taka1 さん プロフィール

  •  
taka1さん: Tongue twister の闘病記
ハンドル名taka1 さん
ブログタイトルTongue twister の闘病記
ブログURLhttps://tonguetwister.muragon.com/
サイト紹介文舌癌StageⅣの診断、そして2度の大手術。それがよくもまあこんなに元気になったもんだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2016/01/03 22:18

taka1 さんのブログ記事

  • 低値安定 : 687
  • 8月16日(木)曇時々雨  退院して1090日 / 手術から1172日 日が差していたかと思っていたら急に暗くなって降り始め、 止んだと思ったらまた日が差し、 そしてまた暗くなって激しく降り始め、、、。 そんな繰り返し。 規模の小さいゲリラ豪雨みたいなもんだ。 気温は30度いくかいかないかの低めなんだけど、 そんなだから畳やフローリングが湿気でベタついて気持ち悪い。 相変わらず心身ともにスッキリせ [続きを読む]
  • 不定愁訴? : 686
  • 8月15日(水)雨  退院して1089日 / 手術から1171日 九州の北に抜けた台風の影響なのか、 朝からよく降る。 こんなにまとまった雨は先の豪雨のとき以来か。 庭の草木が喜びそうだ。 ここさいきんなんだか体がしゃきっとしない。 食欲はなくもないし体重も落ちていない。 酒はうまいし毎日飲みたい。 夏バテもしていないし。 今までの人生でそんな経験したことがない。 なんか心身ともに力が入いらん。 [続きを読む]
  • 遠雷 : 685
  • 8月13日(月)晴後曇  退院して1087日 / 手術から1169日 お盆。 見慣れない県外ナンバーの車が時折通り過ぎる。 行き交う人の様子もどこかいつもと違って見える。 盆と暮れ。 年に二度、田舎が少しだけ華やぐ数日間だ。 昼過ぎから遠雷がにぎやかだが、 冷たいものはなかなか落ちてこない。 風が木立を揺らし始めた。 山はすっかり雨雲の中だ。   臆病者のプーが、 まん丸な目をして 体を震わせなが [続きを読む]
  • 祈る : 684
  • 8月10日(金)曇時々晴  退院して1084日 / 手術から1166日 ああ、やっとやっとのお盆休みだ。 これからの1週間ほどをどう有意義に過ごそうか。 あーすりゃよかった、こうもすればよかったと、 毎年毎年、終わってから後悔ばかり。 その辺の状況は、 小中学生の頃とまったく変わっちゃいないのが情けない。 ギターを少しまじめに練習し、出来たら新曲にも挑戦してみたい。 近場でいいので、ちょっと観光み [続きを読む]
  • いちばん回復したのは : 683
  • 8月9日(木)曇  退院して1083日 / 手術から1165日 久しぶりの朝から曇り空。 暑さも一段落だ。 過ぎゆく夏を惜しむかのように 大量の蝉の声が絶え間なく耳に突き刺さるようだった。 芭蕉は蝉の声を、 「岩にしみいる」と心静かに詠んだが、 「耳に突き刺さる」と嘆く自分とはえらい違いだ。 ここ数日、 ちょっと熱心にギターを弾いている。 『M』と唱歌の『ふるさと』の2曲。 どれだけ練習したら、 [続きを読む]
  • ああ、そうなのだった : 682
  • 8月8日(水)晴  退院して1082日 / 手術から1164日 昨日までの猛暑は少し影を潜め、今日は幾分しのぎやすい。 アスファルト上のとろけるような熱気が 昨日までのものとは明らかに違う。 海風が午前中、心地よかった。 関東東北の方、台風13号の被害がなければいいが。 はるか南の海上では14号も発生したとか。 もうこんな悲惨な天候が、 これからは日本の普通になっていくのだろうな。 ニュースで高校 [続きを読む]
  • なつかしの校則違反 : 681
  • 8月7日(火)晴  退院して1081日 / 手術から1163日 ふと思いついて 昔弾いていた曲を弾いてみる。 当然うろ覚えなので 適当に弾いたり楽譜見たりだからスムーズには弾けない。 けど、懐かしいね。 特に “太陽がいっぱい” この映画を初めて観たのは坊主頭の中学生の時だった。 邦楽より洋楽、邦画より洋画。 ちょうど洋モノにかぶれ始めた頃だ。 アランドロンの出世作。 『禁じられた遊び』でも知られ [続きを読む]
  • 初体験 : 680
