ハンドル名
tossauさん
ブログタイトル
tossau @種子島
ブログURL
https://tossau.net/wp/
ブログ紹介文
種子島/島暮らし/サイクリング/分割日本一周/トライアスロン/家庭菜園・バナナ露地栽培/資格取得
自由文
更新頻度(1年)

10回 / 48日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2005/10/05

tossauさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(IN) 48285 49347 49363 49378 49404 49190 42055 949679サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 20 10 60/週
PVポイント 0 300 70 100 140 200 170 980/週
ライフスタイルブログ 2787 2901 2926 2915 2931 2901 2306 65538サイト
島暮らし 4 4 4 4 4 4 3 253サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 51840 51906 55068 54986 55189 62904 76053 949679サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 20 10 60/週
PVポイント 0 300 70 100 140 200 170 980/週
ライフスタイルブログ 2897 2915 3121 3125 3144 3616 4566 65538サイト
島暮らし 4 4 4 5 6 9 13 253サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(PV) 9707 9172 9770 9216 9159 9253 8683 949679サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 20 10 60/週
PVポイント 0 300 70 100 140 200 170 980/週
ライフスタイルブログ 687 650 691 652 651 653 601 65538サイト
島暮らし 2 2 2 2 2 2 2 253サイト

tossauさんのブログ記事

?
  • 【ザワワ村】候補となる土地探しの方法

     📂ザワワ村開拓の候補となる土地探しをした時の方法をメモ。Googleマップはもちろんのこと、地理院地図の古い航空写真や登記情報提供サービスが便利やった。 はじめに 「サトウキビがザワワな種子島でDASH村的な田舎暮らし」を目指したいと思いつつも、まずは土地を持ってなかった。島に血縁者が1人もいない移住者で、親や親戚の土地があるわけでもなく。 農地を手に入れるのが手っ取り早いかと言えば農地法の規制があってそうもいかず。かといって、太い木がたくさん生えた山林を手に入れても、利用しやすいように伐採して土地を拓くのに手間が掛かるなと。 まずはしばらく島で生活して島の地理や風土等にある程度詳しくなってから、本格的に土地探しを開始。狙いは「過去に耕作地であった開拓しやすい原野」。 ①航空写真(現在と昔) 現在;グーグルマップ+ストリートビュー まずは現況をグーグルマップでざっと探して、ストリートビューで詳細を確認。現地確認する前に効率的にピックアップできる。 航空写真(現在と過去)を比較する例として40年程前とは大きく変化している馬毛島を。 昔;地理院地図 さらに、数十年前とか昔の状況を国土地理院の地理院地図で確認。 狙いは過去にその土地が耕作地であったとか、池だったとかそういうことが分かる場合があるので。 自分の場合は、「過去に耕作地であった開拓しやすい原野」を探すために利用。最終決定した候補地は、現況が草ボーボーの原野となってる部分は40程年前は耕作地であったことが地理院地図で確認できた。 ②現地の確認 条件が良さそうな土地を、自宅でピックアップしておいて、効率よくまとめて現地確認を実施。 最新のストリートビューでも撮影から時間が経って状況が変わっている場合も。 実際にストリートビューみて使い勝手が良さそうな原野だなと思って現地に行ったら、ゴミの山ができていたりということもあったので、現地確認は必要。 ③登記情報の確認 民亊法務協会の登記情報提供サービスを利用すれば、登記簿の写しや地図等を法務局に行かずにPDFで即ダウンロードできるので便利。 利用時間が平日に限られるけど、対面の法務局が夕方に閉まったあとも夜9時まで利用できる点は便利で助かる。 地目(表題部) 地目が農地(田や畑)の場合は、農地法の規制を受けることに。

  • 【#種トラ 開催への道】種子島トライアスロン活動記録:その8(九州トライアスロンフォーラムに参加)

