shoun さん プロフィール

  •  
shounさん: 楽しく学ぶ翔雲書道教室
ハンドル名shoun さん
ブログタイトル楽しく学ぶ翔雲書道教室
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shoun-shodo
サイト紹介文北海道の片田舎から、然なるままに日々話題を提供していきます。どこにでもある普通の話が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供841回 / 365日(平均16.1回/週) - 参加 2014/04/12 11:58

shoun さんのブログ記事

  • 絶品・はさみ漬け
  • 真っ白な大根、絶妙な塩味の薄切り鮭、この二つが見事に調和したはさみ漬け。毎年、この時期友人のⅠさんから頂く。まさしく季節の贈り物。このはさみ漬けは、亡くなったⅠさんのお母さんの代から頂いているので、30年以上毎年ご馳走になっている。今はお姉さんが、お母さんの技を受け継いで造っている。美味しさは絶品。今年も昨夜頂き、早速ご馳走になった。とにかく美味い! [続きを読む]
  • 作品集写真撮り
  • 今日は札幌で、国際現代書道展作品集の写真撮り。朝8時に札幌に向かい、9時半から撮影開始しました。撮影する作品は、約400点です。2日間にわたって、ひたすら撮影を続ける作業です。スタッフ約12名で行います。今日は、夕方5時過ぎまで撮影をして帰宅しました。また、明日札幌に行って撮影をしてきます。それが終わると、編集作業に入ります。 [続きを読む]
  • 散氏盤…
  • 9月の台湾旅行の大きな目的の一つは、国立臺灣故宮博物院だった。中国の歴史的文物は、北京の文物より宝物が多いと言われている。国民党の蒋介石が、中国本土から持ち出したためだ。旅行からもう2か月が経ったが、いい体験だった。さて、書道で好く学習する金文と言えば、「散氏盤」。その本物を今回見ることが出来た。さほど大きくない青銅器。その内部にしっかりと文字が刻まれていた。やはり本物を見ると感慨深いものがある。 [続きを読む]
  • 光は美しい…花光る?
  • 一筋の朝の光が差し込んできた鋭く黄色い花に光が当たるそしてたった1輪の花が輝いた実に美しい光その光に花も応える美しい光景が小さなところにあったのだ美は何処にでも存在している [続きを読む]
  • 今日の支笏湖
  • 今日は札幌で教室、支笏湖とを通った。曇り空の支笏湖湖畔は、気温4℃。周囲の山に低い雲が垂れ込め、山の景色は見えなかった。どうやら頂上近くは雪らしい。峠に差し掛かったら、気温は2℃に下がり、雪がチラついていた。 [続きを読む]
  • 出光カルチャーパークを散策…
  • 苫小牧市の中心部にある“出光カルチャーパーク”に行ってみた。近くを通ったことは何度もあるが、公園の中を散策するのは初めて。公園の周囲に、市の体育館や図書館、博物館美術館などがある。大きな樹木や芝生で囲まれ、そんなに広くはないが、自然豊かな公園だった。その中でほのぼのとした彫像が何点か展示してあった。昼下がり秋の日差しを浴びた、温かい雰囲気の彫像に見せられ、楽しく心温まりながら散策していた。 [続きを読む]
  • 輝く町のランドマーク
  • 町の東側小高い丘に、それはある。アイヌの人々が、儀式で使う木製の祭具、イクパスイ(Iku-pasuy)=別名・ひげベラを、巨大に再現したアイヌの慰霊塔、白老町のランドマークだ。朝、朝陽が射し込むと、そのランドマークは、黄金の輝きを見せる。美しい光景だ。まるで町の未来を照らすような光だった。しばし遠くからその輝きに見惚れていた。 [続きを読む]
  • かりんとうが大好き‼?
  • 黒砂糖がたっぷりと付いたかりんとうが大好きだ。特に太くて黒砂糖が固まって付いている、オタル製菓の「黒太鼓」は最高。食べていると、美味しくて、ついついたくさん食べてしまう。最近は美味し過ぎるので、1日3本までと自主規制して食べている。※ところがこんなかりんとうに出会った。なんと包装されている。上品なかりんとうではないか。厳かに紙袋を開き、何時ものガリガリではなく、おもむろに口に入れてみた。ウゥ〜ン! [続きを読む]