  • 8月5日(日)晴  退院して1079日 / 手術から1161日 猛暑の中この土日は、 お家のことでよく動いた。 車の洗車とワックスがけ。 家の外壁の ひび割れしている部分へのコーキング補修。 庭の木蓮ややまももなどの剪定。 どれも猛暑の中での作業で、 終わったらもうヘロヘロ。 特に今日の外壁補修後の庭木選定中に、 生まれて初めての危険な体験をした。 一瞬、ほんの一瞬、ぼおぅとして意識が飛びそうにな [続きを読む]
  • やっぱりダメだ : 679
  • 8月4日(土)晴  退院して1078日 / 手術から1160日 今日お昼に 本当に久しぶりにある場所へ行った。 以前から苦手な所だったけれど、 やっぱり駄目だった。 落ち着かない。 ついついイラついてしまう。 その場所というのは、 ファミレス。 昔に比べて味は格段によくなったし、値段も安い。 でも、食事するときにうるさいのは嫌いだ。 落ち着いた雰囲気の中でごはんを食べる。 そのことを最優先したいと [続きを読む]
  • 罪深き人間 : 678
  • 8月3日(金)晴  退院して1077日 / 手術から1159日 日中は連日酷暑だが、 夜寝床に入る頃になると 扇風機回しとけばそう寝苦しくなく寝られる。 どちらかというとエアコンより快適なくらい。 都会は街そのものが放熱と蓄熱を際限なく繰り返しているから 温度がいつまでも下がらない。 田舎暮らしでよかったとつくづく思われることのひとつだ。 前回のブログで、 英語で「寛解」は remission [続きを読む]
  • 赦し : 677
  • 8月1日(水)晴  退院して1075日 / 手術から1157日 葉月。 小さい頃からずっと夏が好きだった。 この季節は 海や山が身近に感じられて、 何か楽しいことが起こりそうな予感を抱かせてくれる。 2度目の手術から1157日、3年と2ヶ月が過ぎた。 ということは5年寛解まであと1年10ヶ月。 えっ? 1年10ヶ月? 改めて数字にしてみると、 その残りの少なさとともにこれまでの来し方が思われて感慨 [続きを読む]
  • 最後の : 676
  • 7月31日(火)晴時々曇  退院して1074日 / 手術から1156日 車のタイヤを交換した。 まだ4,5千キロは走れそうなくらい山は残っているのだけど、 サイドウォールにひび割れ等の劣化があったので。 18インチともなると値段もなかなか、、、。 だがこの車ではもうこれが最後の交換かなと思うと、 少しさびしくなったりもする。 次の車は何になるかな。 経済的なことを考えるとハ [続きを読む]
  • 初めてのお買い物 : 675
  • 7月30日(月)晴時々曇  退院して1073日 / 手術から1155日 普段着としての帽子を、 人生で初めて買った。 アマゾンで麦わらぼーしを注文した。 頭の外周を 苦労しながら巻き尺で何度も図り直すなど、抜かりはない。 ただその姿は、 我ながらなかなか情けなかった。 中学生の時は野球部だったので、 帽子を被るのはその時以来だ。 理由は簡単明瞭。 自分には似合わんと、ずっと思い続けてきたから。 で [続きを読む]
  • 変な方から : 674
  • 7月28日(土)花曇り  退院して1071日 / 手術から1153日 今日は終日曇りがちで 連日の暴力的な暑さはなかった。 台風12号が、 これまでの記憶にないような変な進路をとって接近しつつある。 被災地の皆さんに もうこれ以上の苦しみを与えることになりませんように。            向日葵たちも あまりの暑さにしおれ気味で元気がない。 明日は台風接近できっと1日中雨。 わざわ [続きを読む]
  • ワンセット : 673
  • 7月27日(金)晴  退院して1070日 / 手術から1152日 今でこそその量はかなり減ったが、 若いときからけっこうな読書好きだった。 敬愛する椎名誠さんの著作だけでも、少なくとも170冊はあるだろう。 今まで読んだ中で、 その冒頭部分に囚われていつまでも忘れられないものがいくつかある。 その中でも特に印象深いのが、 「木曽路はすべて山の中である。  あるところは岨(ソバ)づたいに行く崖の道で [続きを読む]
  • 今も忘れない : 672
  • 7月26日(木)晴  退院して1069日 / 手術から1151日 3年前の今日、 その2日前に行った嚥下検査の結果に気をよくして、 病院のローソンでこっそり “サクランボ佐藤錦&カルピス” を買い、 こそこそ隠しながら病室に戻り、 そしてはらはらドキドキしながら飲もうとした。 嚥下検査の結果がよかったとはいえ、 まだ口からの飲食は始まっていないし許可も出ていない。 2ヶ月ぶりの口からの飲み物。 最 [続きを読む]
  • そー決まっているのだ : 671
