやスマホやら多重に記録して、毎日それを見る習慣から離れないようにしなければならない。現役の頃は毎日の必要性に迫られて確認していたのだろうが、自遊人は毎日意識しなけ [続きを読む]
  • 夏休みも大詰め、最後の海遊びだ!
  • 夏休みも大詰め、老骨に鞭打つときが来た皆で海に行こう、泳ごう、遊ぼう、夏休み最後のリクエストは海へ行こうよ、ということになった。疲れるなあ、体が痛くなるなあ、明日は仕事だなあ、などと思いながらもリクエストに応えてしまう。こんな時は、いつもの慣れた海がいい。夏休みだからいつもの平日よりは人が多いかなという程度の浜辺である。マイフィールドはカヤックスクールの準備中強烈な暑さでも海の家はないし日影もない [続きを読む]
  • 二女たちが香港から帰ってきた
  • 二週間ぶりかな?二女たちが香港から帰ってきた羽田から最寄りの駅に到着すると、まずは我が家で休憩してそのまま宿泊する。孫たちも旅慣れているのか何の抵抗もなく、じいじ・ばあばの家に直行するのが当たり前になっているのが少し嬉しいし楽しい。単身赴任のパパには申し訳ないけど、無事に帰国して久しぶりの夕食・乾杯である。おでん、お刺身、納豆、味噌汁、Japan夕食であるこの時期、二週間も留守にすると家周りの雑草や芝 [続きを読む]
  • 鈴虫をもらった仕事の日
  • 小田原で仕事の日に鈴虫をもらった先日の仕事場で鈴虫が話題になった。というのも昨年の仕事場で鈴虫を頂いたのだが、小生の扱いがぞんざいだったからか全滅させてしまったのである。そんな申し訳ない会話をしたら、今回の仕事場に、今年も増えたからと持ってきてくれたのである。恐縮しながらも有難くいただいて、毎晩涼しげな鳴き声を聴ける楽しみが嬉しい。1年ぶりの小田原提灯出勤時間が朝早いから、朝食はモーニングパン屋さ [続きを読む]
  • 仕事が始まった日、金足農業高校の甲子園が終わった
  • 一年に20日ほどの仕事が始まった完全退職して5年目になるが、定年退職後の第二の職場から夏の時期と春先の時期に、非常勤で仕事を頼まれる。まだ頼り?にしてくれることがありがたく、仕事の緊張感を与えてくれることに感謝しているのだが、今年は高校野球・甲子園大会が盛り上がって、仕事始めが決勝戦と同じ日になってしまった。東北生まれの小生としては、秋田県代表の金足農業高校が粘り強く勝ち進む姿に感動しながら、ここ [続きを読む]
  • シーカヤックを解禁しました
  • 少しオーバーかも知れないがシーカヤックを解禁した身体の一部を外科治療していたから、重いものを持ったり腹部に瞬間的な力がかかることを避けていた。随分とスポーツや海遊びを控えていて、海に漕ぎ出すのは三か月ぶりくらいかなと思って、ブログを見たら6月以来でスノーケリングは20日ぶりだった。好きなことを我慢していると、その期間は長く感じるものである。ちょうどビーチクリーンの日に合わせて、シーカヤックを解禁す [続きを読む]
  • 郵便の父、前島密パネル展に行ってきました
  • 横須賀市西行政センターで前島密パネル展が開催されている前島密は郵便制度を創業した人物として有名であるが、晩年を横須賀の西海岸で隠居して生涯を終えた。三浦半島界隈の人々の間ではよく知られた歴史だろうが、一般的には意外と知られていないと思う。少年期を東北で育った小生には前島密氏は郵便切手を創った人、どうして氏のお墓が芦名の浄楽寺にあるのか不思議に思っていたが、西海岸でシーカヤックやハイキングを重ねるう [続きを読む]
  • 通院、どぶ板散歩、映画鑑賞の日
  • 今まで三種類の診療科目を受診してきた外科の受診日の朝、早めに受付をして待合室で週刊誌を読んでいた。いつものように受診するまで小一時間待つだろうと思っていたら、開診して最初に呼ばれた。意表を突かれた感じになり、少し慌て気味に週刊誌を閉じてショルダーバッグと帽子を小脇に抱えて診察室に入って経過診察を受ける。結果良好で治療終了である、自分の判断での運動も許可された。とりあえずひとつは完治して、あとは、二 [続きを読む]
  • お盆のお務め、墓参り
  • 今年もお盆の時期である13日がお盆の入りだが、お施餓鬼は休日に合わせて行われ、ご先祖様を供養して卒塔婆を立てる日である。毎年訪れる行事であるが回数を気にしない、というか何回目か分からない行事である。生きているものにとっては、それぞれの家で最も長く続いている行事であろう。午前中にお墓の掃除を終えたから、塔婆が出る時間に合わせてお墓参りすることにした。今年は山の風を浴びながらお墓参りすることにした上り [続きを読む]
  • 夏休みの家族旅行
  • 夏休み真っ盛りのとき台風が上陸しそうである長女家族も二女家族も夏休みの旅行に出かけ始めた。台風が来ているけれど仕事の休暇は変更できない、飛行機を予約していれば少し無理しても旅行に出発しようかと思う。小生たちが若い頃も全く同じ心理状態だったから、その気持ちはよく分かる。ただ、この歳になるとリスクがありそうな家族旅行が少し心配になってしまう。両方の家族とも近くに住んでいるから、日常を共有しているから気 [続きを読む]
  • 動き出しそうな貝の動物たち
  • 暑い日が続くときは図書館がいい涼しいし静かだし、小生は週刊誌や情報誌を読んだりするのだが、読書好きには間違いなく堪らない場所である。あれこれ読んでいると1、2時間が経ってしまう最強の公共施設、どんなに財政が厳しくなっても図書館はなくしてはいけない施設である。葉山町の図書館に来たら、アプローチの展示スペースで「かいのどうぶつえん」が企画展示されている。拾い集めた貝殻で、いろんな生き物を作成している人 [続きを読む]
  • お菓子の家のかき氷と素敵なパン屋さん
  • 夏休み、宿題、よく遊びよく学べ勉強嫌いの小生たちは、いや小生は、夏休みに入ると母の生家に泊りがけで遊びに行っては従妹たちに面倒を見てもらい、何日も実に好き勝手に野原や川で遊びまくっていた。おおらかな時代を過ごすことができた、田舎育ちでも子供にとっては村社会のしきたりなども気にもならず、随分と迷惑をかけたことだろう。20日間ほどの夏休み、宿題を放っておいては心配しながら、やらなければいけない、描かなけ [続きを読む]
  • 潜り友達と一年ぶりのスノーケリング
  • 一年ぶりに潜り友達からメールがきた「風の弱い日に潜りませんか?」「久しぶり!もちろん喜んで潜りましよう」、一年ぶりのスノーケリングは葉山の芝崎海岸。あれっ、海岸に降りる階段が工事中でポイントに行くことができない。こんな時期に工事とは!やむを得ないから、陸上を歩いて移動して一色海岸から出発することにした。予想以上にコンデションが良くない、風波が押し寄せるせっかく来たから、芝崎海岸のポイントまで泳ぐし [続きを読む]