風とみどりに戯れて!  さん プロフィール

  •  
風とみどりに戯れて! さん: 風とみどりに戯れて! 
ハンドル名風とみどりに戯れて!  さん
ブログタイトル風とみどりに戯れて! 
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/vividmiyuna
サイト紹介文田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/06/03 14:55

風とみどりに戯れて!  さんのブログ記事

  • 山のクリスマスローズ
  • 山に植えたクリスマスローズ、条件が悪いし、手入れもしていないから植えた時のまま。花にやさしい土、これがなくては大きくなれないよね。固い土を耕し肥料を入れましたが、木や竹の根にはばまれて難しいでしょうね。それでも懲りずに、また苗を運びました。プランターの苗も数が多くなり、庭での管理もたいへんなので、山に任せることにしました。主人にも手伝ってもらい植え付けましたが、柔らかい芽、鹿の餌になってしまうかも [続きを読む]
  • 白菜とオンブバッタ
  • あら可愛い!お母さんが子どもをオンブしているみたいだけれど、メスがオスをオンブしている「オンブバッタ」白菜の葉で食事中です。棚まきが遅れ、ようやく葉を拡げ始めた白菜。防虫ネットをかけたのですが、少し短くて・・・蝶や虫たちにもお裾分けの株に乗っかっていました。仲良くお召し上がりください。 [続きを読む]
  • さつまいもパン、秋ですね。
  • 秋、さつまいもの季節。美味しい鳴門金時で「さつまいもパン」を焼きました。さつまいもはきれいな色なので皮のまま小さくカット。砂糖水を少し振りかけて、ラップをしてレンジで5〜6分。パン生地は、小麦粉キタノカオリ、白神こだま酵母、砂糖5%、塩1.5%、牛乳58%、さつまいも70%、バター10%、シナモンパウダー少々。一次発酵後、80gに分割しベンチタイム15分。楕円に伸ばして、さつまいもを包み込みます。折 [続きを読む]
  • 2018,アサギマダラ
  • 11月に入っても時々訪ねてくれたアサギマダラ、5日に見かけたのが今年の最後になりました。この頃はフジバカマに留まるのはほんの少し、庭を飛び回っていたかと思うといつの間にかいなくなってしまいます。野菜の収穫、花の水やりをしている時、フジバカマから離れていても、私のそばに飛んでくるような気がします。「ありがとう、もう行くね」蝶のそんな思いが伝わる気がします。フジバカマはすっかり色あせ、香りも無くなりま [続きを読む]
  • 2018高校駅伝三重大会
  • 全国高校駅伝の三重県予選会、三重県高校駅伝が行われました。白バイの先導にトップを走るのは、今年も「伊賀白鳳高校」。後続を大きく離して貫禄の走りです。今回の出場校は29校、地元の高校は相可高校が出場しているだけで寂しいです。陸上競技をする生徒は減少しているんでしょうね。でも、参加してくれてありがとう、「ファイト!相可高校」私が応援した4区は駅伝の折り返しコース、先頭とラストの差は30分程あるので、往 [続きを読む]
  • 高野山、紅葉最高
  • 秋深まる高野山、標高1000mの天空の秋。苔生して暗い奥の院への参道、紅葉に彩られて華やかな時はもう終盤。まもなく寒々とした冬の光景になるのでしょう。弘法大師(空海)が約1200年前に開山した高野山、2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録されました。天気予報は荒れ模様の雨、ところが高野山への山道にかかったころは雨が上がり、霧の中に黄葉の美しい姿が見え始めました。重い雲が晴れ、青空まで見せ [続きを読む]
  • 瀧原宮
  • 瀧原宮の参拝に出かけました。瀧原宮は伊勢神宮の別宮、お伊勢さんの雰囲気そのものです。人影のない静かな参道が長く続きます。五十鈴川と同じように清流が美しい御手洗場緑に包まれた参道を歩くと心が静まって、日常から別世界へ足を踏み入れていく感じ。瀧原宮、瀧原並宮の由緒は大変古く、『倭姫命世記』によると約2000年前まで遡ります。長由介神社と石段を上がった場所に立つ若宮神社。この神社には参拝順序があります。東京 [続きを読む]
  • 奥伊勢フォレストピア