  • 7月25日(水)晴  退院して1068日 / 手術から1150日 ふるさとの山に向かひて言うことなし  ふるさとの山は ありがたきかな 夏の山。 濃い緑が目にも鮮やかだ。 見上げていると自然と心が落ち着く。 海を見ているとやたらさみしくなってしまうことが多いが、 山にはそれがない。 泰然自若としたその姿にただただ頭を垂れるのみ。 我がふるさとでは、 南に山々がそびえ北に海。 そのことが幼い頃から頭 [続きを読む]
  • 大いに裏切ってます : 670
  • 7月24日(火)晴  退院して1067日 / 手術から1149日 こどもの頃は、 気温が30度を超えるとこりゃ暑くてたまらん、 光化学スモッグ注意報が出て危険だなどと大騒ぎしてたもんだが、 今じゃそんなの当たり前。 35度を超えないと話題にもならない。 この数十年で、確実に5度は上昇している感じだ。 3年前の今日は2回目の手術から54日目。 口からの飲食に向けてX線を用いての嚥下検査があった [続きを読む]
  • ステレオタイプ : 669
  • 7月23日(月)晴  退院して1066日 / 手術から1148日 夕刻、 西の空よりも、その反対側の東の空がきれいに染まるときがある。 地球影(ちきゅうえい)といって東側も焼けるのだ。       見慣れた西の空の夕焼けよりも 東の地球影の方が、やさしく穏やかな表情を見せることが多いが、 今日はけっこう派手に焼けたようだ。 固定観念に囚われて同じ方 [続きを読む]
  • もうええのです、そんなこたぁ : 668
  • 7月22日(日)晴  退院して1065日 / 手術から1147日      ベロをチョッキンしてできなくなったこと。 口笛を吹くこと。 舌打ちすること。 あっかんべー。 そしてもうひとつ。 スイカのタネをうまく吹き出すこと。 でももうそんなことは まったくどうでもええのです。 生きとりますけん。 お船に [続きを読む]
  • まだこんなはずじゃ、、、: 667
  • 7月20日(金)晴  退院して1063日 / 手術から1145日 若いときは 常に何かを探していたり、 普通であることに疑問を抱いたりしていた。 そして 「ここでないどこか」 を常に求めていた。 だが 世の中に揉まれ ある程度の歳になると、 そんな場所などはどこにもないことを ふとある時知るのだ。 甘っちょろい言葉でいうと 『自分探し』 みたいなことなのか・・・。 でもねえ、人生の先が見えてきたこ [続きを読む]
  • ありがたい : 666
  • 7月19日(木)晴  退院して1062日 / 手術から1144日 体温を超える「命に関わる危険な暑さ」が続いている。 先の水害もあり今年ばかりは 大好きな夏がやってきた! なんてとぼけた顔して言っとる場合ではない。 もうすぐ術後3年と2ヶ月が大過なく過ぎようとしている。 そして診察は術後3年を超えて、 ようやく3ヶ月の間隔が空くようになった。 それはそれで喜ぶべきことなんだろうけれど、 3ヶ月も病 [続きを読む]
  • わしも考えたい : 665
  • 7月18日(水)晴  退院して1061日 / 手術から1143日 大雨の後、 猛暑日に迫ろうかという厳しい暑さ が連日続いている。 被災地での先の見えない苦労が思いやられる。 『インドでわしも考えた』という本がある。 我が敬愛する作家、椎名誠さんの作品だ。 その本の内容とはまったく関連がないが、 最近わしも 「海辺でアレコレ考えたい」 とよく思う。 できれば人っ子ひとりいない海辺でビールなど飲みな [続きを読む]
  • まあまあまじめで几帳面 : 664
  • 7月15日(金)晴  退院して1058日 / 手術から1140日 毎週日曜に 求人広告のチラシが新聞にはさまれる。 それらを心待ちにするでもないけれど、 真剣に目を通すようになってもうだいぶ久しい。 年齢的なこともあってなかなか難しいが、 ひとつ気になっているところがある。 でもそこ、ずっと毎週募集しているのが不安。 よっぽど仕事がきついかなんかで 離職率が高いということなのか。 大病してちゃんと [続きを読む]
  • 冷酷な : 663
  • 7月13日(金)晴  退院して1056日 / 手術から1138日 水害の後は決まって猛暑。 この3連休はますます気温が上がるだなんてそんな。 県内にも悲惨な状況の場所があるというのに、 そんなこと知らぬといわんばかりの この天気はどうだ。           自然とは、 ありがたくも そしてかくも冷酷なものだな。 郷土の誇り、 霊峰、石鎚にも被災者救済の祈りを込めて。 [続きを読む]