と〜り〜 さん プロフィール

  •  
と〜り〜さん: 実践者が語る1日1食+野菜ジュースのさまざまな効果
ハンドル名と〜り〜 さん
ブログタイトル実践者が語る1日1食+野菜ジュースのさまざまな効果
ブログURLhttp://1mealdietlife.com/
サイト紹介文「1日1食+野菜ジュース」の実践に役立つ、具体的内容や成果、独自メソッドや考え方などを発信します。
自由文体重管理と健康回復のため、2016年より1日1食に食生活を変え、現在も継続中。1965年生まれのIT系サラリーマン。2児の父親。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/10/01 08:07

と〜り〜 さんのブログ記事

  • 1日1食と「顔のたるみ」との関係とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していくと、今まで身体に蓄積されていたエネルギー(脂肪)が程よく消費され、人によって程度に差はありますが、体重が減少する、いわゆる「ダイエット効果」が得られます。過激なダイエットのように、急激に体重が減少するような事はありませんが、内臓だけでなく皮下脂肪についても減少しますので、顔や首回りなどが、いわゆる「たるむ」場合があります。特に顔がたるむとち [続きを読む]
  • 1日1食と健康上の「留意点」とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、「1日1食と風邪との関係とは?」でお伝えしたように、風邪を引きにくくなったばかりか、「「1日1食の実践による腹部超音波(エコー)検査結果の変化とは(1年後の経過)?」「1日1食の実践による血液検査結果の変化とは(1年後の経過)?」でお伝えしたように、身体の健康状態の目安となる健康診断の結果も改善します。また、「1日1食と睡眠時間との関係は [続きを読む]
  • 1日1食と「例外対応」をしたくなる時とは?
  • ■はじめに「1日1食実践時のゆる〜いルールとは?」でお伝えしたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践では、ストイックに、「1日1食」を固持するような必要はないと考えています。それは、・社会全体が1日3食の食生活をしている中で「1日1食+野菜ジュース」の食習慣をする必要があるから・1日1回の食事で、完全に必要な栄養・エネルギーが摂取できるとは限らないからと言う理由です。もちろん、この「1日 [続きを読む]
  • 1日1食と膝関節の痛みとの関係は?
  • ■はじめに年齢を重ねてくると、身体のあちこちに「歳を取った」と実感する事がやっぱり起きてきます。見て分かるものは、例えば白髪、薄毛、肌のたるみなどもあります。見て分からないものは、例えば代謝の低下とか、なんとなく物覚えが悪くなったり、いわゆる更年期障害に係る症状が出てきたり。そういうものが、1つまた1つと実感せざるを得なくなると、「もう無理できないな〜」などと弱気になる場合も有ります。あと実際に自 [続きを読む]
  • 1日1食とリバウンドの可能性とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していくと、ダイエットのような急激な変化とはいきませんが、徐々に体重は減少していきます。「1日1食と「痩せる」を主眼に置いた時の食べ方とは?」でお伝えしたように、「入「と「出」のバランスを考えた食べ方をすれば、ある程度のダイエット効果があります。ただし、やはり必要以上に「我慢した食べ方」はいつまでも続けられるとは思いませんし、「1日1食」の中で必要 [続きを読む]
  • 1日1食と睡眠の質との関係は?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣と「睡眠」との関係について、「1日1食と睡眠時間との関係は?」や「1日1食と睡眠不足の影響とは?」でお伝えしました。「1日1食+野菜ジュース」の食習慣にした事で、確かに一般的に言われている「理想的な睡眠時間」よりも少ない睡眠時間しか確保できていなくても、それが毎日の習慣になっていても、「睡眠」については今のところ特に問題はありません。睡眠時間は、長く確保 [続きを読む]
  • 1日1食と「風邪かな?」の時の対処方法とは?
  • ■はじめに「1日1食と風邪との関係とは?」でお伝えしたように、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践している事で、風邪に対する抵抗力が付いたように思えたのですが・・・先日ちょっと体調が悪くなりました。特に熱が出たりはしませんでしたが、少しだけ喉が痛くなったので、風邪をもらったのだと思います。きっかけとしては、考えられるとしたら・最近朝晩の気温がかなり低くなってきた・また髪の毛を短くした・人ごみの [続きを読む]
  • 1日1食と怒ることのリスクとは?