  • 奥伊勢フォレストピアのランチと温泉、従兄と主人の3人で。紅葉に彩られたフォレストピアいいですね。レストラン貸し切り状態でゆったりランチ、男性たちが温泉を楽しんでいる間に散策です。カサコソ、落ち葉を踏む感触がたまらない夏の日、人で埋まっていた川も、今は私の影法師だけ。この日は私の世代の同窓会が開催されていたので少し賑わっていましたが、利用者が少なく経営が苦しいと問題視されています。私は食事やテニス仲 [続きを読む]
  • 秋の奥伊勢フォレストピア
  • 奥伊勢フォレストピアのランチと温泉、従兄と主人の3人で。紅葉に彩られたフォレストピアいいですね。レストラン貸し切り状態でゆったりランチ、男性たちが温泉を楽しんでいる間に散策です。カサコソ敷き詰められた落ち葉を踏む感触がたまらない。夏の日、人で埋まっていた川も、今は私の影法師だけ。この日は私の世代の同窓会が開催されていたので少し賑わっていましたが、利用者が少なく経営が苦しいと問題視されています。私は [続きを読む]
  • 地域の文化祭
  • 中学校と地域の合同文化祭。中瀬さんの作品、市展に出品された「大石不動院」地域の人々にはなじみの不動山、この会場にピッタリです。「台上の出来事」「灯火の静物」細やかな描写、中瀬さんの世界です。会場には保育園児の可愛い作品が並びます。ドングリの可愛いケーキ、美味しそう!ちぎり絵、手芸、写真、力作が並ぶ文化祭11月3日、文化の日「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」.「文化祭」昔から変わらない名称だけど、孫 [続きを読む]
  • 氏郷まつり
  • 「氏郷まつり」に出かけました。秋晴れの休日、大勢の人で賑わっています。祭りのメイン武者行列、氏郷公、冬姫、子供たちも太鼓で元気に参加です。祭りの終盤は松阪しょんがい音頭。午後遅く出かけたので、駅前から中町の通りだけの散策でしたが、お買い物で見つけたのは、こんな木製品。檜のまな板はパン専用に使おうと、木製マグネットは「可愛い!」と孫ちゃんに取られちゃいました。松阪の武将、蒲生氏郷公を偲ぶお祭り「氏郷 [続きを読む]
  • ヒメツルソバ、水辺に繁殖
  • ピンクの金平糖みたいな「ヒメツルソバ」咲いているのは、家の前の水路辺り。コンクリートの水路に見事な花を咲かせています。こんなひび割れの中に命を受けたひと株、どんな風に成長していくのか見守ってみましょう。細い水路ですが反対側にはひと株も咲いていません。種を採ってもっと増やしてみようと思っています。水路沿いの田んぼ道はウォーキングや犬の散歩道、ピンクの道になったら楽しいですね。種まきの季節は3月、花咲 [続きを読む]
  • マリーゴールドの海
  • こぼれ種から育ったマリーゴールド、鮮やかなオレンジの海のようです。こんもり大きな株、あれ?変わり種の花が・・・八重咲の花が一輪だけ見つかりました。数年前まで、黄色や赤系、アフリカンの大輪などを咲かせていたのに、こぼれ種で育てていたらこの種類だけになってしまいました。ポピュラーな花もこれだけ咲き誇るとみごとですね。ハロウィンのオレンジの中に、可愛いアリスちゃんです。 [続きを読む]
  • アサギマダラ、風に乗って
  • アサギマダラは爽やかな秋風に乗ってやって来る。朝から風が吹いていたので「今日は会えそう」と待っていたら、2頭が訪れてくれました。風に揺れて、ピントが合わせられない。満開のフジバカマはお日様に輝いてきれいです。アサギマダラは、つぼみの残った小枝を探して停まります。こんな所でも遊んでいたけれど、お昼頃には風に乗って行っちゃいました。福島からのマーキング蝶⇒ [続きを読む]
  • グラウンドゴルフ大会
  • 「グラウンドゴルフ市長杯」に参加してきました。元気なじいちゃんばあちゃん、250名の参加です。申込初日に定員オーバーという人気の大会です。「チャレンジすることが大切」と地域の初参加のお仲間達を誘いました。この賞を狙っていたのですが、残念!今日はスタートから調子よかったのに持続しない、でも、初対面の人たちとプレーするのも楽しい経験です。青空が眩しい日曜日、スポーツの秋、食欲の秋、ぶどうも柿も美味しい [続きを読む]
  • 深野棚田まつり
  • 松阪市飯南町「深野棚田まつり」に出かけました。屋台村が眩しく賑わう深野、竹行燈のろうそくが棚田に揺れます。棚田の一番高い所では飯南バンドの演奏、アートに合わせて、アンパンマンの曲が演奏されていました。子供たちの行燈もたくさん並んでいます。4千本の行燈に、棚田の緩やかなカーブが浮かび上がります。石積みが妖しく光る光景に棚田の歴史を感じます。今年で7回目の棚田まつり、これだけ手間のかかるイベントをされ [続きを読む]
  • クリスマスローズの植替え
