クロスフィッター さん プロフィール

  •  
クロスフィッターさん: CrossFit - クロスフィット 1愛好家のブログ
ハンドル名クロスフィッター さん
ブログタイトルCrossFit - クロスフィット 1愛好家のブログ
ブログURLhttp://cffansjp.blogspot.com/
サイト紹介文アメリカ在住、あるCrossFitジムに通う管理人が日本語で語る私的クロスフィット体験記と考察です。
自由文冗談度70%、真剣度30%、だけど挙げる数字や情報にウソはありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/08/24 08:11

クロスフィッター さんのブログ記事

  • さらば サーフシティー
  • サーフシティーのボックスをクビになりました。ボックスのオーナーが私が教えていた午前中の時間帯をパーソナルトレーナーにレンタルすることを決めたからです。アメリカのビジネス習慣ではありますが、いつも通りにクラスを教えているとオーナーがボックスにやってきて、これこれそういう理由だからと説明されて、その場でボックスの鍵を返してお別れです。まあ仕方がないです。そもそも私がこのボックスに職を得たときも、彼らは [続きを読む]
  • 再びOnline Qualifier - 今年は現実派
  • オープン予選が終わって約1か月後、ティーンとマスターの各年代部門の代表を決定する第2次選考、Online Qualifierの季節がまたやってきました。オープン予選における各部門のトップ200人のみが参加を許されるこのオンライン選考、資格もないのに勝手に挑戦する私の試みは昨年に続き2回目です。昨年度の様子私の実年齢と性別は51歳男性なのですが、昨年はティーン男子14〜15歳の部のワークアウトをやりました。そこでのワークアウ [続きを読む]
  • クロスフィット子供クラス その後
  • 子供にクロスフィットを教え始めて約3か月が過ぎました。子供クラスインストラクターの資格を取ったときに下のようなことを書きました。例えば、同じスクワットという動作を指導するにしても、大人と同じ言葉(スタンスは肩幅、膝が脛より前に出ない、体軸を真っ直ぐ、などなど)で幼児に説明するわけにはいきません。いきおい、指導者にはより正確な知識とコミュニケーション能力、それに創造性や忍耐力が要求されます。言ってい [続きを読む]
  • ファンクショナル・カッピング・メソッドとは
  • クロスフィッターなら、フォームローラーやボール等ででぐりぐり筋肉をほぐす筋膜リリースはお馴染みかと思います。関節可動域を広げることが目的であったり、筋肉痛を和らげる効果もあって、私もほぼ毎日のようにぐりぐりやっています。勿論痛くはあるのですが、元々クロスフィッターは自分のカラダを痛めつけて喜ぶ人種なので、どこのボックスに行ってもフォームローラーを目にします。こんなやつです。その筋膜リリースの発展形 [続きを読む]
  • クロスフィット子供クラス・その2 実践編
  • ほぼ1年前、私は子供(幼児から高校生まで)にクロスフィットを教える資格を取得したのですが、私が所属するボックスには子供クラスがなく、その資格は長い間宝の持ち腐れ状態が続いていました。http://cffansjp.blogspot.com/2016/12/blog-post.html仕方がないので、ボックスを時間借りして自分の息子にモルモットになってもらったりhttp://cffansjp.blogspot.com/2016/12/2.html、知り合いの子供に自宅で教えたりしてきましたが [続きを読む]
  • 2017 CrossFit Games ワークアウト挑戦(挑発)記
  • 今年のクロスフィット・ゲームズは全てのワークアウトが事前に発表済みなんですね。サプライズはなし。ちとワクワク感に欠ける気もしますが、選手達より先にワークアウトをやってみて、実際に体験しておくことも出来ますね。そんなわけで色々やってみました。挑戦とは言っても、一般部のスーパーマン達がやるようなワークアウトは無理なので、もっぱらマスター・ティーン部門のワークアウトです。しかも道具がなかったり、挙げれな [続きを読む]
  • 2017年度地域ブロック大会(Regionals)体験記 3日目
  • EVENT 521-15-9 reps for time of:Muscle-upsSingle-arm overhead squatsMen use an 80-lb. dumbbellWomen use a 55-lb. dumbbellTime cap: 11 minutes角谷スケール版:ここでもダンベルは50-lb。女性用のそれより2キロ軽いものです。マッスルアップ21回!がまあ大変でした。今まで最高で6回までした連続してやったことがありません。それで潰れてしまっては何にもなりませんので、2,3回ごとに休んで、何とか21回を終わらしたと [続きを読む]
