わたか農園 さん プロフィール

  •  
わたか農園さん: わたか農園の作業日記
ハンドル名わたか農園 さん
ブログタイトルわたか農園の作業日記
ブログURLhttp://wataka-nouen.seesaa.net/
サイト紹介文究極の安全安心な米作りのため無肥料無農薬栽培をしていますが食味も美味しいです。直売もしています。
自由文米農家のわたか農園は究極の安全・安心な米つくりを目指してます。
その模索の中で堆肥などの有機肥料さえ使わない無肥料無農薬での米つくりにたどりつきました。
無肥料無農薬栽培は安全安心だけでなく食味も大変美味しいです。
三重県松阪市「漕代地区」から
無肥料無農薬栽培のレポート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/07/20 00:15

わたか農園 さんのブログ記事

  • 芽出し完了!陰干し中なり
  • 芽出しに入ってから23時間経過してやっと鳩胸&角出る状態になってきたので、芽出しは終了しました。すぐに洗濯機に投入して脱水しました。  脱水が終われば農舎の中でシートに広げて陰干しですね。夜の8時くらいまで干していますがそろそろ終了ですね。明日は播種です。(^^♪ [続きを読む]
  • 芽出し中!
  • 種籾の浸種も終了したので今日から芽出しを行ってます。午後2時開始、初期水温14度です。開始から約2時間半くらいで設定水温28度、水温28度になりました。このまま20時間〜24時間ほどで角が出てくる程度まで発芽してくれば良好です。以前頼まれて慣行栽培の種籾の芽出しをしたことがあったのですが無肥料だと大体24時間ほどかかるのに12〜14時間ほどで発芽してきました。肥料をたっぷり使ってパンパンに張った状 [続きを読む]
  • 病気にならない暮らし事典という本
  • 子育て中の娘からこんな本を借りた。なかなかの内容ですので概略を紹介したいと思います。作者は北海道の大学病院の医師を辞めて栃木県那須烏山市に移住し農業と七合診療所の所長になった本間真二郎医師の本です。目次を抜粋すると食に関することは ・微生物を排除してはいけない ・健康を根本から支える腸内細菌 ・日本人は和食を自然食でとるのがいちばん ・身土不二 ・一物全体食 ・栄養豊富なうえ解毒作用も強い玄米 ・ [続きを読む]
  • 玄米の「味ご飯」
  • ほぼ毎食ごと一汁一菜を実践中ですが、今回は玄米を使っての「味ご飯」を炊きました。といっても私は食べる人専門なのですが・・・こんな感じです。↓    ↓    ↓味ご飯のみ拡大です。色的には普通の玄米豆ごはんと変わらない感じですね。普通の玄米豆ごはんよりやや美味しいという感じです。蒟蒻とかがちょっと邪魔っぽいですがあくまでも個人の感想ですね。(汗) [続きを読む]
  • レーザーレベラーによる整地均平作業
  • いわゆる匠といわれる人々はすごい技を持っています。田植え前の代かきも匠の技術をもってすれば本当に真っ平にきれいに仕上ります。流石ですがこれはせいぜい3反までの広さの田んぼの話で1町の田んぼでは技だけではとても無理なことです。私は3反の田んぼすら代かきで真っ平にはとてもできません。なので機械の頼ってます。写真の機械はトラクターにけん引されて赤矢印にレザコンが設置されておりここからレーザーが水平に放射 [続きを読む]
  • 種籾の浸種中の水交換
  • 温湯消毒後の種籾をすぐにポリ容器に入れて浸種してますが基本的に毎日水を交換します。特に最初の数日間は水面に泡が浮いたり水が濁ったりするので毎日水を交換することは大事ですね。流水の中に籾を浸ける場合が理想的ですがなかなかそんな好条件はないのです。  水が濁るのは発芽抑制物質のアブシシン酸が水に溶け出してくるのかもしれません。アブシシン酸の色はどんな色なのでしょうか。赤茶色のような色がついていますが・ [続きを読む]
  • 今シーズン1回目の温湯消毒!
