風とみどりに戯れて!  さん プロフィール

  •  
風とみどりに戯れて! さん: 風とみどりに戯れて! 
ハンドル名風とみどりに戯れて!  さん
ブログタイトル風とみどりに戯れて! 
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vividmiyuna
サイト紹介文田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/06/03 14:55

風とみどりに戯れて!  さんのブログ記事

  • ミョウガで夏バテ飛ばそう
  • 異常な暑さに食欲がなくなってしまう日々。ミョウガで夏バテ飛ばすメニューです。「ミョウガのチャーハン」、ベーコン、玉ねぎ、万願寺トウガラシ、最後にミョウガを散らせると、爽やかな夏香るチャーハンです。「冷やっこにミョウガの酢味噌あえ」箸休めは「ミョウガの甘酢漬け」うっすらピンクが可愛い。今年はミョウガも夏バテ気味、でも、少量でもピリリとミョウガの効果は抜群。食欲増進、夏バテが飛んじゃう献立です。 [続きを読む]
  • FIFAワールドカップ、ジダンのいた日
  • 2018 FIFAワールドカップ、フランスの優勝で幕を閉じました。ワールドカップ、フランスで思い出したのは12年前のこと。ジネディーヌ・ジダン彼は2006年7月のドイツでのワールドカップを最後に引退しました。決勝戦で一点のゴールを決めたジダンですが、ゲーム中の頭突きでレッドカード退場、PK戦でフランスは準優勝、優勝はイタリアでした。この決勝戦がジダンのキャリア最後のゲームとなりました。この写真はパリシ [続きを読む]
  • 向日葵、今日も暑いね
  • 朝から照り付ける太陽、今日も体温超えの厳しい暑さになりそうです。お日様避けて日陰を探す私と違って、ヒマワリはお日様に向かって笑っています。地区まちづくり協議会環境保全会の皆さんに育てていただいたヒマワリ、少し小ぶりで、鮮やかな黄色、花数が多いからいいですね。蕾がいっぱい、これからが見頃です。畑の上から見ると、みんなお日様に向かって・・・私もこの暑さに負けないで頑張ろう!「トマトは朝採りが甘くて美味 [続きを読む]
  • ローゼル、成長中
  • ローゼルが元気に育っています。可愛い蕾が見え始めています。昨年のローゼルは大きく伸びすぎたので、今年はマルチをしないで植えたら雑草がすごい。今からでも防草シートかけようかな。ポットに植え残した苗、小さな花が咲いていました。何だか愛おしくて、プランターに植え替えて様子を見ることにしました。 [続きを読む]
  • ルドベキアと蝶
  • ルドベキアのオレンジ、よく似た色の蝶はヒョウモン蝶の仲間?蝶も花も幸せそうな光景です。こちらはキタテハ、夢中で蜜を吸っています。可愛いひまわりのように明るい黄色は、夏の庭にお似合い、長く咲いてくれるのも嬉しいですね。でも、ルドベキアは元気な花で、増えすぎて困る花、庭の隅っこに追いやってしまいましたが、メインの花がなくなってしまったこの時期、貴重な存在になっています。 [続きを読む]
  • ハチドリに出会ったのは・・・
  • 昨日の国語の教科書「いろいろなくちばし」から、「ハチドリ」のことが気になっていました。日本には生息しない鳥、でも「どこかで出会ったことあるなぁ」と・・・そう!アメリカだ、ユタ州ザイオン国立公園、レストランの餌台に来たハチドリに出会ったのです。確か写真を撮ったはずだと探してみたら、古いアルバムにありました。小さい鳥、お花の蜜を吸っているような可愛い容器、アメリカでは渡り鳥ハチドリの為に、一般家庭でも [続きを読む]
  • グラジオラスとハチドリ
  • 見事に咲いてくれたグラジオラス、この花にちょっと嬉しいことが有りました。小学校の授業のお役に立たせていただいたのです。一年生の国語の教科書「いろいろなくちばし」にハチドリが登場します。鳥の中で一番小さいというハチドリ、ホバリングでグラジオラスの蜜を吸う写真が載っています。「子供たちにグラジオラスを見せて、ハチドリの大きさを感じて欲しい」と先生。我が家のグラジオラスが、一年生の教室で笑顔に囲まれまし [続きを読む]
  • 姫檜扇水仙
