酒蔵日記 畑酒造有限会社 さん プロフィール

  •  
酒蔵日記 畑酒造有限会社さん: 酒蔵日記 畑酒造有限会社
ハンドル名酒蔵日記 畑酒造有限会社 さん
ブログタイトル酒蔵日記 畑酒造有限会社
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/20150304
サイト紹介文滋賀県東近江市(旧八日市) 永源寺に続く八風街道沿い。  清酒 『喜量能』 『大治郎』 醸造元
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/04/13 13:38

酒蔵日記 畑酒造有限会社 さんのブログ記事

  • 肌寒い日には
  • 益々、お燗酒が美味しい季節となりました。お酒のご紹介です。銘柄 喜量能きりょうよし先代から続く、大治郎ブランドの前の銘柄になります酒米等級検査で、等級の付かなかった酒米(純米と名乗れない)で醸した醸造アルコールを添加していない純米醸造の「上撰」酒米と麹米、お水で醸したお酒ゆったりいつまで〜も、お楽しみいただけます。55℃〜60℃、こちらは是非!! お燗酒で(*^^*)銘柄の由来量(はかり)が能(よい [続きを読む]
  • 稲刈り後の籾は…その2
  • 10月11日(水)この日は「酒米等級検査」でした先日、籾摺りが終わり米袋に詰められた酒米「吟吹雪」「玉栄」JA倉庫にて、職員のみなさま、検査員のかた契約農家さん、立ち合いの元、検査が行われました。自社田「吟吹雪」、今年は…2等(/ω\)検査員の方曰く、「質はいいので1等に近い、2等」ご承諾を頂き、写真を撮らせて頂きました。玄米を取り出す所を撮り忘れ…??左手に持たれたカルトンに、玄米を取り出し検査されます [続きを読む]
  • 朝市のお知らせです
  •  浜大津こだわり朝市 が今週、10月15日(日)に開催されます。毎週第3日曜日に開催される朝市。今月は「大治郎」お酒屋さんと日本酒ブースにて、社長とお待ちしております(*^^*)是非、お立ち寄りください朝8時〜お昼前 まで出品酒のお酒選びの様子浜大津こだわり朝市とは [続きを読む]
  • 酒米「山田錦」の稲刈り
  • 10月10日(火)この日は、契約農家さんの稲刈り日蔵から車で、5、6分程の所にある田んぼを見せて頂きました。コンバインに乗る蔵人、山田さんこちらも、コンバインに乗る蔵人、遠藤さん。どちらも酒米「山田錦」です。酒米「渡船六号」の稲刈りは、もう少し先。酒米によって、育て方も収穫日も異なります「この酒米が、お酒に変わっていくのですね」蔵人さんの言葉大切に育てられた酒米で、大事に大事に、お酒を醸していきま [続きを読む]
  • ありがとうございました 2017滋賀県地酒の祭典
  • 台風直撃!! という年もありましたが、今年はいいお天気の中、10月9日(月・祝)第11回 滋賀地酒の祭典 が開催されました。13時の開宴から、アッという間の17時。多くの皆様にご来場頂き、大変感謝の気持ちでいっぱいです。今年の出品酒はこちらです。生酒 8種類火入れ 5種類飾りの酒米は「渡船六号」前日、駐車場ミニ田圃から刈り取りました用意していた試飲のお酒の内、・純米大吟醸生酒・山廃純米生酒・山廃純米火 [続きを読む]
  • 稲刈り後の籾は…
  • 9月29,30 日に刈った籾モミは、その日の内に、乾燥機にかけました刈ったばかりの籾には、およそ20%の水分が含まれています。乾燥機にかけ、水分量を落としていきます。乾燥が終わると(だいたい1晩かかります)次は、籾の籾すり(籾殻を取り除くこと)玄米にしていきます。その時に、入れる袋がこちら 米袋 袋をJAさんに注文し、必要事項を記入。10月5日(木)社長は酒米「吟吹雪」の「もみすり」に、ご近所の農家 [続きを読む]
  • 季節を感じながら
  • 蔵の中の気温も、8月末に比べて、10℃も下がった今日。いつもの様にラベル貼り作業です作業場から見える景色が好きで、季節によって変わっていく「太郎坊山」を眺めながら、作業しています。光の挿しているのが、その窓濃い緑から、だんだん秋色に11月末には太郎坊山も、紅葉で色付きます。今日から、契約農家さん「呑百笑の会」田圃の稲刈りも始まりました。夏は、酒米作りをしている蔵人、遠藤さん。山田さんも。稲刈りの [続きを読む]
  • 日本酒で乾杯 〜滋賀地酒の祭典〜
