good choice さん プロフィール

  •  
good choiceさん: good choice
ハンドル名good choice さん
ブログタイトルgood choice
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/akai-mocha
サイト紹介文出雲人 紅井藻花(akai-mocha)の写真日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/09/27 21:16

good choice さんのブログ記事

  • 銀杏に染まった金言寺
  •  2017年11月10日(金)晴れ 冷たい風 紅葉を楽しもうと奥出雲の金言寺に出かけました。 大東の街を通り、下久野・八代を経由して、出雲三成駅の前を通り過ぎて、右へ曲がり、吾妻山方面へ、走っていきました。 三成の街に入るところまで、日差しが車内を熱くさせるから、窓を開けてましたが、馬木に入る頃から、緑から赤・黄色の景色に変わり、一気に別世界に入った気がしました。それに合わせてか、または夕方に近かったせ [続きを読む]
  • 旅伏山の頂きへ行く
  •  2017年11月7日(火) 晴れのちくもり 11月入ってまともに自由な時間を得られて、紅葉のある景色を撮りたいと思ったけど、朝は濃霧、午後から曇天模様になり、せっかく紅葉のある景色を撮りたいと思ったけど、空模様を見た瞬間、気持ちが萎みました。 悩んだ結果、旅伏山を登ってみようと思い始めて、実行に移しました。旅伏山、歴史的に有名な場所ですね。個人的には小さい時に大梶七兵衛の高瀬川を造るうえでのターニングポ [続きを読む]
  • 冬の知らせがやってきた。
  • 2017年10月26日(木) 曇り時々晴れ 昨日は久しぶりに良いお天気にお休みを得た。 あるSNSでのある友達からの白鳥が米子や安来にやってきた記事を見て、夕方安来の宇賀荘町へ出かけてみた。 西の空は濃いオレンジの空、東の空は雨が降りそうで降らないグレーの曇り空、違和感以外の言葉が現れないすっきりしない空模様の場所で確かに白鳥がそこにいました。 まだ、数は多くないですが、田んぼの中にある彼らの食べ物を無我夢 [続きを読む]
  • 白い水と美女
  •   前回のブログの続きのお話です。 午後の部は川辺のコスモス畑とリバーサイドでの撮影会でした。 予想以上に暑かった。撮影会の前に水分を補給したけど、それが理由で早くのどが渇き身体が火照り、カーディガンを脱がざるを得なかったです。 彼女もきっと辛い思いをされていたと思いますが、全くその表情を出さず撮影参加者の注文をきちんと受け入れてくれてポーズを取ってくれました。 さすがプロのモデルさんだって感動を [続きを読む]
  • コスモスと美女としゃぼん玉
  •  2017年10月8日(日)晴れ およそ6年ぶりに飯南町にある東三瓶フラワーバレーでのコスモス祭りへ出かけました。 モデル撮影会に参加するためでした。 予想以上に良い天気に恵まれ、それでも山間部だから冷えるのではないかと厚めのカーディガンを着て出かけたけど、お盆明けを思い出すぐらい暑くて、結果良い撮影会に終わったのかなと感じます。 今回のモデルさんは夏帆さんでした。実は4月と8月のまつえ美人撮影会へ参加した [続きを読む]
  • 夕日と彼岸花
  •  2017年9月29日(木)晴れ お彼岸が終わると合わせて彼岸花の花弁は土に帰る。 1週間も咲いていたら、長い方かなと思います。 いろんな花を見ているけど、これほど短くて濃い存在を示す花ってないだろうと思う。 だけど、時季外れに咲く花もあり、昨日とある一畑電車沿線で夕日の時間に的を絞り出かけました。 前回の江津本町駅での撮影を経験にこちらでもMFで撮影をのぞみました。 背の低い花だから車体全体と一緒に撮るこ [続きを読む]
  • 汽車と彼岸花
  •  前回のブログの続きのお話です。 日曜日ということも無視はしていけないでしょうが、三江線に乗車される方が多いです。うれしいことですけど。 無人駅の待合室に入ってみると、ノートが置かれていて、多くの人がいろんな思いをつづっておられます。 私も書こうかなと思ったけど、良い文書が浮かばず、次回の宿題にしました。 以前であれば、単行運行が普通でそれがローカル線の魅力と感じてそれを如何に周りの風景と組み合わ [続きを読む]
  • 三江線と彼岸花
  •  2017年9月24日(日)晴れ 「蝉の鳴き声かまだ聞こえる、JR三江線最後の秋、彼岸花の三江線」をテーマに出かけてみました。 だけど、時間の都合上、石見川本駅から田津、川戸を経由して最終目的地を江津本町駅に設定して、車でゆっくりと移動しました。 本当は三次から移動したかったけど、割り切りが大事です。 石見川本駅へ行くまで、9号線を西へ進み大田市街を通過し、砂の博物館の手前を曲がり、石見銀山街道を通り川本町 [続きを読む]
