サードウェイ(第三の道) さん プロフィール

  •  
サードウェイ(第三の道)さん: サードウェイ(第三の道) 〜白井信雄のサス
ハンドル名サードウェイ(第三の道) さん
ブログタイトルサードウェイ(第三の道) 〜白井信雄のサス
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shirai01
サイト紹介文地域の足もとから、持続可能な自立共生社会を目指して
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 14日(平均6.5回/週) - 参加 2017/12/26 20:36

サードウェイ(第三の道) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017年:地域における気候変動適応コミュニティの形成に関する研究の成果報告
  • 2017年も、気候変動適応策の研究として、地域における気候変動適応策のアクションリサーチを実施しました。以下に報告します。気候変動の将来影響の予測に不確実性があるなかでの管理手法として「順応型管理」の方法を気候変動適応分野に当てはめて、理論化・具体化する研究の成果を論文(日本計画行政学会)にまとめ、農村計画学会や環境情報科学の機関誌でも順応型管理を紹介する寄稿をさせていただきました。地域住民等が気 [続きを読む]
  • 長期的環境ガバナンスに向けた道具と仕組み
  • 環境政策に限ることではないが、政策は短期的な成果主義に陥ることなく、また目的短絡的な対症療法に止まることなく、長期的視野から根本的な対策を進めていくことが必要である。しかし、長期的な環境政策が十分に進んでいるとはいえず、従来とは異なる新たな方法を開発・導入し、膠着を打開する必要がある。● 長期的な環境政策の必要性長期的な環境政策の必要性は2点にある。1つは、深刻な問題が現在、顕在化しているわけで [続きを読む]
  • 講演及び研修講師・コーディネイター・パネリストの実績(白井信雄)
  • 環境経営学会シンポジウム「気候変動適応における地域と企業の連携について」にて基調講演「コミュニティ主導の気候変動適応策の実践:「気候変動の地元学」を入口にして」、2017年12月8日、東京都ビッグサイト会議102会議室(東京都江東区)「気候変動の藤野学」シンポジウムでの講演「気候変動の地域づくりへの影響と適応策の共創」とパネルディスカッションのコーディネイター、2017年11月、藤野商工会館3階大会議室(神奈川 [続きを読む]
  • 「低炭素社会」の定義
  • 低炭素社会の定義について、検索した結果をまとめてみました。低炭素であることは共通しますが、それとどのような側面を両立させていくか、構造やシステム・ライフスタイルの変革を求めるか求めないか、などが価値規範の置き方によって異なることがわかります。************ウキペディア低炭素社会(ていたんそしゃかい、low-carbon society)とは、二酸化炭素の排出が少ない社会のこと。脱炭素社会ともいう。低炭素 [続きを読む]
  • 持続可能な開発目標(SDGs)の活かし方
  • 2015年の9月、ニューヨークで「国連持続可能な開発サミット」が開発され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェダ」が採択された。このアジェンダにおいて、示された17の目標と目標を構成する169のターゲットが、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals website:SDGs)」である。このSDGsの17の目標は、貧困、食料、教育、ジェンダー、水、エネルギー、雇用、レジエント、平等、都市、生産 [続きを読む]
  • 白井信雄の経歴
  • 氏 名      白 井 信 雄略 歴 1961年生まれ。静岡県浜松市三ヶ日町育ち。1986年大阪大学大学院前期課程環境工学専攻修了。同大学にて博士(工学)。民間シンクタンク勤務を経て、現在、法政大学 教授 (サステイナビリティ研究所)。 シンクタンク時代の環境省、国土交通省、林野庁等の委託調査の経験を活かし、環境分野での実践を具体的に支援する研究・教育活動を展開中。 専門分野は、環境政策、持続可能な地域づ [続きを読む]
  • 過去の記事 …