  • ヒメヒオウギスイセンが、鮮やかな朱色の花を咲かせています。グラジオラスに似た小さい花ヒオウギとは檜で作った扇のこと、葉の形状からついた名前でしょう。2年ほど前、川岸で流されそうな小さな株を見つけました。幼い頃から実家にいっぱい咲いていた懐かしい花です。拾ってきて畑の隅に植えたのですが、元気に増え続け・・・ちょっと困り者。隣りに植えたグラジオラスを任す勢いです。 [続きを読む]
  • 浴衣、雨の間にひと仕事
  • 7月、夏祭りの季節、浴衣が出来たよ。孫のMちゃんに「別おくみ仕立て」で作りました。通常、前身ごろの縫い代分から衿布をとるのですが、大人用浴衣の生地使いで、縫い代たっぷりの仕立てにしました。浴衣のような大きな模様は柄合わせがひと仕事。ああでもない、こうでもないと生地にマチ針を打って・・・縫い代が多いから、布端の柄がかくれてしまうしと、鋏を入れるまでの悩む時間のかかること。印をつけたら早いです、直線縫 [続きを読む]
  • ネジバナ
  • 甚大な被害を各地に引き起こした豪雨、TVに写される光景に胸が痛みます。この地域は雨は続いたものの、何とか無事に過ぎたようです。ネジバナ、小さな花は雨に負けず可憐な姿を見せてくれています。お隣りの小学校の庭、雑草の中にネジバナが咲いています。先週のこと、孫ちゃんと学校に遊びに行ってネジバナを見つけました。ピンクの可愛い花「採ってもいい?」と孫ちゃん。「ダメ、これから種をつけて増やしてくれるからこのま [続きを読む]
  • グラジオラス、雨が・・・
  • 連日の雨、時折強くなったり、止んでみたり・・・各地で災害が発生、今後の状況も気掛かりです。グラジオラスが雨に打たれて可愛そう。大きく見事な花にこの雨は・・・、倒れてしまった花、20本もありました。切り花に向きそうな花に思うのですが、開いてしまうのが早く、日持ちのしない花です。葉っぱは球根のために残しておくので、花瓶は花だけが溢れています。庭のグラジオラスは、時期をずらせて植えているのですが、今が最 [続きを読む]
  • スイカのトンネル
  • スイカのトンネルらしくなってきました。毎日雌花のチェック、ミツバチばあちゃんをしていますが、思うように結実をしてくれません。でも、なんとかトンネルの様相を見せてくれています。大きくなってきたものにはネットをかぶせて吊るしています。始めて授粉した6月25日の3個は全て失敗、翌26日、27日が成功、6個が順調に育っています。授粉後3日も経つと受粉した実は大きく育ち始めます。同じ27日のものですが、大小 [続きを読む]
  • 夏越祓(なごしのはらへ)
  • 「夏越祓」は1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に半年の罪や汚れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。「夏越の祓する人は 千とせの命延ぶといふなり」の歌を唱えながら、神主さんを先導に「茅の輪を」くぐります。「茅の輪」は、伊勢市二見町、蘇民の森のブログに書いたのですが、貧しい蘇民将来が神様(スサノオノミコト)に、一晩の宿を貸し手厚くもてなした時、スサノオノミコトから伝えられた、 「後の世に疫 [続きを読む]
  • キッズおしごと広場
  • みえこどもの城、みどりの中に輝いています。2日間、午前午後ともすごい行列、無料でおしごと体験ですもの、キッザニアに負けないよね。Nちゃんは今年も美容師さんの仕事体験、「ハートの三つ編み」を教えてもらいました。昨年覚えた「フィッシュボーン」すっかり自分のものにしています。防火衣の着用体験、「重くて暑いよぉ」「本物はもっと重いんだよ」と消防士のお兄さん。ホテルのお仕事、「ディナーの準備」です。ナイフや [続きを読む]
  • こんにゃく作りの体験
  • 2日目もみえこどもの城の「キッズおしごと広場」に出かけました。二人が選んだのは「こんにゃく工場のお仕事」、16名の枠にギリギリセーフ、良かったね。「あおさのお刺身こんにゃく」作りです。上野屋のこうさんが解かりやすく教えてくださいました。「手作りこんにゃくのキット」これいいな。「こんにゃくのり」を作ります。お湯にこんにゃく粉、あおさ海苔を入れてかき混ぜます。Nちゃん、一生懸命頑張ります。みんなで交代 [続きを読む]
  • 豆腐職人になりました