  • 秋の霞んだお昼
  •   先日、出雲にPM2.5の影響の理由で、昼にも関わらず外の景色が霞んでおり、出雲のある場所からよく見る北山の景色が、ある意味幻想的である意味不気味な印象を感じ受けました。 2月から4月にかけて空が霞むこと日が続くことには大分慣れてきたけど、9月にこのような景色は初めてかな。そう思っています。 朝の濃霧ならまだしもお昼過ぎても写真のような景色は。 人間の生活の影響がこのような景色に表現されたと感じ得た瞬間 [続きを読む]
  • 秋の彼岸入り
  •  2017年9月20日(水)曇りのち晴れ 用事を済ませてから、彼岸花を撮ろうと一畑電車沿線を歩いてみた。 本当なら三江線沿線でと思っていたけど、時刻表とにらめっこして出かけるのをあきらめた。 場数が多かったら、そういう場所がすぐ把握できて、失敗の少ない撮影ができたのでしょうが、正直行くだけ損になりそうになったので止めました。 昨日からどうもPM2.5の関係で終日霞んでいた出雲が昼を過ぎると晴れて、だんだん空 [続きを読む]
  • 秋の踏切
  •  2017年9月15日(金)晴れ 朝晩がとても冷えるようになり、夏とは違って身体のコンディションを整えることが難しい季節です。 ただ、朝晩が冷えるためか空が澄んで、夕日が沈む際も燃えるように紅くなる。 1分1分に印象も変化する。日によってはそれを見るとなぜか涙腺が緩んだり、疲れた体にさらに力が抜かれていくような、でも元気をもらえるような複雑な気持ちを抱いてしまいます。9月って気持ちが揺らぐ季節だなとつくづく [続きを読む]
  • 稲藁の香りを感じる季節
  •  2017年9月8日(金)晴れ 8月の下旬から各地で稲刈りが行われ、稲刈りが終わった田んぼのある場所を歩けば、独特の暖かみを帯びた甘い香りが漂う。 特に夕方になるとその香りで気分がおかしくなる。そして、夜になると空気が冷えて、それに合わせてがその香りが感じられなくなっていく。 今日は時間に余裕があれば、三江線で夕方にそうゆう景色を撮りたい気持ちもあったけど、列車の数も限られるうえ、よほど予習しないと実行 [続きを読む]
  • まつえ美人撮影会〜夏の浴衣撮影会 その2〜
  •  前回のブログのお話の続きです。 後半は杏莉さんをお願いして、森の小道を歩きながら、木漏れ日と傘を利用して撮影を始めました。 杏莉さんは4月の玉造温泉での撮影会で撮影させていただいたので、少し楽な気持ちで撮れるかなと思っておりました。 しかし、スタッフ様の感性によるところもあると思いますが、数か月で大人びた雰囲気に変わり少し戸惑いも感じました。SNSで彼女のご活躍を拝見しておりましたが、実際にお会いし [続きを読む]
  • まつえ美人撮影会〜夏の浴衣撮影会 その1〜
  •  2017年8月29日(日) 晴れ 残暑を理由にまだ暑い日が続くけど、時々吹く涼しい風に癒される。 今日は写真友だちのお誘いで、まつえ美人撮影会へ参加しました。 松江城の中にある松江城山稲荷神社が今回の撮影舞台でした。 松江城は何度か訪れてますが、神社の中に入るのは初めてで、大小関わらずたくさんの狐に見られているそんな印象を感じました。 高い杉の木や竹に囲まれていたことには感謝です。強い日差しに怯える負 [続きを読む]
  • 大山の頂に雲がかかる
  •  2017年8月20日(月)晴れのち曇り 久しぶりに鳥取県に来た。お盆までいろんなことで1日を通して休むことができなかったから、思いっきり車を運転してみました。 最終目的地を植田正治写真美術館に設定して、大山環状道路を1周しました。実は、大山の東にある船上山や奥大山は今回初めて通ります。 カーブが多くかつ高低差が激しく、時々見える日本海やその近くにそびえたつ風車が不思議な涼しさを感じる。 そんな中マウンテ [続きを読む]
  • 稲佐の浜から三瓶山を望む晩夏
  •  2017年8月17日(木) 曇り時々晴れ お盆が終わりましたが、どうも世間ではお盆休みをずらして取得されている方がいるのでしょうか? 出雲大社周辺は祝日並みに人が多くて、そのあと訪れた稲佐の浜、キララ多伎も人が多かった。特にキララ多伎は車を止める場所を探すのに苦労した。 先週のはじめからお盆にかけて気温が低くて、まるで9月中旬を感じる毎日でしたが、昨日ぐらいからまた暑くなってきました。 暑いのは苦手です [続きを読む]
  • 日沈むころの江の川