  • さて、私が京都にいた日、社長は滋賀でした☆滋賀県きき酒王選手権☆みんなで選ぶ滋賀の地酒県内33蔵元のお酒を、純米の部・純米吟醸の部・純米大吟醸の部…etc部門ごとに、ラベルを隠して利いていきます。私も、何年か続けて参加したことがありますが、なかなか難しいですし、面白い発見が沢山あります。「10000人で乾杯プロジェクト」では、琵琶湖ホテルをメイン会場として、県内各地の料理屋様にて、午後7 [続きを読む]
  • 日本酒で乾杯 〜松尾大社〜
  • 10月1日「日本酒の日」は全国各地で日本酒で乾杯!! が行われました。昨年に続き、私は京都にありますお酒の神様「松尾大社」さまにて 19時ちょうどに、 乾杯〜!!乾杯の後は、昨年も出演されましたNAZUNA の三味線演奏が始まりました(*^^*)写真があまり撮れず…(お酒も)お酒屋さんに、送信頂いたものや、昨年の写真をアップしています。この日のお酒は、☆大治郎・純米吟醸生酒 酒米「山田錦」☆大治郎・きもと純米生酒 [続きを読む]
  • 19歳の酒〜第6期〜稲刈り
  • 9月30日(土)「19歳の酒」第6期〜稲刈り〜予定していたより、遅れての開催となりました。稲刈りの場合、日程決めは、稲穂次第なのです…涙2日前,雨が降りましたが、田圃のぬかるみもありませんでした。田植えに続き、なかなかハードな作業なのですが。みなさん早い!! どんどん、稲刈りが進んでいきましたみなさん、しゃがんでいます。飛びぬけて、進んでいるのは、男子チーム 早っ!!根の方は、少し乾燥していますので、鎌で切っ [続きを読む]
  • ついに稲刈り!! 黄金に輝く秋
  • 9月29日(金)酒米「吟吹雪」ついに、稲刈り日を迎えました5月に田植えをした田んぼ。少量とはいえ、今季から更に2反増えたことで、社長も夏場の草刈、夜中の水管理の見回りも気張りました!!年々、年齢も重ね疲労が、すぐ取れませんが…??お疲れ様でした田圃をぐるりと輪を描きながら、鷹も見守りに来てくれました翌日は、「19歳の酒」稲刈りです [続きを読む]
  • 2018年、燗酒劇場の準備始まりました
  • 9月27日は(水)は、仕事終わりに奈良へ来年、2018年度「末広会・燗酒劇場」の打ち合わせ会議でした。次回お顔を合わせられるのが、お酒造りがひと段落した、4月or5月です間もなくお酒造りが始まる蔵元さんもあります当蔵は、28日.農家さんJAさんと全田圃の巡回圃場調査そして、いよいよ今日明日、29,30日は、酒米「吟吹雪」の稲刈りですこれから準備のお買い物へ、行って来ま〜す [続きを読む]
  • 少しずつ
  • 少しずつ、お酒造りに向けて蔵の掃除も始まっています。この日は、ラベル貼りなどの作業場作業台・棚・レジ・お酒etc…隣の蔵に移動して、床洗い当蔵の場合、蔵人が蔵に入られるのは、11月〜それまでは、自分たちで準備を始めていきます。ここは今期、大きく改装した藪田蔵まだ、工事も終わっていないので、掃除は最後かなぁ〜。覚悟していた、翌日の筋肉痛も今のところ無く仕事終わりの楽しみ、どれだけ食べても、飽き [続きを読む]
  • 9月17,18日
  • 書くのが追いつかず…??1週間前…。9月17日(日)京都にあります「楽庵」さまにて、お酒の会でした。四条通りから、少し入った所にあり、日本酒も豊富大将の娘さんも、お店のお手伝いに入られていて、素敵なお店です?みなさま、ありがとうございました(^-^)近江鉄道、台風の為、いつもより2時間早く終電に??「そんな〜。」でも、ぎりぎり間に合いました9月18日(月・祝)日本酒LOVERS 神戸今年は、全国から45 [続きを読む]
  • 台風後の田圃
  • 9月19日(火)自社田と、契約農家さんの田圃を見に行って来ました。契約農家さん・酒米「山田錦」契約農家さん・酒米「渡船六号」自社田・酒米「吟吹雪」19歳の酒プロジェクト手で、苗を植えるのは難易度が高く少し、間が空いたり、逆に密集し過ぎて植えると、倒伏までは行きませんが、おっとっと…。19歳の皆さん手作りの、案山子それでも、案山子さんは、頑張って踏ん張っています。身体を張って少し、青い [続きを読む]
  • 読書の秋
  • 前回のブログに書きました、おやっさん、谷内博 杜氏と同じく石川県珠洲の能登杜氏農口尚彦 杜氏の魂の酒・酒造りの道・杜氏として・商売道・酒造り・杜氏になってから修業が始まった・酒への想い・新たな道〜お酒造りの人生が詰まっています。おやっさん、谷内博杜氏と重ね、現杜氏である、主人と重ねもう一度、読み直しております。他にも、こちら [続きを読む]
  • おやっさん