  • 美しさ保つ終焉のバラ
  • 晩秋の冷たい風が吹く。今朝の気温は、4℃まで下がり、初雪が遅いとは言え、冬が近づいている。そんな中、頑張って咲いている終焉のバラを見た。花びらが落ちそうだそれでもバラは美しい。 [続きを読む]
  • 東の空には雲がある
  • 昨夜は、大勢の書友達から、文部科学大臣賞のお祝いをして頂き、少々飲み過ぎてしまった。朝目が覚めカーテンを開けると、窓から見える西空は晴れていた。部屋を出て東の空を見に行くと、残念ながら日の出の地平線には雲があり、輝く太陽は見えなかった。今日もう1日練成会、頑張りましょう。f [続きを読む]
  • 寒風に耐え咲く花
  • 強い風雨にさらされた昨日だったが、一夜明けてひと段落。寒冷前線による秋嵐も峠を越えたようだ。風雨に耐え、一輪の花が咲いていた。この時期でも頑張る野菊エゾノコンギク。強い野花だ。今日から一泊二日で合宿。再び札幌へ行く。 [続きを読む]
  • 不思議の朝焼け雲、一瞬!
  • それは一瞬に近かった。我が家の東側は小高い山。目が覚めて外を見ると、怪しい朝焼け雲が走っている。とても不思議な雲の色だったので、小さなカメラを持って写したのがこの1枚。今朝は気温こそ10℃とやや高いが、南東の風が強く、雲がはやてのように飛んでいた。その不思議色の朝焼け雲は、一瞬の光景だった。たちまち天空は暗黒雲に覆われた。風は強い。 [続きを読む]
  • 秋朝の湖畔
  • 朝6時前に目が覚めた。「年を取って朝が早くなってきた…」そう思いながら起床。外は天気がよさそうで、東の窓から微かな朝焼けが見えた。カメラを持って海岸まで行くと、水平線は雲が掛かっている。日の出は撮れないと決断し、急遽家の近くのポロト湖畔に行った。微かな毛嵐が、湖上に漂っている。まだ暗い上空にシラサギが数羽飛び交っていた。やがて太陽が高くなり、晩秋の湖の美を見せてくれた。 [続きを読む]
  • お花がどんどん届いてる!
  • 実は国際現代書道展審査終了後に分かっていたのだが、この度の「第50回国際現代書道展」において、文部科学大臣賞を頂いた。正直「自分が!」と、思いがけない大きな賞に驚いている。祝電が届き、お祝いのメールやお花が届き、喜びが押し寄せてきている。書道を始めて、ほぼ40年、長い道のりであったが、家族の理解を始め、地元や札幌の書友、諸先輩達の応援、そして何と言っても師である小原道城先生のご指導の賜物である。心か [続きを読む]
  • 立冬の日の出は感動だ!
  • 久し振りに素晴らしい日の出をみた。今日11月7日は立冬。朝6時前に目が覚め、日の出の写真を撮りに行った。気温は4℃と寒かったが快晴、水平線に雲もなく、絶好の日の出撮影日和。太平洋岸について、間もなく陽が出てきた。美しい地球ドラマ、いつ見ても感動する。 [続きを読む]
  • しめしめカレイをゲット!!…ところが
  • 今日の獲物は、大物だ!。滅多にこんな食料は手に入らない。「しめしめ」と喜んでいるのは、海岸でたむろするカモメ。大物のカレイをゲットしたようだ。遠くからほくそ笑み、喜びのあまり小躍りするカモメの姿が見えた。ところが、突然トンビが飛んできて、さっ!…とカレイを横取りして飛んで行った。トンビに油揚げさらわれたならぬ、カレイをさらわれたという物語だった。 [続きを読む]
  • 大きな感動
  • 週末土日の第50国際現代書道展の審査が終わった。入選入場を始め、大賞準大賞など、大きな賞にはいつも感動がある。公式な発表はこれからだが、審査を終えた昨夜は、たくさんの感涙の喜びが見られました。国際現代書道展2000点を超える作品が集まり、大成功!。1月の展覧会が楽しみだ。 [続きを読む]
  • 札幌の朝
  • 札幌の朝は寒い。外に出ると6℃だった。ここは国際現代書道展審査会場コンパス。宿泊施設もあり、ここで泊まったが、朝起きて外に出てみた。朝焼けの紅葉が美しかった。四階のテラスで日の出を見ることが出来た。快晴の札幌の美しい朝だった。 [続きを読む]