  • ■はじめに前回「1日1食と笑顔の効能とは?」として、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践と笑顔でいる事には相乗効果がある事をお伝えしました。ただし、この世の中、いつもニコニコしている訳には行きません。理不尽に思うような事もたくさんありますし、ピンチに陥る事だってあります。人間の感情には「喜怒哀楽」があります。今回はその中の「怒」、つまり怒る事について、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践に [続きを読む]
  • 1日1食と笑顔の効能とは?
  • ■はじめに子どもの笑顔って見ていてとても気分が良いですね。赤ちゃんをあやした時、声を出して笑ってくれると、こちらまで楽しい気持ちになれます。笑顔は人に伝播して、相手も楽しい気持ちにもさせてくれます。自分自身も若い頃は結構笑っていたはずなのに、歳を重ねる度、いつの間にか笑顔を作る機会が減っているな、と思います。昔から言われている事ではありますが、笑顔は自分自身にとって良い効果があると言われています。 [続きを読む]
  • 1日1食と体重の停滞期とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、長い目で見れば着実に体重は減ります。それは「健康向上効果」に付随して発生する「ダイエット効果」であると言う認識です。「ダイエット効果」と言う面に焦点を当てて考えてみると、他のダイエット方法にも同様の事があると聞いたことがありますが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を続けて行く中で、体重の動きがほとんどない、つまり「体重減少の停滞期」は [続きを読む]
  • 1日1食と「仲間」を作る意義とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、好奇心を持っていろいろ聞いてくる人はいますが、残念ながら「私もやっています!」と言う人には、まだ巡り会えていないです。「1日1食」のキーワードを調べると、いろいろな人が記事として投稿をしているようですが、意外に自分の周囲にはいないようです。もしかしたら、実践してはいるけど、どうにも「ダイエット」のイメージが強くて、”カミングアウト”をし [続きを読む]
  • 1日1食と「おすそ分け」お菓子への対応とは?
  • ■はじめに会社で仕事をしていると、よく「どこどこへ行ったお土産」とか「取引先からの手土産・お中元・お歳暮」「退職する人からのお礼」など、お菓子が「おすそ分け」されるようなケースがあると思います。私はあまり旅行に行ったりするタイプでは無いですが、もらう事ばかりだと、さすがに旅行へ行った時には「何か買って帰らなきゃ!」と言う気持ちになります。「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、この「お [続きを読む]
  • 1日1食と「ファスティング(断食)」との違いとは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践している事を話すと、時々「不食」、つまり「食べない」事を実践していると誤って認識される事があります。どうやら「1食だけ食べる」よりも「2食食べない」と言う部分がハイライトされて、「食べない」と思われてしまうようです。確かに、「1日1食とプチファスティング(断食)の効果とは?」でお伝えしたように、生活に影響が無い、ごく限られた時間だけ「プチファスティ [続きを読む]
  • 1日1食と継続できている要因とは?
  • ■はじめにこの記事を書いている時点で、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めて約20ヶ月となります。一時期、「もうやめちゃおうかな」などと言う雑念が出た時もありましたが、「1日1食実践時のゆる〜いルールとは?」でお伝えしたようなルールを堅持しながら、今では完全に、この「1日1食+野菜ジュース」が生活習慣の一部となっています。今回は、ちょっと「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を振り返ってみて、なぜ [続きを読む]
  • 1日1食と忘年会対策とは?
  • ■はじめにこの記事を書いているのは11月。もう少し経つと忘年会シーズンに突入します。昔に比べると、忘年会への参加回数が減ってはいますが、仕事だけでなくプライベートでも、忘年会に参加する機会がまだまだあります。「1日1食の実践と飲み会参加時の留意点とは?」でもお伝えをしましたが、今回は、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣の実践者ならではの、忘年会対策ともいえるものを3つ、お伝えします。【コンテンツ】1 [続きを読む]
  • 1日1食と血糖値に対する医師の診断とは?
  • ■はじめに「1日1食の実践による血液検査結果の変化とは(1年後の経過)?」でお伝えしたように、私の場合、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を継続していてもなお、少しずつではありますが、年々血糖値の値が高くなってきています。私は月に1回、持病の蕁麻疹(ここ何年もは出ていませんが)の予防と健康管理を兼ねて、かかりつけ医に通っています。先日受診した健康診断の結果を見せる機会がありましたので、その中の「血 [続きを読む]
  • 1日1食と腹痛の減少とは?