  • 「おやっさんに逢いに」石川県850?の旅1日目に、能登半島杜氏の里「珠洲市」へー見附島ー現社長(大治郎)が杜氏となる前、当蔵にお酒造りに来てくださっていた谷内博 杜氏おやっさん(杜氏のことを"おやっさん”と呼びます)に、ご挨拶へ行ってまいりました。大阪から蔵に戻った主人が、蔵人として、蔵に入り、およそ、10年。お酒造りを教わった師匠であります。今と違って、当時は、同じく能登から、おやっさんと [続きを読む]
  • 850?の旅・金沢 〜珠洲・輪島〜
  • 朝、6時に滋賀を出発 石川県へ行って来ました850?の旅です動く車内から何とか、撮影した標識看板 金沢市内からおよそ、2時間珠洲市 ー見附島ー私には初めての訪問です。珠洲市での事は、改めて書きたいと思います輪島に戻り、あまり時間もないことから、お昼は、初!! ゴーゴーカレー う〜ん、濃厚で癖になる味白藤酒造さまへお世話になりました m(__)m同じく輪島。ハイディワイナリーさま海を見下ろせる丘の上にあり [続きを読む]
  • 滋賀渡船六号 「駐車場ミニ田圃」
  • 駐車場に「酒米4品種」現在、全ての酒米が出穂しました(*^。^*)左から、「滋賀渡船六号」「山田錦」「玉栄」「吟吹雪」こうして比べてみますと、「滋賀渡船六号」が、どれほど背丈が高いのか、よくわかります(^^♪こちらは、酒米「吟吹雪」8月半ばの様子昨年より、出穂が遅め今は、稲穂も垂れ始めています。こちらは、酒米「山田錦」9月10日の様子こちらは、酒米「滋賀渡船六号」9月10日他の品種と、目に見えて違うところシ [続きを読む]
  • 燗酒劇場2017
  • ありがとうございました!!関西末広会 燗酒劇場 in大阪9月3日(日)は、およそ300名の皆様が、ご参加くださいました。今年の会場は大阪 太閤園ご参加頂きました、皆様誠にありがとうございました m(__)m秋鹿酒造様デザインの、平盃お酒屋さんによるパンフレット1年越しの打ち合わせ試食も重ね尾瀬あきら先生この日を迎えました ーお酒屋さん、手書きの看板ー前田アナウンサー、ありが [続きを読む]
  • もう、9月!!
  • 朝晩、涼しくなりました。季節の変わり目、皆様も、お身体にお気を付けくださいね(*^^)ここ数日は、毎日のように瓶洗いそして、田圃のあぜ道の草を刈って刈って刈って(社長)洗って洗って上半身を使う、ラベル貼りと違い、背伸びしたり!かがんだり!!身体をひねったり!!!少しは痩せてもいいのになぁ… 涙ラベル貼り作業もあるので、1日で洗う本数は1,000本くらい(瓶の大きさによって違いますが)この瓶洗いが楽しくて、他 [続きを読む]
  • お酒の会in 神戸
  • ご近所の田圃では、稲刈りが終ったところもあり、秋の香りがし始めています。少し涼く過ごしやすかった 8月27日(日)は、神戸にてお酒の会でした(^-^)3ヶ月振りの神戸燗℃良好 29℃で、ブースのお手伝いをいただきました「いたぎ家」さまご兄弟でお店を切り盛り。お店の食材には、和歌山県のご両親が栽培されている無農薬野菜を使われています。お店が休みの日には、和歌山まで、ご両親の元を尋ねられているのです   [続きを読む]
  • 10月・イベントのお知らせ
  • 8月21日(月)この日は、関西末広「燗酒劇場」の打ち合わせで、大阪梅田へ。本番まで、2週間後に控え最後の打ち合わせとなりました。18,20,22日と出張続きの社長に替わり私が参加させていただきました。10年以上、開催させて頂いる燗酒会ですが、打ち合わせも毎回、真剣。仕事終わりに何度も集まり、蔵元さんも熱いそして楽しく話し合いが行われます(*^。^*)この情熱が、9月3日(日)の本番!!お越し下さった皆様にも届きますよう [続きを読む]
  • 酒米の成長「出穂」しました!!
  • 自社田の酒米「吟吹雪」稲穂が出始めました(*^^*)出穂(しゅっすい)葉色もよく、栄養分もたっぷり「呑百笑の会」契約農家、kさんのお話によりますと、この「吟吹雪」出穂するまでに、葉色が少しでも落ちると、収量にも影響があるとのこと。それまでの、水管理も重要な工程なんです              ー契約農家さん・JA職員さんと共にー  毎年、定期的に すべての田圃の圃場調査を行っています秋には立 [続きを読む]
  • 夏が来れば思い出す
  • 8月15日(火)滋賀で、送り火を無事に終え、お昼から、奈良へ行って来ました。東大寺「万燈供養会」へ主人と私の両親と元旦と、8月15日。1年に2度だけ(大仏様のお顔のところ)「観相窓」が開扉されるのです東大寺の周りには、多くの灯篭僧侶の方々の、お経の唱和がお寺中に広がり、何とも幽玄な世界。掌を前に、上げられている右手には、「何も恐れることはない」という意味があるそうお寺全体の迫力に、圧倒されましたが、お [続きを読む]