  • 今日は朝からコシヒカリの種籾の温湯消毒を行いました。毎年五右衛門風呂を使って温湯消毒してます。最初は風呂焚きからですね。お風呂のお湯が60度を超えるあたりから焚き方をセーブしてお水を入れて温度調節して60度ジャストにセットします。これはカミさん担当ですね。そしてタイマーを10分にセットしてコシヒカリの種籾をお湯の中へ投入です。5分くらい経過したあたりで種籾の上下をひっくり返して満遍なく籾一粒一粒に [続きを読む]
  • 種もみの準備
  • 3月14日に今年1回目の温湯消毒を行いますので米袋に入れて保管してあった種もみを網袋に小分けしました。全部で8袋で40キロですね。今回はコシヒカリですが来月にはイセヒカリの温湯消毒もありますのでいっぺんに網袋の小分けしてイセヒカリは蔵の保管場所へ戻しました。混同すると大変ですから。。。(>_<)昨秋に種もみを選別保管するときにやや多めに保管する癖があって今回、きちんと40キロ分を計測するとやはり余りま [続きを読む]
  • オイル漏れ・・_| ̄|○
  • 今日は朝からトラクター後部のロータリーを取り外してレベラーを取り付けて田んぼへ出かけたのですが途中で油圧用のオイル漏れが発生してしまいました。原因は油圧バルブのナットが緩んでいたためでした。_| ̄|○油圧で上下することができなくなり弱りました。早速ヤンマーのМさんに連絡をいれて田んぼまできてもらいました。しかし油圧用のオイルは「ISО VG32 相当」のオイルということでヤンマーには在庫がありません [続きを読む]
  • 播種機(種まき機)の整備
  • 3月4日に芽出し器と播種機の整備をしました。農舎に置いていた播種機もようやく完全に乾燥したので電源を入れて動作チェックや給油などを行いました。  また実際の播種時には水道のホースを繋いで散水をしながらの種まきになるので給水状況もチェックしました。順調に動作しましたので一安心です。  これで播種機の整備も終わりました。あとは本番を待つばかりです。(^^♪おまけ・・大豆入りの玄米ごはんをおにぎりにしてみ [続きを読む]
  • 田んぼの四隅の均平
  • 午前中は仏事の所用で外出してました。午後からトラクター後部のロータリーの回転方向を逆回転にして田んぼの四隅に盛り上がっている土を中央へ引っぱりました。ロータリーの上下レバーを微妙に調節しつつ微速で土を引っ張ります。何度も何度も少しづつ引っ張りましたが最後はどうしても人力で均すことになりますね。  また過去に何度も畦塗りをしているので畦が太くなって田んぼの中へ浸食してきたのでスコップで10センチほど [続きを読む]
  • 芽出し器と播種機の整備
  • 昨日、苗場の整備をしたので今日は芽出し器と播種機を農舎の二階から降ろして準備をしました。芽出し器は水洗いをしてから実際に水を入れて既定の水温まで上昇するか試運転を行いました。  電源を入れて数時間ほどで規定の水温摂氏32度に達したので正常に動作していることが確認できました。芽出し器の取説では標準で水温32度で15時間ほどで発芽するとのことですがわが家は水温28度の設定で芽出しを行っています。水温3 [続きを読む]
  • 苗場の整備
  • 今日は丸一日かかってハウスの中にプール育苗用の苗場を作りました。1週間ほど前に管理機でハウスの中を耕起しておいたので草はほぼ枯れていました。枯れた草や玉になっている土塊をサライで集めて取り除き、プールの枠用の木材を置いて位置決めです。余裕があったのはここまでで去年に仕舞い込んだ木の板が足らなくて、また寸法が長すぎたりして、鋸で切ったりして段々余裕がなくなってきました。去年ビニールにピンホールが開い [続きを読む]
  • 一汁二菜?
  • 本当に感銘を受けたメールを頂きました。長年わが家の玄米を定期購入していただいているお客さまですが玄米食で体質改善をなさっているのですが、よく言われるように玄米、野菜、肉類、魚類などバランスを考えて食されていたのですが体調が不安定でなかなか改善しなかったということです。症状としては食事中にお腹が下るとか、アトピーはもちろん化学物質過敏症も発症しており長年ご苦労されていたのです。ところがある食事法をす [続きを読む]
  • 今日の農作業・・
  • 今日は朝から良いお天気でした。陽気に誘われてという訳でもないのですが畑のビニールハウスの周囲に溝を掘りました。これをやっておかないと雨の時にハウスの中が浸水してしまいます。じい様愛用の鍬を使いましたが日頃から手入れをしているだけあってとても使いやすいですね。かなり使い込まれており柄の部分もヒビが入っていますが刃先もよく研がれていてサクサクと土に差し込んでいきます。今日1日かかってやっと完成です。き [続きを読む]
  • 突然のPCの不具合で・・・
