shoun さん プロフィール

  •  
shounさん: 楽しく学ぶ翔雲書道教室
ハンドル名shoun さん
ブログタイトル楽しく学ぶ翔雲書道教室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shoun-shodo
サイト紹介文北海道の片田舎から、然なるままに日々話題を提供していきます。どこにでもある普通の話が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供773回 / 365日(平均14.8回/週) - 参加 2014/04/12 11:58

shoun さんのブログ記事

  • F15大丈夫か?
  • 昨日支笏湖で写真を撮っていたら、突然轟音が響き、F15戦闘機が飛来していった。早い戦闘機をカメラに収めて嬉しかったが、最近自衛隊のヘリや戦闘機の事故が多発している。ちょっと事故を心配してしまった。 [続きを読む]
  • 驚きの海鮮丼!
  • 驚きの海鮮丼に出会った。新鮮な魚介類が丼をはみ出すほど盛られたボリュウム。目に見てびっくり、食べてみてびっくり、お値段もびっくり。いずれにしても驚きの海鮮丼だった。お値段は、なんと980円。その店は泊原発の直ぐ近く。お店の名前は「平和荘」。なんだか昔のアパートみたいだが、食堂と民宿もしているらしい。近くへ行ったときは、是非お立ち寄り下さい。お勧めです。 [続きを読む]
  • 3年7組クラス会…
  • 日、月と一泊二日で高校時代のクラス会に行ってきました。2年ぶりのクラス会。今回は女性が1人も参加せず、男だけ7人と寂しいクラス会となりました。参加した男たちは、みんなそれなりのおじいさんになり、クラス会と言うより、敬老会の趣がありました(笑い)。その写真をちょっとご紹介します。 [続きを読む]
  • 秋の終わり…
  • 北海道はついに雪だよりがあった。大雪山の東側に位置する三国峠で、5?ほどの雪が降ったとニュースで見た。平地のこの辺もすっかり紅葉が終わりに近づいている。枯れ葉が落ち、秋の深まりを見せている。今日は、タイヤ交換をして冬装備にする。 [続きを読む]
  • 生き残るシバザクラ
  • 冷え込んできた。今朝の最低気温は、6℃。明日の朝は三度まで下がるようだ。そんな厳しい寒さが押し寄せる北国だが、我が家の庭に白いシバザクラが一輪咲いていた。辺り一帯は枯れ葉が落ちているというのに、健気なシバザクラ。寒さに耐えて頑張っているのだろう。 [続きを読む]
  • 雨…心寂しい季節
  • もう3日も雨が降り続いている。一雨ごとに寒さが強くなり、今朝も11℃、ストーブを点けて暖を取る。1日1日寒さが強くなり、秋が深まり冬が近づく。ほとんどの枯葉が落ち、たった1枚の紅葉した葉が寂しげに残る。雨に濡れて。 [続きを読む]
  • 穴だらけ…
  • 虫に食われたのだろうか?。高い木の上に目をやると、穴だらけの葉が、たくさん小枝についていた。まだ、緑色が残っている葉だが、ほとんどの葉に小さな穴が開いている。秋深まる中、緑の葉は虫にとってのご馳走なのだろう。特別珍しいことではないのだろうが、小さな穴の葉が滑稽だった。 [続きを読む]
  • 湿原の朝
  • 早い目覚めだった。だが、今日の日の出時間は20分ほど過ぎていた。外は曇り、気温13度。起床し身支度をして、外に出た。近くの湿原は、かすかに霞がかかり、柔らく淡い秋色の大地を演じていた。穏やかな風景でもある。 [続きを読む]
  • 森の中の小さな愛
  • 倉本聰さんの小説の中に、北海道の樹海に住む小人の話「ニングル」と言うのがある。森の中の妖精の話だ。30年程前倉本さんが主宰する富良野塾が、このニングルの話を舞台で演じていたことがあった。私は森の中を散歩すると、本当にニングルの世界があるのではないかと思うことがある。それだけ森の中には不思議な世界が広がる。森の中の“愛”を発見した。ハートの形をした小さな葉。これもニングルが私に見せてくれたのかと、嬉し [続きを読む]
  • 強靭に張回す!
  • 厚い灰色の雲が空を覆い、雨が降ってきた。それでも今日はやや温かい。今、18℃もある。ドウダンツツジの垣根があるが、そこに強靭に張回されたクモの巣を見た。こんなに張りの強そうなクモの巣を見るのは初めて。思わず目を見張った。そして不思議に思った。このクモの巣には、湿感が無く粘着性がない。時間が経っているのだろうか。とに角不思議に思った強靭なクモの巣だ。 [続きを読む]