  • 第6回みえこどもの城「キッズおしごと広場」Mちゃんの選んだお仕事は「豆腐づくり」2時間かけて、美味しいお豆腐が出来上がりました。教えてくださったのは野瀬商店さん、お豆腐の材料のお話からスタート。4人のグループ作業です。材料の柔らかい大豆にお水を入れてミキサーにかけます。皆でつぶした大豆、コンロにかけて焦がさないように・・・沸騰するまで皆で交代してかき混ぜました。大豆の汁を絞ります、熱くて大変な仕事 [続きを読む]
  • きゅうりの佃煮
  • きゅうりがたくさん穫れています。我が家の定番「きゅうりの佃煮」作りです。触るのが痛いほど新鮮なきゅうり、薄くスライスしていきます。きゅうりの重さを測り、その2%の塩をして揉みます。そのまましばらく置くと水分が出てきます。しっかり水分を絞ることが、歯ごたえの残る佃煮に仕上げるポイント。重さが半分くらいになるまで水分を絞り切ります。調味料は、 砂糖、しょうゆ、みりん、酢、各々をきゅうりの(水分を絞る前 [続きを読む]
  • 梅雨はどこへ
  • 36℃、全国最高気温を記録した松阪市、梅雨はどこへ行ってしまったのでしょうね。「グラウンドゴルフ行くよ」お誘いがかかりました。青い空と緑が美しい、木陰を求めながらゲームを楽しみます。松阪インター近くのベルファーム、バラはもう終盤。グラウンドゴルフは目的の半分、本当はランチバイキングの飲み放題が楽しみなんです。私たち夫婦は貴重なアッシー君、呑兵衛に負けないように食べます。「よく食べるなぁ・・・」と呑 [続きを読む]
  • アガパンサス増えてきたよ
  • 昨年から仲間入りしたアガパンサス、きれいな花を咲かせました。ルドベキアの黄色い花をバックに、薄紫が素敵です。今年は大きな株に育ち、花数もたくさんになりました。空に向かう姿、元気がもらえる花ですね。和名、紫君子蘭、何も手をかけなくても、こんなに美しく咲いてくれるなんて、我が家向けの優等生です。 [続きを読む]
  • スイカの人工授粉
  • 待ちかねたスイカの雌花、キラキラ輝いて見えました。元気な雄花をちぎって人工授粉、日付も覚えておきましょう。スイカの空中栽培、6株の小玉スイカを植えています。青空に向かってツルが伸び上がっていきます。今日の雌花は3個、虫も授粉のお手伝いに来てくれました。実の周りはビッシリ毛に包まれています。どうか受粉が成功してくれますように。 [続きを読む]
  • スイカのトンネル、今年は遅れ気味
  • 小玉スイカのトンネル、空中栽培です。今年は植えつけが遅れたため、まだ花が咲き始めたばかり。受粉を手伝おうと待機しているのに、雄花ばかり。夏はこれから、慌てず見守っていきましょう。6月初め頃の様子はこんなでした。お隣りにメロンの苗が育っています。母の日に息子夫婦からもらったメロンが美味しかったので、遊び心で種を蒔いてみました。先日、小学校の先生が「そのアーチは何ですか?」スイカのトンネル栽培だと説明 [続きを読む]
  • 桔梗は夏の花?
  • 桔梗は秋の七草のひとつなので、秋の花のイメージなのだけど・・・青紫のさわやかな花は初夏に咲き始める。背が高いのが災いして、雨に打たれて倒れてしまった。白い桔梗はミニサイズ、紫陽花の根元でこじんまりと咲いています。八重の花もあったのですが、消えてしまったのかなぁ?桔梗は花が終わったら、茎を切り戻すと二番花を楽しむことができます。我が家には以前、たくさんの桔梗が咲いていました。亡くなった義父の好きな花 [続きを読む]
  • 伊勢シーパラダイス、楽しいよ
  • 伊勢シーパラダイス(伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)動物たちを間近で見て、触れて楽しむことの出来る水族館です。水族館入口ではトドたちがお出迎え。目の前で倒立や「アッカンベー」を披露してくれます。 人気は豪快な投げキッスが得意なセイウチ、体重600Kの迫力あるヒマワリちゃんに触ることが出来ます。スパゲティみたいな感触のタンポポちゃんのおひげです。セイウチが童謡「むすんでひらいて」の手遊びをしてい [続きを読む]
  • 民話の駅 蘇民、蓮が見頃です
  • 「民話の駅 蘇民」(伊勢市二見町松下)の裏は蓮の花が見事。ピンクの花が広い敷地に咲き誇っています。こんなにたくさんの蓮の花を目にしたのは初めてです。大賀ハスまだ蕾が多く、蓮の季節は始まったばかり、透けるような花びら、素敵ですね。睡蓮もきれいに咲いています。ここは「二見しょうぶロマンの森」の入り口。「花菖蒲はまだ咲いているかな?」と車を停めてみたのですが、おもわぬ光景に感激です。花菖蒲は終盤ですが、紫 [続きを読む]