  • 2月25日の深夜に突然パソコンが激重になりワードの文書を開くだけで5分もかかるのです。なんかものすごく重くてネットも時間切れで閲覧できなくて夜中なので誰にも聞けず・・・シャットダウンするのも10分くらいはかかり、また起動するのも20分くらいかかりで・・・途方に暮れてとりあえず寝ました。翌朝、パソコンのことならプロ並みに知っているYさんに電話すると日曜日なのに仕事とのこと・・・いやこれは困った。タス [続きを読む]
  • ヤンマーの展示会へ行ってきました。
  • 毎年爺さまと一緒に来ていたヤンマーの展示会が津市のメッセウィングで今日と明日の2日間、開催されるので行ってきました。東海3県合同の総合展示会でしたので遠くからはバスを仕立ててやってきてましたね。レスリングの吉田沙保里選手のサオリーナというスポーツ施設が建設中でした。9月ころ竣工するとのことです。そのため工事車両が行き交う中での展示会開催でした。今日は寒かったので早速メッセウィングの建物内へ入りまし [続きを読む]
  • EM菌の仕込み。。
  • 次回のEM菌配布は3月17日ですから今日はEM菌の仕込みを行いました。容量200リットルの「コロ付き大バケツ」に畑用の潅水から地下水を汲み上げて一旦帰宅。農舎前で大バケツに1リットルの米糠を入れて攪拌次に2リットルの糖蜜を入れて攪拌最後にEM一次液を2リットル入れて攪拌です。これで仕込みは終了です。後は1ヶ月ほど農舎の片隅で寝かして完成です。 [続きを読む]
  • 人のDNAには植物性食品を食べるように・・・
  • 定期的にイセヒカリの玄米をお送りしているお客さまですが長年体調不良ということで食事をする度にお腹が下り大変苦労されているのですが、最近体調が完治されたそうなのです。特にアトピーが酷かったらしいのですが完治なさったそうなのですね。病院で治療を受けた訳ではなく食事療法で完治されたのですが、その方法とはなんと昔の食事法なのです。江戸時代の庶民の食事は一汁一菜です。食事内容全体の6割ほどは主食の玄米です。 [続きを読む]
  • お客さまに教えてもらった著書です
  • 写真はお米を定期購入していただいているお客さまから教えてもらった本です。題名は「葬られた第二のマクガバン報告」です。早速アマゾンで購入しました。代引きで3924円でした。総ページ数800ページ余ですからかなりの重量級です。まだ全部読んでいませんが驚愕の内容です。是非読んでみてください。目から鱗だと思いますがデータに基づいての記述のようです。 [続きを読む]
  • 竹炭焼き&散布
  • 毎年、河原に自生している竹林を許可を得て伐採してます。伐採した竹は田んぼに置いて半月ほど乾燥させてから焼きます。さらに途中で水をかけて消し炭をつくります。竹の炭は沢山小さな穴が開いているので田んぼに散布すると微生物の棲み処になるので繁殖しやすいという環境を作ってやるのですね。それに田んぼに竹炭を散布するとお米が美味しくなるということですね。(^^♪彼ら(微生物)は裸族なので衣食住のうち食と住を準備す [続きを読む]
  • 爺さま逝く
  • 爺さまは本当に駆け足で人生の終い支度を終えたように10日前に逝ってしまいました。2月8日午後0時26分、肺炎を患い菌が全身に回り、敗血症ということで満88歳と10か月の人生でした。今日で10日目ですね。やっと心の整理がつきつつあります。当ブログの記事も2月7日から途絶えていましたが、突然のことで記事を書くことがなかなかできませんでした。昨年の夏に熱中症を患い弱ってしまい時々床につくようになってから [続きを読む]
  • 作業進行表の作成
  • 2月に入ってなにかと気忙しくなってきました。自治会の仕事も予算や決算、事業報告などバタバタしてきましたのでなんとかうまく予定をやりくりしなくてはならない必要から稲作カレンダーを自作しました。一応エクセルで1ヶ月分の作業表を作りそれを5枚横に切り貼りして5ヶ月分の一覧表を作りました。この中に町内の行事・出合い作業などの予定や自分の田んぼの各作業などを記入しました。これで町内行事の合間に春の農作業を入 [続きを読む]
  • 今日は田ごしらえ・・始めの第1歩
  • 田んぼの中央付近はレベラーをかけるので均平にできるのですが四隅はどうしても土が寄り過ぎて高くなってきます。今日は風は冷たいが日差しは暖かかったので田ごしらえをしました。爺さまの小型トラクターを持ち出してショベルの中に鍬やレーキを入れて田んぼへ向かいました。田んぼの四隅には耕地整理の時にコンクリートのブロックが埋めてあるのでそれを目印に鍬で畦の土を草ごと豪快にザクザクと削り込んでいきます。この作業、 [続きを読む]
  • 屋外広告物許可通知書が届く!
  • わが家は無肥料無農薬栽培で究極の安全性と良食味の米つくりを行っていますが、実際に田んぼを見ても他所となんら変わらない風景が広がっているだけですね。しかしよく見ると化学肥料+農薬使用のいわゆる慣行栽培の稲は葉色が黄土色になっていますがわが家の田んぼの稲の色はまっ黄色ですね。しかし看板を立ててあれば誰でもわかりますので大きな田んぼ2枚に看板を立ててあります。看板って勝手に立てるとあかんのですね。屋外広 [続きを読む]