わたか農園 さん プロフィール

  •  
わたか農園さん: わたか農園の作業日記
ハンドル名わたか農園 さん
ブログタイトルわたか農園の作業日記
ブログURLhttp://wataka-nouen.seesaa.net/
サイト紹介文究極の安全安心な米作りのため無肥料無農薬栽培をしていますが食味も美味しいです。直売もしています。
自由文米農家のわたか農園は究極の安全・安心な米つくりを目指してます。
その模索の中で堆肥などの有機肥料さえ使わない無肥料無農薬での米つくりにたどりつきました。
無肥料無農薬栽培は安全安心だけでなく食味も大変美味しいです。
三重県松阪市「漕代地区」から
無肥料無農薬栽培のレポート。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/07/20 00:15

わたか農園 さんのブログ記事

  • 差し苗終わりました。
  • 5月20日(土)に2枚合わせて約1町の広さの水田でイセヒカリの田植えを行いました。翌、21日と本日で差し苗を行い無事終了しました。いまではほとんど見かけることはなくなった風景をご覧ください。(笑)差し苗動画田植え機での田植えでとても省力化されたのですがどうしてもところどころで苗が植わっていないいわゆる欠株が発生してしまいます。それで慣行栽培では種籾をとても多く撒いて欠株をなくそうとしてます。すると [続きを読む]
  • イセヒカリの田植え終わりました。
  • 今年最後の田植えです。早朝5時に今日、田植えをする田んぼの水位を確認しました。昨日から水位を下げてましたが丁度いい感じですね。午前7時に苗場に行って田植え機と軽トラに苗を積み込んで田植え開始ですね。午後2時までかかりましたがイセヒカリの田植えが終了しました。(^^♪しかし田植え機の田んぼへの出入り口付近は車輪の轍で苗が荒れていますし、田んぼの四隅は端の方までしっかりと苗が植わっていないので差し苗をし [続きを読む]
  • 今日は寄りごみ取りです。
  • 昨日、代かきをして水位を10センチほどのしてあるので水に浮くごみが風下の畦に吹き寄せられていました。早速、網を使ってすくっては畦に積んで、またすくっては畦に積んでという作業を延々と行ってました。畦際から網を使ってすくっていると浮いたごみは渦を巻くように段々と畦から離れていきますので1時間くらい作業をすると2時間くらい放置して風で吹き寄せられるのを待つという繰り返しでした。この寄りごみの正体はほとん [続きを読む]
  • イセヒカリの田植え準備・・・
  • 20日イセヒカリの田植えを予定しているので今日は2日前から入水していた田んぼの代かきを行いました。最初に田んぼの外周をトラクターのタイヤで1周しました。深い轍ができるのでそこへ泥が充填されるようにハローで外周を1周回ってから並木にハローで代かきしていきます。以前は丁寧に鍬で溝を掘ってから代かきをしていたのですが何かの本で読んだか、はっきりとはしませんが溝を掘る代わりにトラクターのタイヤで踏んでいけ [続きを読む]
  • 米粉に挽いてみました。
  • イセヒカリの1分づきがあったので胚芽入りの「米粉」に挽いてみました。ただフルイの網目が60メッシュなので少し荒いですがお好み焼きして食べてみましたがもっちり感がありました。まぁコメですからね。1分づきの胚芽付き分づき米を洗米して天日干しを行いました。しっかり乾燥させないといけないらしいので天日干しは時間がかかりますね。つづいて製粉機+フルイ機に5回くらい何度も通して米粉を作りました。現在60メッシ [続きを読む]
  • 雑草をなめてましたわ。
  • 昨年は除草作業がとても楽でした。雑草らしい雑草の姿がほとんど無くてよかったのですが今年はあきませんでした。昨年雑草がなかったので今年も同じとはいかないのですね。じい様が  百姓は毎年1年生や!とよく言っていましたがまさにそのとおりです。一応の技術はありますが、毎年雨の降り方や降る日は異なりますから田んぼの乾き具合なども全く違うのです。昨年上手くいったから今年も上手くいくとは限らないということがわか [続きを読む]
  • 苗の状況。。。
  • 5月1日にミラーシートを外して入水したプール育苗中の苗です。ほぼ苗が4日で揃ってきましたね。一安心です。畑苗では水やりの多少やタイミングなどでどうしても発芽が不揃いになりますがプール育苗では苗箱の底に水を入れるのでどの苗箱も一様に水分が供給されるので揃ってきます。すごい技術です。原理は水苗代と同じですから病気にもすこぶる強いです。もうハウスの出入り口とサイドは「フルオープン」にしてます。夜も閉めま [続きを読む]
  • 草刈り・・