  • ■はじめに「腹痛」と言っても、その原因は多岐に渡ります。お腹を冷やしたことによる腹痛から、食べ過ぎによる腹痛、神経性の腹痛(胃痛)、何か悪い物を食べたことによる腹痛、病気が原因となる腹痛まで、症状もその原因も様々です。「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めて1年以上経ち、よく考えてみると、「お腹が痛くなった」と言うのがほとんど無くなったように思います。もちろんその間、生活環境や仕事の環境も変わり [続きを読む]
  • 1日1食と夕食前の誘惑に打ち勝つ方法とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、夕飯を食べる直前は一番空腹かつ体内のエネルギー源が少ない時です。1日のうち、一番体重が少ない時でもあります。このような状態ですので、しっかりと空腹を感じて、夕食に臨む事になります。しかしお腹が空いていると、空腹時限定で「食べる」ことに対する様々な誘惑が生じます。帰宅途中で食料を補充して夕飯の一環として食べてしまう、これが夕飯では摂取でき [続きを読む]
  • 1日1食と米を食べることとは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣にダイエット効果を求める人は、たとえ1食分しか食べないとしても、「糖質」の摂取については気を使うのではないかと思います。やはり日本人の主食は「米」ですし、外食が多い人については、以前よりも糖質制限のニーズに対応している店は増えてはいるものの、やはり「ご飯」「ライス」「パン」を外すことはなかなか難しいと思います(残すのはもったいないですし)。もし「ご飯」や [続きを読む]
  • 1日1食と貯金との関係とは?
  • ■はじめに「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践していると、単に2食分を食べなくなるだけだけではありません。お菓子などの間食もあまり食べたいと思わなくなります。仕事中でも休みの日でも、近くには必ずお茶や水などの水分が常備されていて、食べると言う行為の代わりに「水分を摂取する」事が多くなります。また、夕食時には何を食べてもOKですので、晩酌が日課になったりもします。ただし晩酌は1日1食の食習慣にな [続きを読む]
  • 1日1食と「眉毛の暴走」とは?
  • ■はじめに不思議なもので、50歳近くになると、今まであまり手入れをする必要の無かった眉毛を手入れする必要が出てきます。眉毛の中で特別伸びる毛が出てくるからです。私の場合、元々眉毛は濃いほうではなく、頭髪が癖毛なのに対比して眉毛は直毛です。いつの間にか2〜3本の眉毛が、まるでイワトビペンギンの頭部の飾り羽のように真っ直ぐ伸びています。今回、この「眉毛の暴走」について、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣 [続きを読む]
  • 1日1食と烏龍茶との関係とは?
  • ■はじめに私は「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践する前は、「特茶」を良く飲んでしました。これは効能として謳われている「体脂肪の分解」を期待してのことでした。元々緑茶が好きだったのですが「特茶」と純粋な緑茶との微妙な味の違いが気になっていました。「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を始めてからは、特に水分を多く摂取することが必要だと思い、コスト面から自宅で水出しの烏龍茶をスクイーズボトルに作って [続きを読む]
  • 1日1食とプチファスティング(断食)の効果とは?
  • ■はじめに「1日1食でも食べる量が少ないのに、さらに断食??」と思われるかも知れませんが、「1日1食+野菜ジュース」の食習慣を実践する中で構築された、自身の「体内サイクル」が乱れた時、そのリセット方法として、私はこの「プチファスティング(断食)」を取り入れています。ただし頻繁ではありません。「プチ」と付けているのは、ファスティング(断食)をする期間が2日程度と比較的短いからです。最近、久しぶりに行 [続きを読む]
  • 1日1食とプチファスティング(断食)の効果とは?
  • ■はじめに「1日1食でも食べる量が少ないのに、さらに断食??」と思われるかも知れませんが、1日1食の食習慣を実践する中で構築された、自身の「体内サイクル」が乱れた時、そのリセット方法として、私はこの「プチファスティング(断食)」を取り入れています。ただし頻繁ではありません。「プチ」と付けているのは、ファスティング(断食)をする期間が2日程度と比較的短いからです。最近、久しぶりに行いましたので、私に [続きを読む]