    前回の記事はこちら 19年2月上旬:九州トライアスロン・パラトライアスロンフォーラムに参加 フォーラム前日:幹部の方々が集まる前日懇親会に誘われて参加 フォーラム前日の夜、JTU(日本トライアスロン連合)の岩城会長を筆頭に幹部の方々が集まる前日懇親会がありましたが、今回の種トラ企画でお世話になっているJTU理事の方に誘われて参加することに。 レースに参加するだけでは、なかなか相談できない方々と話ができる貴重な機会。 こういう機会は初めてで、トライアスロンのSwim、Bike、Runの3種目にちなんだ「乾杯三唱」から始まり、会話の話題も九州地区の各大会の運営に関わる情報など興味深いものばかり。 島を出て🚢🚅、昨夜は九州トライアスロン・パラトライアスロンフォーラムの前日懇親会に参加🍻日本トライアスロン連合の岩城会長を筆頭に、トライアスロン関係の幹部の方々が集まる会でかなり緊張しつつも、様々な話ができました😁〆は博多🍜#種トラ #種子島トライアスロン#種子島 #トライアスロン pic.twitter.com/2Hzo9CY6sd— tossau @種子島 (@tossau) 2019年2月3日 フォーラム当日 九州で「第1回」というだけでなく、東京のJTU以外の加盟団体主催としては初ということで、九州の意欲と組織力の高さを実感。 フォーラムの中で紹介があった安全対策については、種トラでも採用できないか島へ戻ってから協議することに。 【九州トライアスロン・パラトライアスロンフォーラム】福岡県トライアスロン連合主催!#西南学院大学コミュニティーホール にて加盟団体主催としては初の #トライアスロン #パラトライアスロン フォーラムを開催中です✨#ハンドサイクル の試乗もできます🚴‍♂️ pic.twitter.com/S593u61k1y— 日本トライアスロン連合(JTU) (@Japan_Triathlon) 2019年2月3日 今日は九州トライアスロン・パラトライアスロンフォーラムに参加大会の安全管理、スイム事故防止(医学的分析)、アンチドーピングなどいろいろと学べました✏️戻ったら島の仲間にも情報共有します😁#種トラ #種子島トライアスロン#種子島 #トライアスロン pic.twitter.com/3bsCirN1Aj

  • 【#種トラ 開催への道】種子島トライアスロン活動記録:その7(サイクルツーリズム事業説明会に参加)

    前回の記事はこちら 19年1月下旬:サイクルツーリズム事業説明会に参加 今日は、種子島サイクルツーリズム事業説明会に参加🚴宿泊、交通、飲食など様々な観光関係者の姿が👍️#種トラ の大会が成功し島に根付くには、観光関係の通年の環境づくりも大事と実感💪大会と観光の両面で相乗効果を狙いたい😁#ジロ・デ・種子島#種子島トライアスロン#種子島 #トライアスロン pic.twitter.com/TTyLMYQ2Dc— tossau @種子島 (@tossau) 2019年1月30日 「稼げる」観光地域づくりの重要性 企画中の種トラ大会自体はお金を稼ぐことを目的としていないけど、これから「稼げる」観光地域づくりが重要と感じた。 サイクルツーリズムが種子島にしっかり根付いていくためには、事業者の方が稼げてビジネスとして成立するような仕組みを構築していく必要があり、協力したいと思った。 大会と観光の相乗効果を狙いたい サイクルツーリズムに関連する大会は、2017年から企画協力して去年初開催となったジロ・デ・種子島と、自身が発起人として現在企画中の種トラ(種子島トライアスロン)。 たしかに、大会の宿泊や交通なのどの観光産業に直接的に効果が出るのは、数日間と短期間にはなるし、今回のサイクルツーリズム事業の話は、サイクリスト向けの「通年」の観光受け入れ環境作りといったことが話題の中心。 しかし、直接的効果は数日間でも、サイクルツーリズムに関連する大会が自転車愛好家の知名度向上やイメージ向上のきっかけになれば、通年の観光受け入れ環境の整備との相乗効果が見込めると感じた。 説明会後、サイクルツーリズムに関心の高い事業者さんと話を 事業者の方が大半の説明会において、自分はサイクリストとして参加している立場を分かりやすく表現するために、サイクルウェアを着用して参加した。これに気付いて説明会の後に興味を持った飲食業やDMO事業の事業者の方が話しかけてくれて、ネットワークが広がった。 飲食業の方は、ご本人もサイクリストということもあり、サイクルツーリズムに関心が高いようで、これから協力できることがあればと感じた。 DMO事業の方は、DMO事業拠点となる店舗を港の近くにオープン予定で現在改装中で、サイクリスト向けの企画も検討中ということで、オープンが楽しみ。