  •  前回のブログの話の続きです。暑い日か続き、建物にいても、車の中にいてもエアコンなしでは生きていけない状況です。 現在は、曇り空で雨が降ってもおかしくない、なんかホッとして、先日三江線の気動車に乗車した際に撮影した写真を整理していました。 この日もとても暑く、石見川本駅で列車に乗ってすぐエアコンの吹き出し口の前に手を挙げて、心身を落ち着かせていました。 石見川本駅から、粕淵駅、浜原駅、宇都井駅を通 [続きを読む]
  • JR三江線浜原駅を過ぎるころに
  •   2017年7月20日(木)晴れ  梅雨明け宣言の翌日の平日の昼、国道9号線を西へ進み、途中大森銀山を経由してJR石見川本駅を目指して運転していました。 窓を開けると熱と水気を帯びた風が車内へ入りすぐ窓を閉めた。時々そういうことを繰り返した。 山間に入っても暑いことに変わりがなかった。 だけど、日陰へ入ると熱い風が涼しく感じる。気持ちの良いものです。それも夏の楽しみの一つかもしれないです。 石見川本駅から [続きを読む]
  • 列車から紫陽花を撮る。
  •  前回のブログの続きです。 江津駅から石見川本駅までの沿線で紫陽花を発見して、それまで動いている列車をバックに撮ることがほとんどだったから、一度走る車内から紫陽花を撮ることを試みた。 正直言って難しいことでした。走行中のピント合わせもさることですが、被写体が小さくて紫陽花を主役にすることが難しい。 それに色の薄い紫陽花が多いために、日差しの強さで印象が左右されることも、、、 撮るならば朝か夕方に撮 [続きを読む]
  • JR三江線石見川本駅へ降りる
  • 前回のブログのお話の続きです。 JR江津駅の駅員さんから臨時駐車場の場所を教えて頂きまして、そこへ車を止めて石見川本駅までの往復切符を買い、3番線に停車中のキハ120系気動車三次行に乗りました。 石見川本駅までのほとんどが時速30キロ制限のため、江の川を主にゆっくりと車窓を楽しむことができた。 江の川を穏やかに流れる水、山や空が反射する光景に、キハ120系気動車独特の乗車扉の窓から見える風景に恐怖を抱きまし [続きを読む]
  • 夏の休日にJR三江線を堪能する
  •  2017年7月16日(日) 晴れ 暑い日差し、熱風の昼 7月の3連休の中日、涼しい朝を迎えたけど、しばらくすると目にも衝撃を与える太陽光線に気力を奪われそうな、でもそれに抗いたいような、負けたくないような、 だけど、エアコンのある場所、コーヒー、日焼け止めなしでは活動できない自分が、つくづく精神的に弱い人間であると情けなく感じる。 つまらない思いを抱きながら国道9号線を西へ進み、途中浅利の道の駅で休憩を取 [続きを読む]
  • 紫陽花に彩られたJR三江線
  •   前回のブログのお話の続きです。 因原にある道の駅ですこし休憩してから、三江線沿線に沿って、鹿賀駅、石見川越駅の順に駅をめぐりながら江津へ向けて運転していました。 9割が細い道で対向車のことを気にしながらも、時々見える江の川の景色に魅了されました。 地元で見る斐伊川と比べて、やはり川幅が広く、周りの景色の映り込みがきれいで、時間により季節により色々楽しめそうと感じました。 また、因原にいた際に、 [続きを読む]
  • リバーサイドの駅に紫陽花
  •  2017年7月11日(火)曇り時々小雨 三江線で紫陽花を撮りたくて、2年前に撮影した木路原駅を目指して運転しました。 時々フロントガラスに付着する雨粒に雨が降るかと期待すれば、強いヒカリが入って車内が熱くなり、また曇り出して小雨が降る。 梅雨らしい天気だけど、どっちかにしてほしいものです。 第一目的地木路原駅に着きました。しかし、ホームに紫陽花がなかったので、こちらはあきらめて、因原、石見川越の順で沿線 [続きを読む]
  • 青い紫陽花
  •  2017年7月7日 七夕(金)晴れ この季節独特の忙しさで自由の時間を得ることが難しい毎日です。 耳や目に入る情報、時々外を見ると写真を撮りに出かけたいと思いますが、投げ出すわけにいかないです。 夕方、仕事にキリを付けて、一畑電車沿線へ出かけました。 紫陽花の存在にも大分慣れてきましたが、一畑電車と組み合わせたものを撮りたい気持ちは色褪せず、とある駅へ向かいました。 その場所にあったのは、青い紫陽花で [続きを読む]
  • 夏至を過ぎた夕方
  •  2017年6月28日(水)曇り時々晴れ 雨の天気が少ないこの頃、なかなか紫陽花の花を撮る気分になれない状況が続いてます。 やっと降ったと思えば、数分後に止んでしまい、がっかりすることも。 このまま、あまり雨の降らないまま梅雨明けしてしまうのかと気に掛かっています。 今日も曇天模様のわりに、結構暑くて、車のドアを開けると車内がドライサウナのような状態でした。 それでも雨が降った後の夕方は、西の空が真っ赤 [続きを読む]