  • 2017年度地域ブロック大会(Regionals)体験記 2日目
  • EVENT 3For time:100-ft. dumbbell overhead walking lunge100 double-unders50 wall-ball shots15-ft. rope climb, 10 ascents50 wall-bal
    l shots100 double-unders100-ft. dumbbell overhead walking lungeMen use an 80-lb. dumbbell and 30-lb. ball.Women use a 55-lb. dumbb
    ell and 20-lb. ball.Time cap: 16 minutes角谷スケール版:ここでもダンベルは50-lb。女性用のそれより2キロ
    軽いものです。そして真ん中にある縄登り [続きを読む]
  • 2017年度地域ブロック大会(Regionals)体験記 1日目
  • EVENT 1For time, wearing a weight vest:1,200-m runThen, 12 rounds of: 4 strict handstand push-ups 8 chest-to-bar pull-ups 12 sq
    uatsMen wear a 20-lb. vestWomen wear a 14-lb. vestTime cap: 25 minutes角谷スケール版:このワークアウトだけは男
    性用の重量ベストを着てやりました。だけど1200m走は陸上トラックでやり、残りのワークアウト
    は別の日にボックスで行いました。1200m走にかかった時間は7分 [続きを読む]
  • 2017年度地域ブロック大会(Regionals)体験記
  • クロスフィット・ゲームズのファイナリストを決める地域ブロック大会、Regionalsが現在(2017年5月)世界各地で進行中です。このブログでも何回か触れてきましたが、このRegionalsに出場するのはとてつもなく狭き門です。大まかに言いますと、オープン予選出場者のうちトップ1%以下のアスリート達です。世界を17の地域に分け、それぞれの地域の人数に応じて、オープン予選の各地域上位10〜30人の男女がRegionalsに進めます。地 [続きを読む]
  • 有酸素運動能力 セミナー
  • クロスフィットの専門分野セミナーでAerobic Capacityというものに参加してきました。有酸素運動能力を高めるためのプログラミングを学ぶもので、前回の重量挙げとは真逆の分野です。講師はハワイ・アイアンマンレース2位の実績をもつChris Hinshaw氏。Rich Froning, Jason Khalipa, Katrin Daviosdottir, Camille Leblanc-Bazinet, Mat Fraser, Julie Foucherなどなど数多くのトップ選手を指導したクロスフィット界では有名な方で [続きを読む]
  • 重量挙げセミナー
  • 重量挙げに特化したクロスフィット本部主催のセミナーに参加してきました。週末、土曜と日曜の2日間、朝から晩まで重量挙げだけを行うセミナーです。初日はスナッチ、それもPVCパイプだけを使って、ひたすらフォームの練習。2日目の午前中にやっとバーベルを使ってスナッチ、午後はクリーン&ジャーク、という内容でした。インストラクターはアメリカで最も有名な重量挙げのコーチと呼ばれるMike Bergener氏でした。The Godfather [続きを読む]
  • またボックス移籍 - 今度は夢のサーフシティー
  • ボックスを移ることになりました。今度は会費を払うメンバーとしてではなく、コーチとしておカネを貰う立場になります。昨年の夏にクロスフィットL1トレーナーの資格を得てから、主に個人レッスンや会社のお昼休みフィットネス・プログラムなどで不定期にトレーナーをしてきましたが、初めて公式のアフィリエイト・ボックスでクロスフィットを教えることになりました。このブログも「1愛好家」なんて立場に甘えて好き勝手書いて [続きを読む]
  • ひどい筋肉痛を半日で消す回復法
  • 先日フルマラソンを走ってきました。約3か月前に100キロを走って以来、週に1,2回5キロほどのジョギングをする以外、殆ど走ることはありませんでした。私の専門はクロスフィットですので、毎日激しい運動はしているわけですが、こと走ることに関しては限りなくゼロに近い状態でした。そんなんでフルマラソンを走るべきではないのですが、ご近所で行われて毎年参加しているレースですので、久しぶりのLSDのつもりで走りまし [続きを読む]
  • クロスフィッターにとって理想的なBMI とは?