  • 【#種トラ 開催への道】種子島トライアスロン活動記録:その6(ライフセービング団体のリスクマネジメント勉強会に参加)

    前回の記事はこちら 19年1月中旬:ライフセービング団体主催のリスク管理研修に参加し連携強化 先週は、種トラ企画室のメンバーが、かごしま磯ライフセービングクラブ主催のリスクマネジメント勉強会に参加😁オープンウォータースイム🏊️の安全管理ノウハウを持つ団体と連携をとって、種トラのスイムの安全管理を向上したいと思います!#種トラ #種子島トライアスロン#種子島 #トライアスロン pic.twitter.com/SI7P1xkIHZ— tossau @種子島 (@tossau) 2019年1月25日 19年1月中旬に霧島市で開催されたライフセービング団体が主催するリスクマネジメント勉強会に種トラ企画室で参加し、Swimの安全管理について学びました。 県内の大会でも数年前にSwimで死亡事故が発生したということで、Swimパートの安全管理が特に重要と考えています。 オープンウォータースイミング大会の安全管理ノウハウを有するかごしま磯ライフセービングクラブと連携を取って、種トラのSwimの安全管理に専門家のノウハウを活かそうと思っています。 安全管理体制としては、大会安全管理経験の豊富なライフセイバー数名を安全管理の指導的立場で派遣してもらい、島内スタッフと連携して安全管理にあたる方針です。 美しい熊野海水浴場で、参加者の皆さんが事故なく安全に大会を楽しめるように、安全管理体制を構築していきます。 続きの記事はこちら

  • 「土地家屋調査士」受験挑戦の記録(有言実行方式)

     土地家屋調査士試験の受験経緯から、受験計画、参考書、進捗状況まで。独学で挑戦するセルフコントロール目的の受験の記録(有言実行方式)。 受験の経緯 経緯①:仕事で測量に興味が出たときに、「測量士補」を取得 工学部出身で電気や機械など技術系分野は好きで、法律や登記の分野は苦手意識あり。「電験3種」を取得するときも4科目中「法規」が一番苦手科目やった。 数年前に山林でコンパス測量する機会が出てきて、測量のことを体系的に学びたいと思ったのがきっかけで、「測量士補」を取得。 経緯②:今年度の人事異動で、土地の権利部登記に関わることに 今年度の人事異動で、所属の係が登記係と統合されて、仕事の一部として土地の権利部登記に関わることになった。 でも、法律や登記は苦手意識があり、他の従来の仕事を優先してしまっている。 経緯③:県土地家屋調査士会から研修会の案内がきて初参加 鹿児島県土地家屋調査士会から研修会の案内がきて初参加してみて、土地家屋調査士の仕事に興味を持った。 土地家屋調査士は、不動産の表題部登記の専門資格で、技術系業務の測量と法律系業務の登記の両方が求められる仕事ということが分かって、土地家屋調査士に対して興味がわいてきた。 受験の検討 土地家屋調査士に対して興味がわいてきたのはいいけど、その難易度が問題。関連資格の「測量士補」は50時間ほどの手軽な勉強量で合格できたけど、「土地家屋調査士」は難関資格で勉強時間の目安は1000時間程度の模様。 1000時間も勉強するとなると、他のことを犠牲して勉強を長期間継続する覚悟が必要になる。途中で投げ出さないように覚悟をしっかり固めるためには、十分な検討は大事やと思った。 ということで、覚悟を持って受験に挑戦すべきか、調査と検討した結果を以下にまとめた。もし、途中で動機を見失って、投げ出したくなった時は、読み返そうと思う。 土地家屋調査士の仕事 土地家屋調査士と関連資格 土地家屋調査士と関連資格について整理してみた。 土地家屋調査士;登記に関しては、不動産の表題部登記の専門資格。登記に関する測量も業務範囲。(法務省所管の業務独占資格) 司法書士;登記に関しては、不動産の権利部登記の専門資格。裁判所や法務局など法務省関係手続き全般も。(法務省所管の業務独占資格)