  • オーレックの4輪斜面刈り機とワイヤー式刈り払い機を使って2枚の田んぼの巨大畦斜面の草刈りを行いました。写真の左奥の斜面には芝桜が植栽されています。他所の田んぼのことなのでなんとも言えませんがじつはグランドカバープランツって問題だと思ってます。畦畔が単一種になればそこで生活できる小生物は限られてきます。それを狙っているんですが生物多様性の考えからみたら真逆の考えですね。いろんな種の生物がたくさん関わ [続きを読む]
  • わが家の水田で田植え実習をしてあげたいが・・・
  • 地元の小学生の農業体験の一環で5月1日に慣行栽培の農家さんの水田を使って人力田植えの体験学習がありました。私も参加してました。子供たちは当然、裸足で泥の中に入って田植えをするのですが慣行栽培の水田ですし麦や大豆も裏作で栽培しているので除草剤とは切れない関係の水田なのですね。わが家の水田は写真のように蛭が普通に生息してます。慣行栽培の水田では絶滅しているのか見かけませんがわが家の水田には生息している [続きを読む]
  • 土のプールの方も今日ミラーシート外しました。
  • 土の上にブルーシートを敷いて作ったプールとコンクリートのプールではコンクリートの方が温まりやすようです。昨日、コンクリート製プールのミラシートを外しました。1日遅れて今日は土のプールの方のミラシートを外しました。まずまず順調です。過去の記事で「ラブシート」と記載してましたが正確にはミラーシートでした。たしかに育苗用のシートでラブシートという名称のシートはあるんですが、わが家のシートの商品名はミラシ [続きを読む]
  • ミラーシートを外しました。
  • 4月27日に今季2回目のイセヒカリの播種を行い、ハウス内に苗箱を平置きしてミラーシートをベタ掛けして保温に努めていたのですが、今日の夕方にコンクリート製のプールの方のミラーシートを取り外して苗箱の底が浸るくらいまで水を入れました。手前の土のプールの方は温度が上がりにくいのか1日遅れますね。明日の夕方にシートを外す予定にしてます。拡大写真・・まだ所々緑が薄いところがありますが、プール育苗では全く問題 [続きを読む]
  • イセヒカリの種まき
  • 一昨日から芽出しをしていたイセヒカリの種籾を陰干ししていたので、今日の正午から播種機を使って310箱の苗箱に種まきをしました。    最後は軽トラに積み込んで、ハウスへ平置きで並べてからミラーシートを二重にベタ掛けして終了です。今季2回目の播種で1回目より気温も高く白いミラーシートを外すのに前回みたいに9日間もかからないとは思います。順調にいけば5月の中頃の田植えですね。昨年よりちょっと早めの稲刈 [続きを読む]
  • ゴボウの種まき新方式?
  • 爺さまに教えてもらった方法でゴボウの種まきをしました。ビニール袋の上下をカットして内側にパイプを4本打ち込んでその中に畑の土をスコップで入れます。土は結構ふかふかになります。ゴボウの種を蒔いて篩を通した細かい上土を軽くかけてその上から籾殻を軽く撒いて・・最後はジョウロで水やりですね。今日はお昼から雨の予報だったので種まきしたのですがちょこっとのお湿り程度でした。この方法すごい高畝状態ですから発芽す [続きを読む]
  • イセヒカリの芽出しと播種準備
  • わが家は田植えを1か月おきに2回行います。1回目と2回目の田植えで約600箱の苗箱を使いますが半分の300箱を使いまわしてます。なので1回目のコシヒカリの田植えが終わると大急ぎで次のイセヒカリの播種に使うので準備をしておかなければなりません。今日やっと苗箱の掃除が終わったので床土入れをおこないました。実際の種まきは明後日ですが先に準備をしてます。またイセヒカリの浸種も終わったので午後2時から芽出し [続きを読む]
  • コシヒカリの田植え終了しました。
  • 強風注意報が発令されている日に予定変更できずに田植えを強行してしまい、みごとに苗が枯れたことが過去にあったのでトラウマになってます。今回の田植えも天気予報を何度も確認しました。特に風の予報ですね。田植えは苗の根を田植機の爪でひっかいて植えていくので根を切ってしまいます。その時風が強いと葉からどんどん水分が逃げていくのに根を切っているので根からは水分が吸収できないので苗が弱ってきてリカバリできないと [続きを読む]
  • 本日、代かきです。
  • 若干水多めですが午前8時半から午後3時までかかって約1町の田んぼの代かきです。お昼はおにぎり弁当でした。かなり個性的ですが・・・美味しかったのですね。もちろん玄米豆ごはんのおにぎりもありました。(^^♪終わって洗車・・夜、代かきをした田んぼへ水の水位を見に行くと早速やってましたね。喧しいです。懐中電灯の光でピタリと静かになるのですが、半時間くらいするとまた喧しいので今度は真っ暗な中懐中電灯を消してそ [続きを読む]
  • 第2回目の温湯消毒&浸種