  • クリスマスローズの季節になりました。10月初めに植え替えた株です。この夏はクリスマスローズも、世話をする私も暑さに耐えきれず散々でした。途中で「この際、思い切って鉢数を減らしてしまおう」とあきらめもあり、たくさんの株がだめになりました。元気に残った株の植替え時期ですが、こちらもサボり気味。植替え作業も気合が要りますね。大きな鉢、そんなに混み合ってはいないように見えるのですが、こんなふうにに株の張って [続きを読む]
  • ローゼル、ハイビスカスティに
  • 嬉しいお便りが届きました。秋の少し黄ばみかけた葉、大人のローゼル素敵です。大好きなローゼルをブロ友ひろさんに描いていただきました。お忙しい中ありがとうございました、大切にさせていただきます。庭のローゼルは秋空に大きく背伸びしています。実を摘んでハイビスカスティ作りです。軸部分を切り落として、青い芯(種)を抜きます。きれいな形に残すのは、固くて手の痛くなる作業です。ティーポットの中で乾燥ローゼルが紅 [続きを読む]
  • アリスになったシェリーメイ
  • ハロウィンの季節、パーティの準備完了。シェリーメイがアリスに変身です。「おばあちゃん、シェリーメイとお揃いでパーティに行きたいの」とNちゃん、アリスの洋服のオーダーが入りました。ネットで色々参考にして、手元にあったブルーの生地、裁断。シェリーメイの体型に合わせるせるのは難しい・・・衿のカーブがいびつだけれど、まあいいか。パフスリーブはゴムを縫い付けてギャザーにします。何とかアリスらしくなりました。 [続きを読む]
  • アサギマダラ、福島グランデコから
  • マーキングされたアサギマダラが来ました。(10月19日)「デコ 8/5 515」と記されています。調べてみると、福島裏磐梯のグランデコから飛んできた蝶のようです。グランデコでは、アサギマダラの観察会が開催されていますから、その時の蝶だと思われますがどこに連絡すればよいのか分かりません。福島の裏磐梯、数年前夫婦で旅した場所、繋がっているんだと嬉しくなりました。この日は7頭ものアサギマダラが来てくれました [続きを読む]
  • お出かけの必需品
  • きれいな夕陽、孫たちを駅まで送った帰り道、嬉野町から見る西の山並みが好きです。「いってきま〜す」元気にパパの赴任先へ出発。背中のバッグが膨らんでいるのでチェックするとぬいぐるみが。荷物になるから連れて行っちゃダメ!何とか説得してぬいぐるみはお留守番。「バッグにはおばあちゃんのパンを入れなきゃ!」旅のお供は大好きなブリオッシュ。食料は必需品です、持たせて良かった。孫たちの向かうのは広島、山陽新幹線が [続きを読む]
  • 彩林展に
  • ブロ友さんの絵の展覧会「第30回墨・水彩 彩林展」和紙に墨と水彩で描かれた素敵な絵を楽しんできました。「凍てる朝」雪に埋もれた樹々、空を染めながら明けていく朝の光景足跡のない朝の新雪、スキーに興じたあの感触がよみがえります。「絵の具が凍る朝、パレットにカイロを貼るのよ」とひろさん、「樹(上諏訪大社)」御柱祭りで有名な上諏訪大社、祭りの柱より年輪を重ねた樹の堂々とした風格。「室生寺」緑に包まれた室生寺 [続きを読む]
  • アサギマダラ、待ってたよ
  • ふわぁと優雅に舞うアサギマダラ、やっと会えました。フジバカマの花にはたくさんのお客さま、アサギマダラは2頭、私がそばにいても蜜を吸うことに夢中です。浅黄色の透けるような薄い羽、遠い旅をするのが信じられないひ弱な感じです。写真をいっぱい撮らせてもらいました。早朝から夕暮れまでずっと花の中、数日前から来ていたのかも知れません。昼間不在にすることが多かったのでタイミングが悪かったのでしょう。夜は大きな木 [続きを読む]
  • 柿のれん
  • まるで暖簾のように鈴なりの柿、「鳥が食べていくだけだから欲しいだけ採って」とご近所さん。消毒も摘果もしていない自然任せの柿、傷や虫食いもあるけれど、安心で美味しい柿です。背の高い木、上の方は鳥のために・・・大胆に枝ごと収穫です、ひと枝に何個ついているの?早速夕食の食卓に一品、柿の白和えです。甘くて美味しい。次は柿チップス、柿ジャム、かな? [続きを読む]
  • ホトトギスゆれる秋
  • ホトトギスが咲いています。斑点のある花びらが、ホトトギス(鳥)のおなかにある模様と似ているためこの名前、じっと見つめると、あまり可愛くない模様の花だけれど、庭の隅でひっそり、風に揺れる姿は嫌いじゃない。放任状態でもきれいな花をつける強い子です。 [続きを読む]