  • ◆「第二種電気工事士(電工2種)」 合格体験記(勉強時間、勉強方法)

    「第二種電気工事士(電工2種)」試験に独学で合格したときの、経験(勉強時間、勉強法、)についてのまとめ。 きっかけ:一般用電気工作物の電気工事もしたい 電気関係の資格では、「電験3種」と「認定電工」は取得済み 認定電気工事従事者(認定電工)は取得しているので、自家用電気工作物については電線路を除く600V以下の電気工事が既に可能で、たまに工事する。 第二種電気工事士(電工2種)を取得すれば、一般用電気工作物の電気工事もできるようになるので、取得したいなと。 引用元;wikipedia>電気工事士 「認定電工」は講習で取得も、「電工2種」は苦手な技能試験が・・・ 「電験3種(第三種電気主任技術者)」を持っていたので「認定電工」は講習で取得できたけど、「電工2種」は実技の技能試験を受けることに(筆記試験は免除)(^^;; 5年以上前に神戸に住んでたとき「電験3種」を受験した際に「電工2種」も受けて、「電験3種」は合格したけど、「電工2種」は技能試験で落ちた(笑) 「電験3種」よりはるかに試験の難易度が低い「電工2種」だけ落ちたので、普通とは逆の珍しいパターンやと思う。 自分はかなり不器用やから、人一倍、技能試験の練習しようと思う。 勉強方法 工具と材料を揃えて候補問題13問を2周ちょっと練習。詳細は下の記事に。 教材一覧と費用 電工2種は実技の教材に費用が結構かかった。とはいえ費用をケチり過ぎて練習不足で再試験になるのも損。 参考書:2千円 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格 工具関係:1万6千円 ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セットDK-18(P-958VVFストリッパー P-737圧着工具入組) ホーザン(HOZAN) 合格クリップ 圧着作業前の事前確認で誤接続防止 入数:10個 専用ホルダー付 P-926 ホーザン(HOZAN) 合格ゲージ 電気工事士試験の時間短縮に 適応P-958/957 P-925 ホーザン(HOZAN) 合格マルチツール DK-200 第二種電気工事士技能試験用 電工試験 材料関係:2万2千円 【第二種電気工事士技能試験セット】IK21セット〓電線、器具(候補問題 ゆとりの1回分 αセット)〓IK21-009 ホーザン(HOZAN) 合格配線チェッカー 第二種電気工事士技能試験