  • 今日は朝からどんよりと曇っていていまにも雨が降りそうでしたが10時ころから降り始めました。今日の予定は今年2回目のイセヒカリの温湯消毒を行い続いて浸種となってます。午後3時以降にはいくらか小降りになるそうなので午後3時半から温湯消毒を始めました。わが家は五右衛門風呂で毎年行っているのでまずは風呂の焚口に木切れを突っ込んで火を点けるところからですね。お風呂のお湯の温度を62度くらいになるように焚いて [続きを読む]
  • 10日間天気予報を睨みつつ・・
  • 無肥料無農薬栽培での米つくりを始めて数年経ったころ強風注意報が出ているのに田植えをしたことがあった。昔から田植えは無風で暖かい日にするべしといわれているが当時は都合でどうしても別の日に田植えをすることができず強行した。田植えから数日後、田んぼ一面黄色くなってきたのです。つまり枯れてしまったのです。自家採取であったため植えなおしもできずただ見守るしかなかった。親苗は枯れたがそこから新たに発根した苗が [続きを読む]
  • 苗の状況・・・
  • もう9日後には田植えです。今日も早いところでは田植機が水田の中を行き来してました。そんな風景を見るとワクワクしてきますね。今年もいよいよという気持ちです。今年は少し変えてみるつもりです。植え付け密度は変わりませんが、植え付け本数をやや増やしてみるつもりです。また当地は5年くらい前からジャンボタニシが繁殖しているのでその対策として殺虫剤をバンバン撒いて・・なんてことはしないので水加減で対策をする予定 [続きを読む]
  • 人力畦塗り
  • 畦塗機でほとんどの畦塗りをおこなったのですが排水口と田んぼの角付近は塗れませんのでそこは人力で畦塗りを行います。カミさんに携帯動画で撮影してもらいましたが、かなり頑張っておりますが撮影しているのでいつも以上の力を出しております。普段はこの60%くらいです。(^^♪畦の表面を5センチくらい普通の鍬で削ってから四つ鍬で泥を捏ね畦の斜面にドカって乗せていきます。そのあと鍬の背で泥を撫でて完成なのですが、こ [続きを読む]
  • 雨の中、出合い作業
  • 天気予報では早朝から曇りでお昼前から晴れてくるということでしたので午前7時に町内放送で出合い作業を実施する旨の放送をしました。しかし、しかしです、皆さんが集まってきてくれた時から雨が降ってきたのです。結構大粒の雨でしたので暫し雨宿りをして約20分後に小止みになったので草刈り作業を開始しました。合羽を着ての作業でしたので大変でした。巨大な斜面を4輪草刈機で豪快に刈っていきます。速いです。桜の木の周り [続きを読む]
  • 苗の状況・・・
  • 苗の成長は温度に影響されるので広い苗床の一部で保温がうまくいかないとまばらな苗になってきます。保温用のラブシート(正式にはミラーシート)を4月3日取り外して水を入れて早5日目ですが順調に苗が育ってきています。苗の薄いところが解消されつつありますね。もうあと1週間もすれば全く周りと変わらなくなってきます。プール育苗さまさまです。ハウス内の温度は22度ですね。今日は朝から曇りなので30度くらいまでで安 [続きを読む]
  • シーサーブログの新デザインシステムへの移行で・・
  • 4月17日から順次、新デザインシステムへ強制的に移行されるというお知らせが来ました。旧デザインでいろいろとカスタマイズしていたのですがすべてキャンセルされるということのようです。どうせ強制的に移行させられるのなら早めに自分で移行してその対策を行った方がいいと思って今日のお昼から移行しました。かなり今までの感じと変わってますが基本的なことは追加しましたので大丈夫とは思います。よろしくお願いいたします [続きを読む]
  • ほぼ1日中畦草刈りでした。
  • そろそろ田んぼの下の排水路も泥上げをしなくてはなりませんね。点検に行くと結構土が溜まっていました。畦草も伸びてきているので4つの田んぼの周囲の畦草も刈ることして午前8時半から作業開始です。オーレックの4輪斜面刈り機1台、チップソー付きの刈り払い機1台ワイヤーが付いた刈り払い機1台、角スコップ1本、燃料を軽トラに積み込んで田んぼへ向かいました。畦(少々巨大ですが)の斜面を綺麗に刈り込んでから排水路の [続きを読む]
  • 土のプールも今日ラブシート外しました。
  • 土とコンクリートではコンクリートの方が温まりやすいのかもです。コンクリート製のプールから1日遅れて今日土のプールのラブシートを取り外しました。すぐに苗箱の底が水に浸るくらいまで水を入れました。昨日、ラブシートを取り外して水を入れたコンクリ製のプールの苗はわずか1日しか経っていないんですがなんだかしっかりとしてきた感があります。葉色も濃くなってきた感じですね。手前が土のプールで、奥がコンクリート製の [続きを読む]