  • 大変に興味深い分析がhttps://blog.beyondthewhiteboard.com/ というウェブサイトに掲載されていました。https://blog.beyondthewhiteboard.com/2017/01/24/is-there-an-ideal-bmi-for-performance/題して「運動能力上の理想的なBMIはあるか?」BMI, Body Mass Indexは体重と身長から計算される指数で、肥満度や健康度の測定に広く使われています。計算式は体重/身長の2乗です。http://bmi.nobody.jp/ で簡単に算出すること [続きを読む]
  • 本を出版しました。
  • 日本初!クロスフィット愛好家の本を出版しました。明日から全国の書店で平積みになります!ってことは決してありえず、アマゾンからしか買えません。 日本のクロスフィッターの方々、是非ご購入を。https://www.amazon.co.jp/dp/486543867X/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_kOfGybBRQC4KWこのブログの内容とかな〜り重なりますが、あらたに構成し直したり、追加した部分もあります。なにより、紙の本で一気読みが出来ます! [続きを読む]
  • クロスフィット・ティーン向け2週間プログラム
  • 冬休みの2週間、平日5日連続で計10日間に渡って行ったクロスフィットのティーン向けプログラムが終了しました。CrossFit Kids Trainer資格を取得した私が、満を持して世に問う初の試みです。ありようは息子(14歳)をボックスの空き時間に連れて行っただけなんですが。元々は懸垂が数回出来るぐらいだっのですが、たった2週間の間にT2B, C2B, Bar Muscle Up, と次々に成功させていき、やったことがなかった逆立ち歩行も2メートル行 [続きを読む]
  • クロスフィット子供クラス
  • CrossFit Kids Trainer Course なるものを受講してきました。L1 Trainer Courseと同様に土、日の2日間、16時間のセミナーです。費用もL1と同じで1000ドル。子供にクロスフィットを教える為には、このコースを受講したコーチがボックスに1人いなくてはいけないことになっています。僕が所属するボックスには子供クラスはないので、今すぐにこの資格が使えるわけではないのですが、将来の自分への投資と考えて受講してきました。子 [続きを読む]
  • 10日連続ヒーローワークアウト 10日目:"Alexander"
  • Alexander   5 rounds for time:  31 back squats, 135/95 lb. (バックスクワット31回、男性61キロ、女性43キロ)  12 power cleans, 185/135 lb (パワークリーン12回、男性84キロ、女性61キロ)いよいよ最終日です!アフガニスタンで戦死したAlexander G. Povilaitis氏を偲んだワークアウトです。メニューを見たとき、間違いかと思いました。クリーンの方がスクワットより重い重量?回数をよく見て納得しました。な [続きを読む]
  • 10日連続ヒーローワークアウト 9日目:"Severin"
  • Severin50 Strict Pull-ups (ストリクトの懸垂50回)100 Hand Release Push Ups (床で手を離す腕立て伏せ100回)Run 3.1 Miles (5キロ走)9日目に入りました。このムチャ企画もゴールが見えてきました。本日はアフガニスタンで戦死したSeverin Summers氏を偲んだワークアウトです。ストリクトの懸垂とは、体の反動を使わずに体軸を真っ直ぐにして行う懸垂のこと。この記事に詳しく書いています。 http://cffansjp.blogsp [続きを読む]
  • 10日連続ヒーローワークアウト 8日目:"Abbate"
  • AbbateRun 1 mile (1600m走)155/110 pound Clean and Jerk, 21 reps (クリーン&ジャーク 21回、男性70キロ、女性50キロ)Run 800 meters (800m走)155/110 pound Clean and Jerk, 21 reps クリーン&ジャーク 21回、男性70キロ、女性50キロ)Run 1 Mile (1600m走)26歳で戦死した海兵隊員Matthew T. Abbate氏を偲んだワークアウトです。8日目に入り、当然ではありますが肉体的には疲れが溜まっていて、体のあちこち [続きを読む]