  • サイクリングまとめMap【2019年1月時点】

    去年日本最北端宗谷岬を通過して、2019年の夏は北海道編完了を目指す! 分割日本一周サイクリングを気長に継続中(・ω・)ノ 日本一周完了は2025年頃かな(笑) いつか一年ぐらいかけて一気に日本一周してみたいなぁ・・・サラリーマンやってるうちは難しいから定年退職後?(笑) ★ぐるっと日本シリーズ[2004年9月~] ・ぐるっと日本① (大阪~別府 700km) [2004年9月] ・ぐるっと日本② (別府~佐多岬 410km) [2006年8月] ・ぐるっと日本③ (大阪~伊勢 540km) [2010年5月] ・ぐるっと日本④ (伊勢~浜松 380km) [2010年11月] ・ぐるっと日本⑤ (佐多岬~福岡 720km) [2013年9月] ・ぐるっと日本⑥ (四国一周 1260km) [2014年9月] ・ぐるっと日本⑦ (浜松→石巻 1,210km) [2015年9月] ・ぐるっと日本⑧ (石巻→苫小牧 970km) [2016年9月] ・ぐるっと日本⑨ (苫小牧→女満別 888km) [2017年8月] ・ぐるっと日本⑩ (女満別→千歳 930km) [2018年7月] ・ぐるっと日本⑪ 2019年夏休みに千歳をスタート予定┌|∵|┘ ★島旅シリーズ[2008年11月~] 南西諸島 ・種子島 [2011年3月他] ・屋久島 [2012年10月、2013年4月] ・奄美大島 [2012年3月] ・加計呂麻島 [2015年7月] ・沖縄本島 [2012年2月] ・宮古島 [2013年1月] ・石垣島、西表島、波照間島 [2015年3月] その他の島 ・しまなみ海道の島々 [2008年11月] ・淡路島 [2009年2月、2009年4月] ・小豆島 [2009年8月、2009年9月] ・日間賀島 [2010年6月] ◇サーキット ・ツインリンクもてぎ [2009年11月] ・鈴鹿サーキット [2008年8月から5回] ・岡山国際サーキット [2009年7月から3回] ◇湖 ・富士五湖(静岡) ・浜名湖(静岡) ・三方五湖(福井) ・琵琶湖(滋賀) ◇峠・ヒルクライム ・古賀志林道(栃木) ・富士スバルライン(山梨) ・乗鞍スカイライン(岐阜) ・裏六甲(神戸) ・十三峠(大阪) ◇ODO (2019年1月現在) ・Giant Escape R3 ; 42

  • ◆電験3種試験 合格体験記(勉強時間、勉強法、参考書等)

    電験3種(第3種電気主任技術者)試験に独学で合格したときの、経験(勉強時間、勉強法、アドバイス、参考書等)についてのまとめ。 きっかけ 受験するきっかけは人それぞれやとけど、合格率は5~8%程度で必要な勉強時間が長いから、途中で息切れしない十分なモチベーションが必要。 自分が受験するきっかけは、「種子島に移住するため」。分割日本一周サイクリングで種子島に魅せられて、種子島で仕事を探していたところ、電験3種持ち限定で希望の求人があったので、当時の仕事を続けながら神戸の実家でコツコツ独学することに。 勉強時間 自分の電験3種の合格までの勉強時間は独学で400時間ほどで、詳細は下記のとおり。 勉強時間の参考として、自分の場合は工学部電気系学科出身のため、4科目中法規を除く3科目については、大学の教養課程で一昔前に学習した内容を思い出しつつ。こういった知識が無い状態の文系の人でも、数学拒否症でもなければ1000時間もあれば合格できるのではと(詳細は下記参照)。 自分の勉強法 序盤:科目別の参考書(これだけシリーズ) 序盤は科目別の参考書(これだけシリーズ)で勉強。「これだけシリーズ」と言うだけあって、合格に必要な知識を効率よく学習できた。 電験3種の試験範囲は、下記のこれだけシリーズの目次を見ても分かるとおり、かなりのボリュームなので、コツコツ勉強する必要あり。 理論 これだけ理論 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)を2周学習。 〔1〕オームの法則を再点検 〔2〕簡単にキルヒホッフの法則をマスター 〔3〕2端子は鳳・テブナンの定理におまかせ 〔4〕多電源回路は重ね合わせの理でスッキリ 〔5〕最大電力の問題はこれでOK 〔6〕交流計算の要領は 〔7〕共振周波数って何 〔8〕ベクトル記号法は何を求める計算 〔9〕ベクトル図の描き方は 〔10〕力率計算はこれでマスター 〔11〕ブリッジ回路の解き方は 〔12〕条件付き回路はこれでマスター 〔13〕ひずみ波の問題にチャレンジ 〔14〕三相回路は単相回路におきかえよう 〔15〕三相電力測定は計器のつなぎ方がポイント 〔16〕単相電力測定はベクトル図で解こう 〔17〕計測誤差計算のテクニックは 〔18〕分流器と倍率器の原理は簡単 〔19〕ベクトルの先端を結ぶベクトル軌跡 〔20〕ラプラス変換で過渡現象を解いてみよう